バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ゲーム相手はいいけれど、他の選手を見れなくなるのが難点。



時々、ゲーム相手の為コートに入ります。
クラブでトップ選手の相手をする為には、練習相手を呼ぶか、自分で相手するしかないのです。

シングルスの選手なら2対1で入れる方法がありますが、ダブルスだとそうもいかない。中学生ぐらいだと3人コートに入れても機能しないし。

そこでコートに入る訳ですが、ダブルスで相手をするとなかなかうまくいかないもので。足で勝負できるシングルスと違い、ダブルスは経験と正確性と球筋。中学生が良い勝負をできる芽は無いのです。早くたぬ吉のダブルスを脅かすようなダブルスを作りたいものです。

試合相手をする時に選手は何パターンかに分かれます。
簡単に言うと、どの時点で諦めがでるか。1ラリー毎にもありますが、例えば、1ゲーム失って2ゲーム目がからっきしダメになるとか、それが最初の数点で追わなくなるとか、これが逆に後半に燃え上がるとか。
相手をしていて楽しいと感じるのは徐々にペースが上がっていく選手ですが、これは非常に稀。だいたいは意気消沈していく姿を見て悲しくなるものです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

これがダブルスとなると話が変わるのか、もしくは選手の意識が高いのか、1ゲーム目、2ゲーム目、そして3ゲーム目と徐々に点数が増えていくのですが、テンションが上がっているようには見えず、良い羽根がきているようにも思えないのに何故か取られる点数が増えていく、という事があります。
こちらの疲労もあるかもしれませんが、おそらく、無意識のうちのダブルス慣れが生まれてくるのではないかなと。これは選手の意識が無ければ期待はできませんが、ゲームをこなすことでどこに何がくるのか、次のプレーは、と経験値が瞬間的に上がり、点数を奪っていくのではないか、と良い方向で考えたりもします。


基礎練習、パターン練習も大事ですが、やはりゲーム練習でしか得られない技術や経験も、あるのでしょう。大事なんだろうな、ゲームって。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
全力の強打がどこまで必要なのか。





ジュニア選手の相手をしていて、ふと気がついたフォームの癖があります。

「縦」のショットと「横」のショット。


縦のショットは、右足右肘を引いて身体が一直線に見えるショット、その後一瞬「横」を経由しながら振り抜くと身体が反転して「縦」になります。シングルスでの後方へのフットワークからしっかり振り抜いて、そのままセンターへ戻ってくるようなイメージでしょうか。バック奥のショットもこの「縦」を利用します。

そして「横」のショット。これは身体が開いた状態でショット体勢に入り、「横」のまま全身の反動を使って振り抜きます。若干角度の変化はあるものの、これは「横」からショット完了も「横」。当然スイングは小さくなりますが、この小さいスイングでどれだけ強打ができるか、というのがこの「横」のショットの一つのポイント。フォア奥では、足を入れ替えるよりも「横」のショットのままのクリアやドロップを打つ事が多くなります。他にもドライブやプッシュでこの「横」を使う事が多く、小さいテイクバックから出来る限りの強打、そして最小限のフォロースルーを目指します。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

特にダブルスでは「横」のショットを多用し、シングルスでは特に後方のショットを「縦」のショットでしっかりと返球していきます。使い道を誤ると、どちらもまったく機能しなくなることも。大きいスイングで全力の強打、そして、小さいスイングで出来る限りの強打、このどちらも向上を進め、そして正しく使い分けていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ほんとお恥ずかしい。




いたるところで、広島という字がおどっていますが、私としては中村選手を無事クジで引き当ててくれて、本当に嬉しいです。坂倉選手と競い合っていくのか、もしくはサードコンバートなのか、気になるところです。

今年の全小は広島なんですね。その前の地区予選、今回の関東予選、初めて県外の大会に選手の付添で行ってきました。自分自身の試合はそれこそ数えるのも面倒ですが、選手の付添となると勝手もわからず戸惑いばかり。どっしりとはなかなかしていられませんね。

結果は、二日目どころか初日午前中には全日程終了。早々に帰途に着きました。メンタルでボロボロになっていく選手を見るのは本当に悲しいもの。それを鍛える為にはやはり経験も必要で、対外試合って大切なんだなぁと思わされた次第。かといって、いろいろと準備大変なんですよね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

広島行きを決めた選手は是非とも頑張って頂きたい、と共に、是非マツダスタジアム行って記念撮影をお願いします、私の代わりに。カープグッズを身につけているバドミントン選手が増えたら、嬉しいなぁ。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
今更感。




今までは、

・シャトル
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヨネックス ニューオフィシャル 1ダース YONEX F80
価格:3677円(税込、送料別) (2017/10/17時点)



・ストリング


でしたが、もうひとつ加わりました。

・インソール


個人的にヨネックスのウェーブインソールは履き心地最高。シューズは余計な機能の無い、例えばYY社なら65シリーズで満足なので他社製品履いてますが、今回中敷きに穴が空いたので久々にYY社インソールに。いいですね、やっぱり。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


このウェーブインソールは逆に吊りやすいという話も聞きますが、あくまでたぬ吉は気持ちいい、ということで。
シューズ自体は本当に余計な機能よりは、履きやすく、軽くて、しっかりしている、それだけでいいのですけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
なめてたわ。



「その歳になったら、準備運動しないってことは怪我をしにいっているようなもの」



・・・・・心に染みました。

のんびりと練習前にストレッチしてみたところ、その気持ちよさに体育館で寝そうになりましたわ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ