バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

今年よりアバブザハンドの定義がかわり、

【シャフトが下を向いていればOK】

となった。ではこれはどの程度まで許されるのだろうか。

サービスの開始からシャフトの角度を変えずに行うのであれば、審判にとっても判断しやすいが、実際そんなサービスはほとんど無い。ロングになればなおさらであり、ラケットを返す動作によってシャトルを飛ばす選手がほとんどだから、それは判断の厳しいサービスになる。サービスの開始前からサービス終わりまで、シャフトの角度は瞬間で劇的に変わるのだ。それを正確に判断するのは大変難しい。今の考え方では審判の目を騙す、という言葉は語弊があるかもしれないが、いかにフォルトをとられずにサーバーに有利にサービスを行うかが一つの技術となっている。

ある程度の試合になると、審判も資格や経験のある方が行ってくれる。そうすれば、これがよくてこれがだめで、というのがわかりやすい。実際のところは、【疑わしきは罰する】裁き方が多い。つまり、あやしい動きをしたのであれば、それが例え厳密にフォルトじゃなかったとしても主審はフォルトを取る、という考え方だ。人間の目には限界があるし、このような風潮は決して悪いものではなく、スポーツマンシップにのっとり、フェアなサービスを行う上では怪しいものを排除していく事は必要だろう。

そうなっていくと、まずは審判に好印象を持ってもらうというのも一つの手段である。きちんとサービスを行っている選手と、最初から怪しげな選手がいれば、主審が集中して凝視するのは後者である。そうなれば、そのゲーム中はめったな事ではフォルトは取られないかもしれない。完全にフェアなサービスを打って不利を受けるぐらいなら、少しでもルールぎりぎりのサービスを行いながら、有利にゲームを進める技術があってもいいのではないだろうか。

もちろん、ルールギリギリというのは黒でも灰色でもなく、完全な白でなくてはならない。が、この白を主審に灰色と思われる事が不利になるのだ。主審はそれだけサービス周りに気を使っている。選手がこういったことを心がければ、主審の負担も減り、いいジャッジで気持ちよくゲームできるだろう。怪しいサービスはせず、尚且つ、勝負どころでのサービスも自分が有利に働くように序盤から考えてサービスを行っていければ、サービスフォルトで最も取られやすいアバブザハンドも取られにくくなるだろう。

フェアな精神と勝負に徹する考え方と、両方をよく考えていこう。

・赤本に記載されている【不品行な振る舞い】とは具体的にどうなのか?

・ゲーム中のアドバイスは、実際はどこまで許されるのか?

・サービスフォルト、審判台から見てどこまで取れるのか?

赤本片手になんでもコメント書き込みお願いします。
持っていない人(購入強く推奨)も、疑問質問ご自由にどうぞ。

テニスと違い、バドミントンの醍醐味はやはりダブルスにあるとたぬ吉は思う。そういった意味で、今後の展開はとても楽しみ。

だが、できるなら

先生「おまえら、今日からきっちりダブルスの練習をしていく」
選手A「こんなやつと?」
選手B「俺だっておまえなんかと組みたくねえよ」
先生「文句言っている暇なんかないんだぞ、馬鹿共が!」

的な進み方が好みだったんだがな。

というのも、選手同士が「ダブルスを組もう」などと言って、実際に組めるような部活は大概が弱小高だろう。部活の主導権は指導者が握り、適材適所を見出して選手を割り振っていく。それができない指導者は未熟であり、強豪高の可能性が低くなる。

今後指導者がどういう判断を下すかわからないが、「ふざけるなばかやろう」と一喝するか、もしくは「私もそう考えていた」とならず、「そうか、じゃあ組んでみるか」なんてなめたことぬかしやがったらぶちきれるぞこのやろう。。。。。

えー、相変わらずMIXIにログインできません(泣)


現在ネットでの発言やらなんやらでいろいろと問題になっているが、バドミントンプレイヤー、関係者にも本当にこれは気にしてもらいたい。

1.情報を安易に公開すること
2.個人の特定
3.一言の保存

これらに注意してインターネットコミュニケーションをとって欲しい。今では中学生、高校生が自分のホームページを持ったり、各学校単位で掲示板があったりする。それらに自分の意見を友達に話すように書いていくと、本来の直接的コミュニケーションでは、聞いた言葉が記憶されて言葉で伝わる程度であるが、これを文章にし、ネットに公開することにより友達以外、さらにその人に悪意を持った人にまでそれが伝わる事が多々ある。さらにそれはしっかりと保存され、消そうにも消すことすらできない状況にだってなるのだ。

さらに、これが本人だけに留まらず、例えばA高校の誰々がそういう発言をしたとすれば、その部員全員がそういう考えを持っていると思われてもおかしくない。そうならない為に個人を特定したとすればそれはもっとひどい状況に陥る。

そしてもう一つ、本人以外の本人の書き込みによる被害、これはもうすでにいろいろなところででているようだ。簡単にいえば、「親」の書き込みだ。個人特定可能な親の身勝手な発言により、選手の立場が無くなる状況がある。クラブ外からの反論はもちろん、クラブ内で反感を買うことも多い。選手が勝手に悪口書いて叩かれるなら自分の責任となるが、別な選手に迷惑をかけてしまっている事を理解すらせずにログを残してしまう。
あくまで親、指導者は選手をフォローする立場であるということを、真剣に忘れないで欲しい。

タイトルの話題がスルーされてしまったが、2chはどこまでいっても匿名掲示板である。つまりこれは、個人特定の無い、井戸端会議に近いものであり、発言量も考えれば人の目に触れるのは(よっぽどのことをしでかさない限り)一瞬で消える。そういう意味では直接コミュニケーションに近いものがある。このスタイルでの意見と、各個人掲示板での意見は、まったく違うものになるということをよく考えて、ネットコミュニケーションを楽しんで欲しい。

再度何度でもご連絡。MIXIでのたぬ吉のメールアドレス、知っている人はコメントよろしくです。

主人公故障してしまったわけですが、大会等見てても、同一県内で年に5人ぐらいはアキレス腱を切っているように思う。それほどにアキレス腱断裂というのは、バドミントンにとっては切っても切れない怪我、いや、切れてるんだけどさ(笑うとこ)。

結構いろんな治療パターンがあるのも面白いところで。全断の場合もあれば少しだけ切れた場合もある。それによる場合もあるが、病院によるところが大きいかもしれない。メスを入れる場合と、添え木だけして経過を見る場合、入院が必要な場合もあれば必要ない場合もある。

そんなことよりも、切らないようにバドミントンをすることの方が大切だろう。ストレッチはもちろんだが、足の出し方で予防にもなり、且ついいフットワークになる場合が多々あるのでしっかりフットワークは勉強してほしい。

あくまで経験論ではあるが、後衛での飛びつき、下がりながらのスマッシュなど、コートの後方でのプレーでの事故が多いように思う。全体重を一気に逆方向にかけた瞬間に体重が支えきれなくなるのだろう。体重移動はバドミントンで重要な感覚のひとつなだけに、安全マージンもしっかりと身に付けてほしい。

バドミントンはそれだけハードなスポーツであるということは、毎回毎回頭に入れなおして、楽しいプレーになるように心がけてほしい。



ちなみにたぬ吉は、今のところはそういった大きな怪我は無い。準備運動、ストレッチ等をしっかり行っているから、といいたいところだが、プレー自体をサボってるという事が大きいようだwww

このページのトップヘ