バドミントンぷれいやーず

【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

バドミントン用品の「ROOM」 




別館:https://bpstanukichi.blogspot.com/
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】
相互リンク
Flashscore https://www.flashscore.co.jp/ badminton



練習態度の良い選手と悪い選手といまして。。。



強くなりたいからさぼらないでがんばろうとする選手。

注意されるから、親が見ているから、さぼりたくてもさぼれない選手。

そもそも気にいらなくなれば、さぼる選手。



このさぼる選手のモチベーションをあげるには。
むしろ切り捨てる方向なのがたぬ吉流なわけで、それが良い悪いは別にして、いや、よくはないですね。

注意してもどんどん気にいらなくなるだけ。何をしたって不機嫌なジュニア選手。



こいつらをどうやってやる気引き出すか、なんて考えるだけで無駄。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


とはいえ、なんとかしてあげたいと微かに思っている訳で、少しは頑張ってやってみていますが、やる気スイッチがどうしたって見つからない。

どこにあるのでしょう?っていうか、自分で押してから練習にこいよ。。。。。。

なんで大会が無いんだろうね。

混合ダブルスの一種大会。社会人以上のカテゴリしかない。
確かに、男女ダブルスがあってそこに混合ダブルスとなると、大会運営的にも非常に厳しくなるだろう。

だからこそ、別枠であっても面白いのではないかと思う。

小学生 いらないかな?
中学生 JOC
高校生 秋が比較的空いているかも。インハイ出場者以外とかで決めたらいい。


予選は、各地区で決めればいいし、しっかりした予選までは現段階では難しいか。
妄想ではあるけど、わたなべひがしのの次を作り続けるのはそう簡単ではない。ほっといたらこのまま終わるし、終わらせてはいけないと思う。


ミックスダブルスは、本職の男女ダブルス強化にもつながる。男子選手はパートナーのフォロー、そして女子選手はレシーブ力の強化、前衛での決定力強化にもなる。練習だけでなく、大会で全力で試合していく事で学べる事は多いはずだ。各カテゴリに一つあってもいいんじゃないか。



以前、何度かミックスについて書いたことがあったが、池田潮田では勝負できないと言い続けてきた。
男子選手に求められるのは破壊的攻撃力であって池田選手にはそれがなかった。実力で劣っているわけではなく、タイプ的に違う、と思っていた。

渡辺選手はどうか。確かに素晴らしい攻撃はあるが、たぬ吉の言う破壊的攻撃力とは違う。池田選手のラリー力よりなんじゃないかと思う。でも、世界トップレベルのペアであることは間違いない。

何が違うのかと考えたときに、遠藤選手との男子ダブルスペアが思い浮かぶ。池田選手はコントロール型でアタッカーのペアで生きる。坂本選手とのペアがまさにそれであったと思う。渡辺選手は、というと、遠藤選手も超攻撃型ではない。このペアをどう判断するべきか難しいが、たぬ吉の遠藤選手の印象は、実は超攻撃的シングルスプレイヤーだったりする。明らかに追い込まれた体勢からでも追いついてラリーして、ありえないところから攻撃していく若い時のシングルスのイメージが拭えない。そんな遠藤選手がケガを得て、早川選手とペアを組んでダブルスで戦うわけだが、このペアは早川選手のハイレベルな前衛を遠藤選手のシングルス的なラリー力でカバーしていく事で成り立っていたと思う。

その遠藤選手と渡辺選手が組むことになるわけだが、この2人のイメージ、正直被る。二人の超人的身体能力がかみ合うことでの守備力と攻撃力。これは見ていて非常にしびれるラリーになることは間違いない。ギデオンスカムルジョに対して勝負できるのは、ダブルスのペア力以上に個々の身体能力の高さがあるのではないだろうか。


そうなると、渡辺選手がミックスで勝負できているのは、やはり、驚異的なカバー力があるからなのかもしれない。コントロール型ではなく、シングルス的なラリー力、これがミックスで通用する一つのキーとなっている。東野選手がどれだけ速いショットを打ったところで、女子選手の速さであって男子選手には正直劣る部分もある。逆に、速いショットでリターンが早くなり追い込まれる事も増えるだろう。そんなプレーをチャンスに変えるのが渡辺選手のラリー力である。渡辺選手のラリー力があるから、東野選手の女子選手上位のアタック力が生きる。お互いが思い切ったプレーをできるから、かみ合う。二人が高いレベルでかみ合うわけだから、あの強さがある。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


と、思い付くままに長文を連ねてみたが、果たしてどこまでの読者がここまでたどり着くか不安でもある。ちなみに推敲まったく無し。ご容赦願いたい。

練習してません。まじで。

体育館使える時はジュニア相手のみ。
たまにジュニア選手相手にゲームに入るわけですが、合わない時はまったく合わない。

たぬ吉の場合は角度。

練習をしていないと、スマッシュの角度の調整がまったくできないのです。

スマッシュチャンスの1本目がネットにかかると、その後、5割の確率でネットにかかるもんだから、そもそもスマッシュが打てない。ゲームにならなくなるわけで。

そうなると、ダブルスだろうとなんだろうと、クリア等中心に相手するしか無くなるわけで。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


スパーリングパートナーは別に用意しなきゃならないけど、そんな贅沢言ってられないし。
自分の練習もしなきゃなりませんね。

前回につがなるお話。


正しいフォームとは?

後方へは半身になって右足に体重をかけながら。。。。。
前方へは足をしっかり出して体の前で。。。


結局、正しいフォームなんて、場面で打ち方が変わってしまう訳で、正しいフォームで打っているつもりが実はもっといい打ち方があった、なんてことが繰り返し起こる訳で、、、


それがバドミントンのゲームなんじゃないかと思います。

よく、正しいフォームで素振りをしよう、って言うけど、果たしてどれだけの選手がゲーム中の羽根を意識して取り組めているでしょうか。それをイメージできなければ、正しいフォームが正しくなくなる、結果として、素振りの意味が薄れていきます。


ではまずどこから始めたらいいのか。



前回の記事、どこで構えるか、という事に繋がるわけですが、

できるだけ小さく、

そしてできるだけ強く、

さらに出来るだけ早く戻す、

まずこの3点を意識して見るのはどうでしょう。
簡単に考えると、おそらくはドライブ気味のショットが相手から返ってきたイメージでしょうか。それが、フォア側か、バック側か、これを想像させて、ドライブを繰り返し打ちあう、という素振り、そしてそれを行えるフォーム。この意識を持たせて、スイングさせてみる。

ここで強く振る事ができるなら、後方でのショットにも生かせるし、ハイバック強化、そしてプッシュにも移行できます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


逆に、半身になって大きく振るスイングがどこで生かせるのか。後回しでも問題無いような気がしないでもないわけでして。

この休み中、しっかり考えながら、効率の良い練習を目指していきたいと思います。

いわゆる「構え」「準備」と言われるもの。これを教えてもなかなか出来ない選手達。

準備ができなければ次のショットが遅れる。これを理解してもらえない。



そう思ってました。



でも、もし、次のショットのスイング方法が分かっていないとしたら?なんとなくラケットを振っていたとしたら?


準備と言われても何が準備なのか分からないのかもしれません。

まずはスイング、ショットがあって、そこをしっかり出来るようになるまでは、最初の準備なんて無理なんじゃなかろうか。


いろいろ考える事だらけだわ。。。

このページのトップヘ