バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

もう寝ます。

20時帰宅、途中いろいろやって、力尽きて寝落ちしつつも、何とか張り終わりました。

おやすみなさいませ。

https://news.infoseek.co.jp/topics/gendainet_494494?20181013
ああ、日刊ゲンダイか。まともに突っ込むのもあほらしいが、悪意に満ち溢れてんだよな。


桃田選手、賭博の時は相当たぬ吉も叩きまくりましたが、その後の行動、そして成績で見事世論をねじ伏せた感がありました。正直言って、あのような行動を起こした若者が世間の視線に耐えながらここまであっさりと復活するとは思っていなかったものです。今では、あの事件があったから、今の桃田の強さが生まれたのではないか、と思えるほどです。


そしてでてきた今回の記事。
なんというか。

確かに「別にいいじゃん」で済ませてはいけないとは思いますが、今回日本バドミントン協会は「厳重注意」だけで済ませて欲しい、と思います。これ以上はいらないでしょ。二人で日バのお偉いさんの前で説教食らって、その精神的ショックって相当でかいわけだし、五輪前のこのタイミングで良かったのでは、と思える程。

24歳男子、そりゃいろいろあるでしょう。むしろ、外出して繁華街うろついて、性病もらってきて大会棄権なんて、それこそ目も当てられない訳で。

1.日本代表選手である自覚をもった行動をして、
2.さらには空いた時間を有効に自分の為に上手に使って、
3.そのうえで練習や大会では全力を出せるようにしなければならない。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

1と2に若干まずいとこがあったか?程度の問題で、1週間のトイレ掃除でもさせておけばいいんじゃないでしょうかね。これが大事になったとしたら、それこそ芋づる的に出てきたっておかしく無いんじゃないか、と思っています。



やったね^^


頑張りました。

やはり最後の二日間はきつくなってしまいました(自分が)。
無事ではありますが、右半身の腰から膝裏までの激痛があり、他の箇所の痛みがよくわかりません。
最早無事と言っていいものかどうか。

ただ、自分の大会出場と違って全力でスマッシュを連発するような事は無かった為、上半身、腹筋背筋あたりは比較的ダメージは無さそうです。最も堪えたのは、シングルスの練習相手でしょうか。つくづく、ここ数カ月は相当さぼっていた事を実感してしまいました。

コートに入れば他の選手を見られない、だからできるだけコートに入らず、声かけをがんばった事が、弱体化に繋がったのでしょう。やっぱりメリハリをつけて、自分の為にもちょっとはコートに入らなきゃならんな、と思ったわけで。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

いつまで選手の相手ができるかわかりませんが、その期間、少しでも延ばせるようにがんばっていきたいと思います。



やっぱりここは気になるものです。



パートナーにロブかクリアが上がり、スマッシュを打ってくれる場合の前衛のポジションと守備範囲を図にしてみました。


まず最初、結構後方に押し込まれた位置からのスマッシュです。
1
後方からのスマッシュだと、クロスへの切り返しも含めて前衛は考えなければいけません。スマッシュを打った選手は体勢が崩れる為右奥のカバーは難しく、前衛はそこまでを考えて構える必要がありますが、当然前もフォローしておかなければなりません。この一本で点を取るのが難しいパターンになります。



次に、相手のショットが甘かった場合。
2
守備範囲が逆になっています。この場合は、打ったパートナーに前に突っ込んでもらう為に前衛を空けるプレーです。位置がハーフ付近なので、打って突っ込んでもらう方がいい場面です。図より後方にポジションを取っておくと、さらに前に詰めやすくなるでしょう。


最後に、極端なパターン。
3
ハーフでスマッシュを打っているにも関わらず、前衛が前に詰めています。これは、パートナーのスマッシュが強力で、相手がリターンをまともにできないはず、との予測からのポジション取りです。男子ダブルスではよくある形ともいえます。ネットに逃げる羽根を絶対に逃さない意思表示ですが、もしこの範囲外に羽根がくれば、それは打ったパートナーのスマッシュが悪い、もしくは前衛の判断ミス、ということになるでしょう。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

返球の予測が立てられれば、ポジション取りがわかりやすくなります。パートナーも動きやすくなるでしょう。こういったパターンの瞬時の選択がダブルスのポイントになります。


私の地域では秋休みがあります。



小学生は関東予選、中学生は新人戦があり、その時期にこの秋休みは練習にもってこいの休日。
とは言っても社会人にとっては普通に平日なわけで、練習を突っ込めるのは学校の部活ぐらいなもの。仕方なく無理矢理休みを合わせたりしてこの時間を使いたいのですが、、、、、

6日 9:00-12:00 16:00-21:00
7日 9:00-17:00
8日 9:00-17:00
9日 9:00-21:00
10日 9:00-21:00

こんだけやったら虐待に近いなんて思われるかもしれませんが、違うんです。私の予定であって各選手は練習時間はそんなに多くは無く、複数クラブ、そしてレベル別の練習を入れていったら、こんな事になってしまいました。正直ここまでは初。身体が持つかどうかですが、移動時間も含めて休憩しながらなんとか頑張りたいと思っています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

もし更新が1年無かった時は察してください(笑)



このページのトップヘ