バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
早いね、展開が。いきなり主人公が覚醒しましたさ。

ありきたりな展開だけど、1ゲーム目強い相手とやってこてんぱんにやられて、徐々に2,3ゲームコツをつかみ始めるってのが普通のベタな展開なんだけどなー。2ゲームを第一シード相手に連取、厳しいんじゃないか・・・。

んで、体と技術のバランスどうこうのくだりがあるが、実際こういう事が起こる場面がある。それは、「成長期」に起こる現象で、いままで磨いてきた技術が、体の成長により使いものにならなくなる事があるのだ。選手からすれば、打点が変わり目線が変わる為、極度のスランプ状態が続く。
指導者はこれをしっかりと把握しなければならず、長い目で見てやらなければならない。回避不能であり、無理をさせては絶対にならない。

とまあそんなわけで、第一シード食っちゃったら優勝なんて簡単だよなぁ。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
インナーマッスルは、アウターマッスルの力を100%引き出すのに必要と考えます。インナーがしっかりしてないと、アウターによって故障してしまう事も。よって故障の予防にもなります。
瞬発力ですが、お相撲さんの瞬発力がばかにできないように、筋肉モリモリだからといってスピードが上がらないというわけではありません。瞬発力はアウターマッスルを鍛えれば間違いなくあがりますが、それがバドにどう影響するかは別の話になります。

インナーマッスルがアウターマッスルの能力を引き出すように、それによって引き出されたスピードを生かすのがスマッシュの技術であり、いわゆるタイミング、打点になってきます。

スマッシュのスピードを上げるだけならインナーマッスル、アウターマッスル共に鍛えあげてラケットスピードを速くし、そこからそのスピードをシャトルに伝えられるようにタイミングと打点の技術を磨いていく事が必要でしょう。それは、老若男女共通です(もちろんお勧めはしませんが)。

ただ、バドミントンにおいてそのような筋肉構成では勝てないでしょう。筋持久力の低下、筋肉にかかる負荷の増加、簡単に言えば、1点は取れても21点を2ゲーム先取する体では無くなってきます。

バドミントンはバランスが大事です。スマッシュを速くしたいという希望があった場合に「アウターマッスルを鍛える」というのは必要ですが不要ともいえます。個人的には「スイングのチェックと打点の確認」が1番であり、次に「スマッシュを打つ為のフットワーク強化」、それから、あくまで付加として「インナーマッスル強化」次に「アウターマッスル強化」と考えます。




ということを、簡潔にまとめてバドアカ掲示板に書こうとしたら、あっさりと蹴られました。不適切な発言をしたホストとして蹴っ飛ばされるようです。せっかくまとめた文章なのでブログのネタにしておくとしても、ちと寂しい。。。。。

ちなみに、2chでは、「スマッシュを速くしたいのですが」という質問に「スマッシュをとにかく打ちまくれ」とレスしたくなってしまうんですね。そりゃ荒らし認定されるわなwwwいや、それも本音なんだけどさ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
実は、第一シードにもてあそばれていた。2,3ゲームぼろくそにやられる



監督にぼろくそに説教



主人公のパートナー休部



主人公心入れ替えバドに熱中



パートナー復活



3年最後ぎりぎり間に合い、インハイ優勝



こんなのどうだい?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
キャプテン翼・・・小学生
メジャー・・・小学生
P2・・・中学校
テニスの王子様・・・中学校
俺はキャプテン・・・中学校
アイシールド21・・・高校生
スラムダンク・・・高校生
あひるの空・・・高校生
シュート・・・高校生
ダイヤのA・・・高校生
はじめの一歩・・・高3

めんどくせぇからこの辺で。ざっと調べただけだけど、小、中よりも高校の方が多いんだな。
高校ではじめるパターンでは、何かに特化した主人公がそれを生かして上り詰めるような形。
逆に小学生は、その素質に気がついたり、もともとそれが大好きだったり。

そうすると、バドミントンで高校生はなかなか難しいかもしれない。野球、サッカー、バスケ等メジャーなスポーツに挑戦するタイプ、それと身体能力を生かすタイプな為、マイナーなバドミントンは不向きと思われる小学校、中学校あたりが自然。


オープニング→中3
そのまま小学校6年か中1ぐらいから始めようと思うwww
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
スマッシュが風前の灯火の今、なんとかしようとしてみるフリをするのがここ。
新しい原作か、スマッシュの今後か、とにかくそんな内容のものを投下しまくってみる。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ