バドミントンぷれいやーず


・【バドミントンぷれいやーず】
・【ヨネックスに頼らないバドミントン(仮)】



【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
今日は呑んでません。




・ヘアピン打ったら相手からはロブかヘアピンだからラケットを上げて構える
・ドライブ打ったらドライブの確率が高いからネットの高さで構える
・相手がバックで入ったら攻めは弱いから前に詰めてラケットを上げる
・ショートサービスを打ったら相手のラケット位置に合わせて高さを変える
・プッシュを打ったら次の低いリターンに備える

ざっと30秒で思いついた前衛でのパターン。主に、ラケットはどこに置いておくか、という点で抜き出しました。
さて、これらをゲームで生かすのには、

「ヘアピン打ったらラケットを上げろ」

で身体に染み込ませるか、もしくは

「ヘアピンを打ったら相手はロブかヘアピンしかこないから、ロブはパートナーが打つからヘアピンに対応する為に前衛はラケットを上げろ」

と理論で確認していくか、悩みどころです。
「なぜそこで構えるのか?」を理解する事はプレーの幅を広げるのには必要な事なんですが、じゃあ毎回何を考えているのか選手に聞くのか、とりあえずラケットを上げさせるのか、本当に理解しているのかを確認する事は大事な作業だと思ってます。

でも、実際は考える事で遅れるのであれば単純に「こうすればこうする」と教える事で考える時間を省くこともできるし、実戦的と言えなくもないと思える事も。

ならば、説明は説明、プレー中の修正は単純に行うべきなのかもしれません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

選手からしてみると「失敗」から学ぶよりも「成功」の方が身体に刷り込まれる、そんな気がします。だとするならば、まずは単純にやらせる。説明は適度に、まずは例えば前衛でラケット上げさせる事で、打てる羽根を増やしていく、打てていく「成功」から選手が自分で学んでいく、こういった流れの方がいいのかもしれません。

参考書を読むよりも、問題集を解かせる、例はなんか違うかもしれませんが、理論理論で理解させようとするよりも、やっぱり実戦の成功でやった方がいいのかな、と思ってます。選手を見ながら、合わせていくしかないのでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
梅酒1杯目。




相手を見てプレーしよう。
序盤で相手の弱点を見抜いてそこを攻めよう。

よくこんな話を聞きますが、では、自分の事は見えていますか?

例えば、相手の弱点がわかったとして、そこを狙う技術が無ければ何もできない訳で。技術を身につけるには普段の練習な訳だから弱点がわかったところでそこを使う事が出来ない事も充分考えられます。

そんな悲しい状況のときこそ、相手では無く自分を見つめなおしてはどうでしょうか。


もしそれが練習であれば、自分の弱点はどこか、そこを徹底的に潰すように練習を進めていきたいところです。



では大会だとしたら?

もし大会なら、まずは一通り打って、何がどうできるのかを把握します。それには、普段、練習で自分が何ができているのかを確認しておかなければなりません。そのできている自分の技術の中で、その大会当日、何が良くて何が悪いのか、それを認識します。スマッシュの角度が良いならどんどん打っていきたいし、クリアが良かったとしても、それが右サイドなのか左サイドなのか、ドリブンなのかハイクリアなのかで大きく状況は変わります。
その日、自分のいいものがわかればそれを中心にゲームを組み立てることができます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

相手を見る事も大事ですが、まずは自分を見つめなおしてみてはいかかでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
最後の一歩の踏み込みは最初の一歩でやってはいけない?できない?




ここで言う「軸」をどこにするかは、ちょっと私でははっきりとはできませんが、ひとまず「股関節部分」にしたいと思います。

右足を出して踏み込む時に、左足はどう動くでしょうか。筋力の無い女子選手では引きつけて戻りに利用したり、逆に男子選手では左足を残して、踏ん張って戻ったりします。

ですが、ここではその位置と違う考え方にします。


最初のスタンス、よく言う肩幅ぐらいの位置をスタートとして、サイド、もしくは前方向へ右足を一歩で踏み込みます。その時、左足はまったく引きつけないようにします。

さて、左足はどれだけ動いたでしょうか?


最初のスタンスから、左足を引きつけずに右足をだしたとして、それでも左足の位置が踏み込んだ右足側にずれる、この分を「軸の移動」とします。ひきつけない左足が動いた距離が、股関節の移動距離としていきます。
この軸の移動が大きければ大きいほど、遠いシャトルを打ち返す事が出来る事になります。

では、右サイドと左サイド、どれだけ動くかやってみましょう。

バック側は、あまり気にしなくても軸移動したと思います。練習では、この移動距離を延ばすように繰り返すといいでしょう。

では、フォアサイドは左足の位置は延びましたか?どうでしょう?
意外に「動かない」もしくは「動かせない」という選手が多いのではないでしょうか。これには工夫がいります。

・シャセを使う
・左足を寄せてから右足を踏み込む

この時の軸の移動は最後の一歩の時の前の左足の位置になります。つまり何が言いたいかと言うと、フォア側は左足を使わなければ軸を移動させる左足の踏み込みができないのです。軸を移動できなければ、いくら右足を出したところでほとんどフットワークでの距離は伸びません。

ちなみに、シャセでは
右足→左足→右足
と使います。初動を右足で作り、2歩目の左足を使う事で3歩目の軸移動の右足が可能になります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

この左足の使い方は出来ない選手はとことん苦手です。足を出してもシャトルに届かない、そのうち足を出すことすらやめてしまう選手もいます。羽根を追う為に有効なフットワーク、その為の左足の使い方は意識的に練習しなければいけません。

たぶん、できている選手はできています。でも、出来ていない選手、苦手な選手は、まず頭で意識を変えながら反復していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
見事なまでに落ち着きました。



メインで練習している選手も、ビジターの選手も、ついでにお友達の選手も、大会前は張り替えまくっていた1週間。
終わった後はもうすっかり落ち着きました。GWもあったはずですが、大会で燃え尽きてしまったかも?

その大会で逆に火が付く選手も少なくは無い訳で、選手以外も保護者、そして指導者も、やはり大会は刺激になります。私は次の大会まで、もしくは来年のこの大会までに何をしてやろうかと思い描きながら観戦してました。選手はどう感じていたのでしょうね。手ごたえ、あったのかどうか。

大会前で張り替えたせいか、張上げはだいぶ落ち着きました。毎日複数本の張上げは、社畜にとってはかなりハードだったのですよ。県大会まではまだ先がありますが、ほとんど選手は敗退しているわけだからおそらく次のピークは夏の総体予選前、でしょうね。覚悟と準備だけしておこうと思います。

こういった大会でモチベーションをしっかりと上げる事ができる選手は、教えていても楽しいものです。選手の向上心は、指導者にとってもとても大きいもの。少しでもいい結果が出せるように手助けできればと日々感じています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


ブログはどうしても、普段が充実し過ぎると投稿減るんですよね。たまに書いてもこんな投稿じゃあねぇ。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
結局どっちやねん。




あなたは、縦糸、横糸のどちらが切れますか?

私は

【プレー用】縦糸
【ノック用】横糸

が切れます。ほぼ100%と言っていいです。相当記憶をさかのぼってもそう切れます。
縦糸、横糸の切れ方は諸説ありまして、オーバーヘッドストロークでカットをする(スマッシュやクリアでも面がずれている)と横糸が切れる、という話、そしてもう一つ、テンションが緩いと横糸が切れる、という話。もしかしたら他にもあるかもしれませんがとりあえずテンションは検証してみました。

【プレー用】縦糸 29P

普段こんな感じなので、これを22Pで張ってみました。

結果、縦糸が切れました。
ということで、私の中では、今のところ「面が切れている(フラットに当たっていない)と、横糸が切れる」との結論に至っています。もちろんもっといろいろと検証は重ねなければいけないのでしょうが、小学校高学年から中学生までは極端に横糸が切れる事が多い事、そして、私の周りの同レベル選手は縦糸しかきれない事、レディースの方は横糸が切れる事が多い事、これらを考えると、

・面が切れていると横糸が切れる

ということになりそうです。
ただ、もうひとつ検証したいのは、「振る力が弱い時は横糸が切れている」という可能性がまだ捨てきれない事です。横糸が切れていた選手が縦糸が切れるようになったとして、それは面調整ができるようになったのか、もしくは振る力が強くなったから、なのか。
これを検証するとしたら、腕っ節の良い初心者の成人男性が、どちらが切れるかを統計とらなければ行けないかもしれません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

情報、お待ちしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ