バドミントンぷれいやーず

youtube動画公開してます  【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

バドミントン用品の「ROOM」 


https://www.youtube.com/user/tanukichibadminton/

別館:https://bpstanukichi.blogspot.com/
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】
相互リンク
Flashscore https://www.flashscore.co.jp/ badminton



回内と内旋の話。


フォアのサイドショットでは、

回内→内側
内旋→内側

これがオーバーヘッドストロークになると、

回内→外側
内旋→内側

になるんですよね。なんとなくイメージですが。

フォアのサイドショットは、内側、内側なので、最初のスタートをどうやって外側にするか、外側にできれば、一気に内側に強振強打で打ち抜く事ができます。

これがオーバーヘッドストロークになると、
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

スタートがフラットでも、回内が外側、内旋が内側になるので強打が可能になると思います。
でも、難易度が桁違い。だからオーバーヘッドストロークは難しい。外側に振りながら内側に振って、そこへインパクトを合わせる、というわけだから非常に難しい、と思うのです。

難しいから強く当てることができる、と思いながらも、この原理を知らない方がいいような気がしないでもないのです。これもまた難しい。

ほんの少しだけ。


意図的にコートに入ることで、慢性的な筋肉痛が数週間続いています。特に足首周りは負担が大きいらしく、歩く時の疲労感が、それなりな心地よさになっています。

足首が痛いということは、普段の生活で足首にはそれほど負荷がかかっていないと言ってもいいでしょう。ということは、意図的にトレーニングしていかないと、捻挫、アキレス腱等の障害に繋がると言ってもいいと思います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ダッシュ、ストップを繰り返すバドミントン、足首だけではありませんが、やはり負担の大きいところは、トレーニングとケアを意識して行って、生活に支障がでないようなバドミントンライフを過ごしていきたいと思います。

まだまだ、コートに立ってやれる事はある、はず。。。

なんとなくですが、昨日はアルコールを飲みました。
普段は、金土日だけしか飲まないと誓っていたのですが、なんとなく。

ではないですね、なんとなくではなかった。

ここのところの疲労感は、仕事のストレスか、バドミントンのストレスか、ずっともやもやが続いています。そうなるとまずいのは、食欲がバグる事。満腹中枢がぶっ壊れます。


寝る寸前までおやつを食べ続けてしまう症候群があるのかどうかは知りませんが、体には良くない行動が続いていました。ストレスって解消することができるのでしょうか?解消ってなんでしょう?問題と向き合うことで、ストレスの原因と向き合う事でしか、ストレスが収まることは無いように思います。

多分、こういう性格だから、もやもやが長引くのでしょう。でもこのストレスが、確かにいい気分ではありませんが、決して悪いもやもやではないと願いたい、です。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

とは言え、暴飲暴食に逃げているのも事実。
数か月後、はち切れんばかりのお腹になっていないことを祈るのみです。




熊本から選手の流出を防ぐ、はとてもいい試み。

だけど、
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

流入はどうなの?



この季節、いつも感じる事があります。

もっとやれる事があったのではないだろうか。

私は小学生、中学生のバドミントンをお手伝いしていますが、中学3年生は、あと3か月で中学校でのバドミントンが終わります。正確には、総体が、終わります。

小学生から見ている選手が、最後の総体でどれだけの成績を残せるか。もちろん成績がすべてではないのはわかっています。それでも、それだけの時間と、体力と、気力をバドミントンに注いだ選手たち。その選手が、果たしてどれだけの成長をしてくれたのだろうか。

成長、本当にさせる事ができたのだろうか。もっとやれる事があったのではないだろうか。

憂鬱になりながらも、今日も体育館に向かい、動画を見て、足りないものを自覚して、さらに憂鬱がたまっていく、そんな毎日を過ごしています。

出来ることをやろう、と言いながら、多分やれていない事が多いと自覚しながらも、能力が足らずずるずると練習を繰り返しているだけの日々。これをどうにかして解消しなければいけないと思いながら、それでも進まずもがき続けているような。。。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

もし、私じゃなければ、、、という葛藤から脱出できずに、おそらく総体を迎えるのでしょう、これが毎年のように、続いてしまっている現状が、いつ打破できるのか。。。


少しでも、前に進めるように、このブログを進めていこうと思います。

このページのトップヘ