バドミントンぷれいやーず


・【バドミントンぷれいやーず】
・【ヨネックスに頼らないバドミントン(仮)】



【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
アドバイスって難しいね。




リアクションステップからの一歩目が遅い、フットワークの最後の伸びが無い、そんな選手に

「腰を落として」

とアドバイスする事があります。
このアドバイスは若干危険があるアドバイスでして、腰を落とす事で逆に一歩目が鈍くなったり、膝や腰に負担になったり、高い位置から低い位置へのフットワークができなかったり、レベルの高いプレーから遅れてしまう事があるのです。

私の場合は、腰を意識的に落とす事でプレーの幅を広げ、逆に腰を高い位置で保持するのはさらにレベルを上げる為と考えているので、腰を落とすのがまず第一歩、と思っています。ですので、腰を落とさせるのは結構頻繁に声をかけているのが現状です。

で、同じように「腰を落として」と声をかけはじめてしばらくして、何かおかしい事に気が付き始めたのです。



まるで成長していない・・・・(安西先生風)



見ると、腰は落とそうとしているようなしていないような、なんというかぎこちなくなっているだけのような。
なんせ一人の選手だけ見ている訳ではないので、どうしてもこういった判断が遅れてしまうのですが、おかしかったので再度声をかけました。

すると、、、確かに腰は落としているんですが、膝を曲げて窮屈になっているだけなんですよね。。。



ということでアドバイス変更。

「常にスタンスを広く取って」

少しはましになりましたかね。。。
腰を落とすが、本当に腰を落とすだけにすれば、そりゃ窮屈にもなります。一つ一つの動作を説明しなければならない選手も入れば、一言で全てがよくなる選手もいるし、言わなくても勝手によくなる選手もいます。選手によって言葉を使い分ける必要も。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

前回の記事同様、アドバイスはするだけでは無く、した後もしっかりチェックしなければいけませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
もうほんとやばいと思った。




ネット付近で何度もプッシュされているものだから、

「前で何度もやられているんだから、後ろで勝負しろ」

と指示。

指示通り後ろで勝負して、ネット前に甘い返球。チャンス!


と思ったら、そのままロブで後ろに打ち返すとはね。。。。。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


本番の大会じゃなくて本当に良かった。。。。。アドバイスは普段から、意味を理解させるのも練習の一つ、と痛感させられました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote








*社会人男子のゲーム、中学生上位、小学生で使用しています。

第一種検定相当球 2420円

もういいかなこれで。
耐久性問題なし。打感で言うと若干の飛びの鈍さ、軽さを感じるが、そこまで気になるわけでもない。
なんにしたって中学生で数ゲームすっかりともってくれる耐久性と、1種相当球の中でもそれなりの安さのこれならば、今現在では損はしないシャトルと言っていい。

ちょっと他のを試すのが面倒になってきた、そんないい感じのシャトルです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
羨ましいじゃないかこのやろう。。。



学校は夏休みだそうですよ。羨ましい。。。

こんな時にバドミントンの事しか考えられないのは指導者だからでしょうね。私が子供の頃は、昼前まで寝て、遊びに行って、暗くなる頃帰ってきて、疲れて倒れるように寝て、を繰り返して、宿題が終わらないと嘆いていたものです。


さてさて、指導者になってそんな経験を懐かしむ事も無く、勉強もバドミントンも頑張りましょうと教えるのはどうかと思いますが、この夏休みにオンコート時間を増やせるのは専業の特権、ほとんどのクラブは通常練習なんじゃないかと思います。

そうすると、やはりここは選手の自主性にかけたいところ。

午前中の涼しいうちに家の前で素振りやフットワーク、これを1時間でもやる気持ちがあればこの夏大きく変われるのではないかと思います。それを昔の私のように好き勝手過ごしてはこんな大人にしかなれない訳で。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

自由に使える時間をどう使うか、私はやりたいようにやってしまったわけですが、選手たちに、この時間を「バドミントンに使いたい」と思わせるような指導ができていればいいな、とふと考えてしまいます。「ぬるい」と言えばそれまでですが、少しでも大事な時間を使いたい、と思ってくれているなら、指導者としてさらに気が引き締めていけそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
今回珍しく私も3連休でした。




今は上位クラブの状況がサイト、ブログ、フェイスブック等でわかってしまうご時世となりました。
どこも頑張ってますね。

私も実は、こっそりクラブを立ち上げて2年目、目一杯練習を入れながら、今日は一部練習試合に参加してきました。
普段練習中は見れない選手の姿が見れて、良くなる選手もいれば悪くなる選手もいたり、今後の練習の課題づくりにとても有意義な1日となりました。

ところで、他のクラブの状況も、1日同じ体育館に入れば見えてくるわけで。


ゲームのアドバイスもいろいろと聞こえて来たり、時には相手選手からアドバイスを求められたりと、指導者としてもとても刺激になります。体育館の外から罵声が聞こえてきて、内心ドキドキもんでしたが、それが超有力選手だったりして、こりゃうちも厳しくいかなきゃならんかな、と少しの間でも心が揺らいだり。
各クラブの選手を眺めているだけでも、やはり特色ってでるもので、技術指導もいろいろと考えなければならなさそうです。にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


私の刺激と選手の刺激は違うはずですが、果たして今日一日でどんな刺激を持ちかえってくれたでしょうか。また明日からの変化に期待したいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ