バドミントンぷれいやーず


・【バドミントンぷれいやーず】
・【ヨネックスに頼らないバドミントン(仮)】



【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
全日本社会人シリーズ最後として、個人的な反省をしていきたいと思います。もし他に気になることがあれば、答えられる範囲で答えていきたいのでコメントよろしくお願いします。

・小さな目標の「3試合」は達成
これは大きいw

・緊張により力を出せなかった
極度のあがり症により、左手震えてサーブが乱れ、コースをコントロールできず・・・。最も反省しなければならない点。だからって、反省しても直ることが無いのがこの症状。精神科にでもかかりますかね。

・スマッシュ力
基本的にスマッシュで勝負するタイプではないが、それにしても遅すぎる。どの位置から打てば決められるか、相手のレシーブをしにくくできるかはスピードと角度に影響するが、それがあまりに無さ過ぎる為チャンスが作りにくい。最低限このスピードは上げないと、シングルス、ダブルス共に県内ですら通用しない可能性が。


結局のところここらへんになります。というのも、サービスが入らない→緊張のせい、焦って打ちにいってしまった→緊張のせい、体力が続かず・・・→緊張のせい、というように、とにかく上がり症の性格が災いしている。全国の舞台、もっと楽しめばいいのに、と今更ながらに思っても後の祭りです。そんな私でも、3試合目にはそれなりにこなれてきて、思い切ってゲームすることができたように思います。それゆえの目標3試合、だからこその目標達成ができたおかげで後悔が少なくてすみました。

今後、また大会に参加するような事があれば、少しでもいい成績と少ない後悔で済むように、今後精進していきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
4回目はミックスダブルスについてである。

少し前まで、きっちりと最初からトップアンドバックを作り、それを維持していくのが強いとされていたが、今回の大会では少し違っていた。もちろん基本は、いかに女性を前にしつつ勝負に行くかというものだが、最初から、ではなく、タイミングを計って前に入れるダブルスが非常に多かった。

一つのプレーを例にあげる。

女性の方にロングサーブが来た。これの対処は以前からマチマチだったが、これをまずクリアできっちりと返す。もちろん相手はトップアンドバックの状況になっている為、クリアで返したシャトルは男性が女性にスマッシュを打つのがセオリーとなる。女性は、クリアを打った後、サイドバイサイドの位置に入り、このスマッシュをレシーブ。そのレシーブはきっちりネット前にコントロールされ、そのレシーブにより一気に前に詰める。そこで女性との前の突っつき勝負となり、上げた方がスマッシュを打たれる。

このレシーブのコントロールが女性の必須技術になる。これがどれだけしっかりとコントロールできるかで試合の流れが変わるだろう。

男性主体から、女性にも技術が求められるようになりつつある。そのうち実世界のような女性主体のミックスに、、、なったらどうしたもんやら。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
なかなか技術ネタを探すのが難しい展開になってきているが、せっかく羽を打っているので意地でもバドミントンに結び付けたい。

顔にシャトルがぶつかりそうになり、それをラケットの面で防ぐシーン。これについていろいろと考察していきたい。

まず、どんな場面だったか。シングルスでこうなるパターンというのは、
A ヘアピン(きっついやつ)
B ヘアピン(奥にも逃げられず、とりあえずシャトルを打った感じ)
A プッシュ(ボディアタック)
正直言ってこれぐらいしか考えられない。シングルスで、ドライブをヤマはって前に詰めるとか、そんなプレーは実戦ではありえないし、基本がセンターである為、前に張り付くこともあまりない。前におびき寄せられつつ、甘いシャトルしか返せない状況を作ってしまった、もしくは、相手がうまいことそういう状況を作った、といえる。

次に、女の子のレシーブ方である。とっさではあるが、ラケットを顔の前にだすということは非常に大切だ。身を守るという意味ではもちろんだが、それ以上に、もし返せるのであれば返したいという意思があれば、どんな状況でも、相手の打点からネットの上を通り、その延長上にラケットを差し出すことができる。ヘアピン後のネット前のプッシュではそのパターンが大変多く、ましてや膝をついている状態ならばほとんど顔の高さがそれとなる。そういう意味でも非常にいいプレーをしている、といえるのだ。

逆に攻める側はどうだろうか。スマッシュやプッシュをボディに狙うというのはよくあるが、この場面からすれば、シャトルをきっちり運んであげる事でそこからのフットワークは不可能といえる。相手にリターンの可能性を残してしまったという意味で、この攻め方はいただけない。ゆるいシャトルでも、きっちりと奥に返すのが最良の選択だろう。


では、もしこのシャトルが当たってしまったらどうなっていただろうか。この手の事故はバドミントンでは珍しくなく、ほとんどがダブルスの場合ではあるがプッシュが前衛に当たってしまうことがある。これのスピードは反応できるものではなく、とんだ方向が目であればこれを避ける方法はほとんど無いだろう。

そして、これはボクシングのパンチと違い、シャトルコックが目の骨部分よりも小さいのだ。つまり眼球に入り込んでしまうような状態となる。網膜はく離や白内障、その他いろいろな症状により失明も考えられる。もしそのようなことになってしまったら、即病院へ行くべきである。症状がほとんど無かったとしても、状態が悪いことになっていることもよくあることなので、一度確認してみるのが望ましいだろう。



次回は、もっと楽に技術ネタに触れられるネタを心底望む。。。強引過ぎてちとつらい。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
3回目は新ルール、ラリーポイント制についてです。

県内大会では何度も経験していましたが、やはり、大舞台ともなると感覚がだいぶ変わってきます。

やはり逆転は非常に難しいと思われます。それがレベルの拮抗ではなく、上位レベルの選手同士であればあるほど、実力差が顕著に表れるような気がしました。

それでも、一気に4点、5点差開くと序盤でも挽回が難しく、それゆえに「捨てゲーム」が増えてファイナルの数は増えているようです。もちろん、それには実力差というものが拮抗してなければありえませんが、ファイナルにいっているゲームでも、例えば

21-19
11-21
21-16

イメージ的にはこういう試合が増えています。余裕の無いチームは意地でも点を取りにいきますが、多少実力差があり、運も重なって点差が開いた場合に速い段階で「捨てゲーム」とする、というよりは「集中力を欠く」事が多そうです。

現在では「最初から飛ばしたもの勝ち」という認識が強いように思えますが、今後の展開次第では、10点前後からガラッとリズムを変えて一気に突き放すといったスタイルが増えてくるかもしれません。流れに乗るまで必死に耐えて、そこからほんの数点だけ突き放す、これで試合が決まります。マラソンでいうラストスパートをどこでかけるか、ロングスパートでは最後に詰められてしまうし、遅ければ相手に逃げ切られてしまいます。そういった駆け引きが重要になるようであれば、ラリーポイント制の面白いという意味でのゲーム性は失われるどころか、さらに面白いものになる「かも」しれません。

4回目は・・・未定wなんにしよーかなー。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
右肩ですか。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ