バドミントンぷれいやーず

youtube動画公開してます  【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

バドミントン用品の「ROOM」 


https://www.youtube.com/user/tanukichibadminton/

別館:https://bpstanukichi.blogspot.com/
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】
相互リンク
Flashscore https://www.flashscore.co.jp/ badminton



話題は尽きない。


ついに全日本ジュニアも中止。
全国、地域大会が相次いで中止になっています。


これについて。


はっきりいって、これはしょうがない。
もし現状で大会を開催するとしたら、

「東京、北海道、埼玉、大阪は参加禁止」

これはできない。どうしたってできない。やれる範囲で、とは言え、さすがにかわいそうという気持ちが先行する。

さらに、感染者が多い都道府県を参加禁止にしたとしても、人は動いてしまう。東京を通って会場へ移動するだけで、リスクがあがってしまう。

今自粛が解除されたとしても、他の都道府県へ出かけるべきではない。地域を広げるだけでリスクは格段に大きくなるし、マスクをするのと同様に自己防衛と合わせて感染拡大の防止として絶対である。人は動くべきではない。



では、地区大会はどうか?
これって逆になんでやろうとしないのかがわからない。
だって、図書館にもパチンコ店にも人が集まる。なんで体育館はだめなのか?感染者が増えていない地域であれば、大会は全然問題ないのではないだろうか?

当然リスクはあるし、ある程度の対策は必要。例えば参加者を絞るとか、複数日、多会場で開催して人数を減らす。基本窓は開けておく。これぐらいはもう必須と言えるだろう。

他の自粛解除された設備より、バドミントンは遥かに安全だと思うし、これが駄目であるならば、もっと危険な行動や設備は規制し続けなければならない。


小さい範囲でも大会はできるのではないか。今現状を考えれば、何をするにも、例えコンビニへ行く事だってリスクはある。はっきりいって、感染してもしょうがない程度のところまできてしまっていると思う。

感染するリスク、クラスターになる可能性があるから大会を開かない、というのであれば、まだまだ自粛要請は続けなければならない。大人の娯楽はよくて、子供の娯楽はなぜだめなのか

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


どこまでを許可するのか。これは本当に難しい。なんせ、本当に人が死ぬ可能性があるのだから。でも、今後はこのコロナと付き合っていく可能性がある以上、だめならもう完全な娯楽をすべて捨てるか
、もしくはリスクと向き合いながら娯楽もすすめていくのか。

もし前者ならバドミントンは諦めるしかない。でも、今国の政策は、明らかに後者である。娯楽とリスクに向き合うのであれば、これはバドミントンもできるだけ自己防衛しながら進めていくべきである。



今後の感染具合によっては、完全な自粛もあるかもしれない。そうならない事を願う。

多分考えがまとまっていないんだろうね。
バドミントンはやってもいいと思っている事は変わらないんだけど、その理由についてがまとまらない。


結局、今の選択肢って、

1.コロナの特効薬、ワクチンができるまで自粛する
2.コロナ根絶まで自粛する
3.コロナと付き合いながら自粛する


この3つかな。たぬ吉も自粛という言葉はどうかと思うが、この自粛期間で自粛する事、気を付けなければいけない行動等は深く全国に広がったのではないかと思う。そんな意味でも、自粛は意味があったと思っている。


では今後どうするか。

1.コロナの特効薬、ワクチンができるまで自粛する
この場合は今現状をどうとらえるか。数か月から数年のスパンが必要と思われる。現状の薬では、たまたま効いているだけなわけだから、やはり重症者に特別に使うという事が賢明かと。
出来上がるまで待てるか、というのが議論しなければいけないところ。

2.コロナ根絶まで自粛する
根絶の定義は?
大阪が国とは別に別途モデルを作っているが、あのような根絶の定義があって、はじめて根絶まで待てる。では、どれぐらいかかるのか。本当に国家存続、人類滅亡の危機というのなら意地でも家から出てはならないが、この根絶の定義とそれを目指すのであれば、それまでの保証は絶対必要。先が見えない以上、決められないというところだろう。


この2点で大事なのは、それまで人間がどう生活していくか、である。
極端に言えば、買い物へ行くにもリスクがある。炊き出しして食べていくにも、人が集まってしまう。必要最低限の行動は、買い物、もしくは発送してもらって受け取る。その程度の人の行き来で済ますことだが、それには、農家や工場、配送業等動かなければいけない業種がある。本当に最小限に絞ったとしても、それを買うにはお金がいる。ということは、現状仕事しなければ食べられない。

自粛するのはいいけど、生きるにはお金が必要。国がすべてを保証する事は不可能である。

そこで、今コロナはどうなっているかという議論がされなければいけない。今この状態が異常だが、今後はこの状態が通常となるかもしれない。常にコロナが流行しているから、気を付けながら生活をする。これが今後のスタンダードだとしたら。


3.コロナと付き合いながら自粛する
マスク、手洗いうがいを徹底。密集地にはいかない。これらを継続しながら生活をしていく事が、今後の生活になる可能性はあるのではないだろうか。
そのうえで、本当に自粛しなければならないものに、バドミントンは入るかどうかを検討していかなければならない。

屋外競技、つばは吐けないね。

野球 問題なさそう。
サッカー マスク可能なら。
格闘技全般 厳しいか。でも1対1だから、試合直前に検査すれば大丈夫な気もする。
テニス 最も問題なさそうなスポーツかも
卓球 近いかな?
バドミントン 距離はいいだろう。換気次第。
水泳 換気すれば問題ないんじゃないか
マラソン 道中離れないと警告とか
陸上 中距離が厳しいかな


こう考えると、接触あるスポーツでも直前検査が可能なら大丈夫じゃないだろうか。
ただ、アマチュア大会は、直前検査どうだろう?簡易キットの開発が望まれる。

それと、試合待機中や観戦。ここが最もネックかも。無観客試合はしょうがない。大会とかでも、参加人数の上限を会場によって決めなければいけないかもしれない。


ライブは有料ネット配信がメインになりそう。観客数は激減するが、プラチナチケットとして高騰するんじゃないかな。ホームシアター設備が流行ってくるのかもしれない。


最も厳しいのは、接客業や風俗店。これは正直言ってどうしようも無いと思う。それこそ入店直前に検査をするしかないが、例えばスナックに入る前にコロナ検査必要だとして、店に行こうとする?どうだろうか?やはり大打撃はまぬがれない。ただし、コロナと付き合っていくとしたら、それしかないように思える。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


こうやってコロナと付き合っていくしか、人間らしい生活を送る方法はないんじゃないだろうか
。当然リスクはある。けど、歩いていれば交通事故にもなる。生活していくうえでいろいろな危険がある。これからコロナもそのリスクの一つに加わってしまった、そう考えて、できる限り可能な自粛生活を進めていくしかないのではないだろうか。


まとまったような、まとまっていないような。。。

この記事には、たぬ吉の個人的な意見がかなり含まれますのでご注意ください。
反対意見も賛成意見も全て受け付けます。


日本はなぜほかの国よりも死亡者が少ないのか。
なぜ感染数が少ないのか。

これに、「PCR検査数が少ないから」という意見があります。

コロナ認定されないから、コロナで亡くなった人数が少ない。PCR検査を受けさせないから感染数が少ない。だから表面上のコロナ感染数や死亡数が少ない。


これってどう思われますか?


もし、コロナで亡くなっていながらコロナ認定されていない人がいるとしたら。さすがに急に肺炎になってこじらせて亡くなりました、っていう人がいたら、さすがに現状ならもっと騒がれているでしょう。それが無いという事は、おそらくはない。


感染数が少ないのは検査数が少ないから、との話はどうでしょう。

まず、検査で陽性になったらどうするか?
今治療法がない、薬が無い、あっても副作用がやばいから重症患者にしか使えない。

この状況で陽性になっても、結局は自宅療養するしかないのです。
呼吸困難になって初めて入院等になるわけで。

隔離するためにホテルを確保したとかそういったニュースが流れますが、基本的には隔離、つまり、治す為ではなくうつさないために入院することになるわけです。


では陰性だとしたら?
ただの風邪だとして、陰性だったらどうするのか?
結局は同じく自宅療養、こじらせたら入院。陽性でもすることは同じ。


逆に、陰性は陽性の可能性もあり、さらに検査所で感染した可能性もあり、帰り道に感染する可能性もあり。そもそも、現時点での陰性になんの保障も無いのです。



今の状態は、風邪がひどく流行っている状態とは言えないでしょうか。
うつらないようにするのは各自。インフルエンザの流行期だってマスクはしているでしょう。インフルエンザよりも気を付けるしかない。

風邪にうつらないためにはどうすればいいか?人込みは避ける。飲み会もやらない方がいいし、マスクだってしていた方がいいでしょう。手洗いうがいをしっかり。

これって、いつも日本の冬にやっていることですよね?

風邪を撲滅させることははっきりいって不可能。国だって会社だって家族だって対策しなければならない。風邪には向き合いながら生活をしていくしか無いんじゃないかなと思うのです。



山に登れば滑落する危険があって、海に行けば溺れる危険がある。今密集地にいけば風邪をひく危険がある。そう考えていくしかないんじゃなかろうか。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


もし、政策で「特効薬ができるまで、ワクチンができるまで時間稼ぎしたい」というなら、全力で自粛するしかないだろう。でも、そうではなく、感染数を追いかけているだけだとしたら、今の程度の自粛なら0になることは無いんじゃないだろうか。だとしたら、各自で風邪と向き合って、風邪の中で生活できる方法を考えていくしかないんじゃないかと思う。



バドミントンが果たしてどこまでの危険を追わなければできないのか。
たぬ吉はそこまで危険ではないと思うんだけどなぁ。感染する可能性はないわけではないけど、今自粛中に可能な事の中より危険ではないはずだけど。

アルフレッドヒッチコックではない。

落合博満氏のバッティング理論をたぬ吉なりに解釈。
いろいろありますが、YOUTUBE等でも結構あるので見てみましょう。
とは言っても、説明しているものは無く、ほとんどが対談的なものとなってます。よかったらいろいろと探してみてください。


ということで、の前に、まずバッティングとバドミントンの違い。
・ボールが重い
・バットも重い
・打つ、飛ばすことが大事で、次の事はあまり関係ない
これらを踏まえて、強く羽根を打つ方法に近づきたいと思います。



・インパクトまで遠回りする・・・強く叩く為。余裕があればできるかも。

・そのために、ヒッチ、コック等を使う・・・ラギングバックに近いか?

・左肩を振り始めるまで固定する・・・球を見る為。ショットを安定させるために使えるかもしれない。

・手から振る。体は後から自然についてくる・・・下半身の反動を使って手が最後、というのが主流の考え方だが、それを使いながら手を先に出すことはひょっとしたらできるのかも?意識して検証したい。


ちなみにヒッチ、コックとは、バットを寝かせたり前後に動かしたりすること。一時期野球の指導では止めた方がいいという事だったらしいが、落合氏曰く、強く打つためには必要な動作、と。


この人の話を聞いていると、もちろん実績がとんでもない選手だったからともいえるが、自分の感覚が最も正しく、その為には周りを疑う必要がある、と聞こえてくる。自分の技術が正しいと信じ切れる事、そしてその結果を出しているから言える事ではあるが、それだけ野球に真摯に向き合っていたのだろう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

一つ一つ、今の理論についても、ひょっとしたら再検証が必要なのかもしれない。教科書に載っている事がもしかしたら、大きな間違いの可能性も十分あるのではないだろうか。と思いながら技術を探求していく必要がありそうだ。

そのうちコロナの休み明ける事になると思います。多分。


選手によってはモチベーションをもって自主トレ―二ングに励んで、体を作っていたり、ある選手は少し落ちてぐだってしまったり、おそらくいろいろな選手がいるでしょう。

そこをなんとか、モチベーションを上げられるような発信を少しでもしている状況。


さて、ここで体育館が使えるようになったときに、果たしてどういう練習メニューを組めばいいでしょう?



・いつも通りの練習メニューで進める
・1週間はとにかく羽根を打つ基礎練習を繰り返す
・1週間はコートと羽根を開放して自由に羽根を打たせる



まだ先の話なんですが、とても悩んでます。

休み明け。コート数はとにかくほしい!打たせてやりたい!そういう気持ちもあり、単に長い休みがあっただけという考え方も。
でもジュニアだから最初は遊ばせてあげる事も必要かな、とも。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


今、一番の楽しみである「羽根を体育館で打ち合う」という事が奪われている状態が続いています。
果たして今、何をしてあげられるのか、そして、明けたら、何をしてあげられるのか。考えるなら今ならできる。できる準備はしっかりしていこうと思います。

いい案あったらコメントお願いします。

このページのトップヘ