バドミントンぷれいやーず

【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

バドミントン用品の「ROOM」 







別館:https://bpstanukichi.blogspot.com/
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】




/>

反復。


本当の上位選手はまだまだ大会が続くものの、ほとんどの選手は目標からひと段落。

寒くなってくるとアップも難しい季節となりました。


この時期、いかに追い込めるか、というところを毎年強く頭に描いてメニューを組んでいます。


体温を上げる事、そしてその体温を練習終了まで維持させる事。

大会に合わせての調整もほとんどいらないので、トレーニングやフットワークに多く時間を割き、その後は反復練習をいかに休憩を少なく回すか、がポイントになってきます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

今一度、基礎に戻って、できないものの確認、そしてそれの解消を目指して、暖かくなる頃に大きく伸ばして上げられるといいのですけどもね。。。。。



Flashscore https://www.flashscore.co.jp/badminton/

相互リンクの申請頂いたので見に行ってみました。
スコア速報サイトとのことで、バドミントンタブがあり、バドミントンの大会にはすぐたどり着けます。

何より、日本語と言う事がたぬ吉にとってはでかい。。。

今まで見ていたLivescoreでは英語サイトなので、わかるのはわかるのですがいろいろとまどろっこしい部分がありまして。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


現在はまだ大会がまだ少ないものの、今後様々な大会登録により、世界大会のチェックがより容易になります。今後に期待です。



その時まで、どれだけ一生懸命取り組めるか、なんだよね。


小学生の時に活躍したいなら、遊ぶ時間を削って練習に取り組む。

そこで辛い経験が、中学生になって楽しめる。

中学生でも辛い思いをすれば、高校で楽しめる。

大学、社会人で頑張れば、シニアで楽しめる。


バドミントンを楽しむ、というのは、もちろんレベルに合わせて楽しむ事ができるスポーツではあるが、それぞれのトップカテゴリで戦える事が、どれだけ幸せであることか。

本戦出場を目指して予選に出るのも楽しいけれど、本戦で上位にいけるならやはりその幸せは頑張って来なかった人にはなかなか味わう事は出来ない。

やり続けよう。


例え途中で燃え尽きてしまったとしても、子供達の相手ができるという楽しみもある。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


バドミントン、頑張った分だけ、その後に楽しみが待っているスポーツだと思う。生涯楽しんでみよう。



シャトルもそうですが、ドライアイが結構きつい。


シャトルを安くして廃棄までの回転を上げるか、もしくは逆に高くしてでも持ちをよくするか。

何十年とやっていても答えは出ません。

2種検定球何種類かで比べてみても、結局落ち着かない。

夏場のイメージがあるからだろうなぁ。

モチベーションがどこまで続くかが課題かな。


フォア前、バック前から4点

これは手投げが楽かな。



フォア奥、バック奥から4点

ノックか。でもノック球だとコントロールが微妙。かといってクリアでニューシャトルって、ジュニアレベルじゃ芯外れるからあっという間に壊れるんだよな。

1面6人ならいけるか。3面で18人、6面で36人。
その場合は、クロスヘアピン、クロスクリア無しにして3点の打ち分け。

1か所30分で2時間。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


いいねぇ。



このページのトップヘ