バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

本日発売マガジン、やっぱり非常に

「キツイ」

な。いつになったら。。。

とまあそこらへんは置いておくにして、バドミントンを楽しくやる事がどういう事かを考えてみようと思う。
今、小学生から始める子が多くなってきているが、ほとんどが「楽しいから」やっているんだと思う。それ以外には「親にやらされて」「友達がやってるから」というのが続く。
中学生になると「楽そうだから」「小学校でもやってたから」というように、本当にバドミントンが好き、強くなりたいという子は若干減ってくる。
高校生にもなると、さらに「楽そうだから」という選手が増えるが、絶対数もかなり減ってくるので、「バドミントンが好き」という割合は中学生とはそんなに変わらないかもしれない。
それ以上になると「競技」としてのバドミントンと「趣味」としてのバドミントンに大きく分かれる。趣味でやる人が多い為、基本的には「好きだから」という方が大半だろう。これが「競技」の方だと、やらざるを得ない状況でやっているのがほとんどになり、強くなるためにどうしたらいいかという点に重きを置く。それは、趣味レベルでの「楽しい」とは少し質が違うかもしれない。実際競技を引退後、趣味でバドミントンを続けている人はあまりいない。

生涯スポーツとして考えるなら、ある程度、例えば社会人になってからとか、大学のサークルでとか、それぐらいから始めた方なら「楽しむ」という基本ができているから問題無いだろうが、若いうちから始めていた選手は、どこかで「強くなるために」バドミントンを考えた方がいいのではないかと思う。長い目で見た時にメリハリは合った方が長続きするだろうし、逆に張り続けていたのでは、絶対に息切れしてしまう。最初は「楽しいから始めた」でいいと思うが、ある段階かで「強くなるために」追い込んだ方が、その後落ち着いた時に、しっかりと長続きする場合が多い。逆に、最初からなんとなくだらーっとやっていた場合では、その後も続かずにやめてしまう可能性が非常に高い。

では競技ではどうかというと、あくまで個人的にだが、中学、高校からしっかり練習をした方がいいと思ってしまう。小学生でいい成績を取り、そのまま天狗になってしまって沈んでいった選手を数多く見ている。もちろんそのまま実業団入りしてしっかりとやっている選手もいるが、そうならないように、親や指導者がしっかりと指導していく必要があると思う。
小学生ではセンスや技術よりも体格勝負になる場合が多い。その体格で勝負してしまってはその先は見えてしまう。だからこそ、あえて小学生での好成績は無い方がいいのではないかと考えている。

結局なにが言いたいかといえば、楽しむ事は大事だけれども、それ以上に「強くなりたい」と強く考えられる選手が本当に強くなっていくんだと思う。

でも勢いで書いてしまったけど、途中から「スマッシュ!」の感想はどうでもよくなってしまったことには触れないでそっとしておいてもらいたい。。。

すまんこってす。サボってました。
モチベーションが下がっていたのも若干これが原因かもwww

恋の病で試合に集中できない奴がいるかどうかはさておいて、実際集中力というのは試合において大きく勝敗を左右する。

よくあるのは、極度の緊張による焦り。大会前に必ず数回トイレに行くとか、サービス時にシャトルを持つ手が震えてサービスが打てなかったりというのは珍しい話ではない。
それとは逆に、大会に来ているという状態がよくわからなくなってしまう事もあるようだ。試合になってシャトルは打ち返すものの、体は動かない、気合も入らないというように、まったく集中できない状態である。

大人や大学生にもなれば自分の責任になるだろうが、高校生までは指導者がうまく誘導してあげる必要があるだろう。現在のルールでは、コートサイドに指導者が立てる(座れる?)事になっている。試合に入る前にも、その子の特性を理解しつつ、緊張やだるさを否定せず、いい方向に持っていけるのもいい指導者といえるのではないだろうか。

少しでも自立させたいという気持ちもあるかもしれないが、最初にそれを手助けしてあげる事が自立をを早めていけることになるのではないかと思う。

もちろんダブルスの場合は、漫画に描かれていたようにパートナーが励ます方法が一番いいだろう。むかつくなら蹴り一発後ろから入れてやってもいい。リラックスさせたり集中させたり、方法は様々だろうが、コートで協力できる仲間として

「仲良くゲームする」必要はまったく無い

と思うが、ゲーム中は唯一の味方な訳だから、

都合よくパートナーを使ってやる

事ができれば、いい結果にも近づくだろう。パートナーの力を100%出せるように考えながら、自分でも100%の力を発揮し、それがお互い考えられるような余裕が生れれば、そこで初めてダブルスとして100%の実力になるのではないだろうか。


ちなみに、13日分は、まったく突込みどころがありませんでした。念のため。

BADNAVI様より

変な時期にトマス杯ユーバ杯やYOJやったりで、いまいち盛り上がらなかったような・・・。
来年期待。

スマッシュレシーブは、それこそきっちりと相手を見ながらコースを考える必要がある。今回は相手がストレートのスマッシュを打ってきた場合である。

考えられる配球として

1.ストレートドライブ
2.クロスドライブ
3.ストレート奥
4.クロス奥
5.ハーフ
6.ネット前ストレート
7.ネット前クロス

があるが、相手の特徴はできるだけ前半で掴んでおきたい。スマッシュを打ったときに前に詰めてくるのかこないのかだけでも大きく差がでてきてしまう。

1.ストレートドライブ
相手がいるところへ打つ事になるが、実際相手がいるという考えになる場合は少しレベルが低いと考えた方がいいだろう。打った後少しでもセンターへ戻る為、フェイントさえかけてあげれば有効になる。それが相手のバック側となれば、ストレートドライブ→前に詰める→そのまま甘く入ってきたのをプッシュ、という事も可能だ。しかし、若干レベルが低いクラスであれば、打った後そのままそこにいるという事もありえるので、その場合は違う選択肢の方が有効だろう。

2.クロスドライブ
いわゆる「切り返し」だ。どのランクにも有効であるが、下のランクでは、切り返しが怖くて、パートナーがスマッシュを打ってもサイドバイサイドのままの場合が多々ある。その場合はもっと有効な選択肢が出てくる事になる。もちろん打つ場合は、「前衛を抜く」強めのシャトルを。

3.ストレート奥
仕切りなおしの一発。攻めるような甘いシャトルがこなかった場合に。スマッシュを打たせる状況は悪い状況では無いので、このプレーができる事は有効なので苦手な方はしっかりと練習を。

4.クロス奥
クロスドライブが「前衛を抜く」だったが、これは「前衛を越える」ように打つ事。相手が前に詰めてくるなら有効だが、レベルが上がるときっちりこれを返される。だが状況は悪くならないので積極的に狙っていくのがいいだろう。やはり前に詰めてこない相手には無理に打つ必要は無い。

5.ハーフ
よっぽど前の方でレシーブできたなら話は別だが、真ん中でレシーブしてハーフに落としても、前衛に打たれるし前に詰めてこない相手にもスマッシュが返ってくる。やるなら、前衛に思いっきりフェイントをかけて逆をつくように使うしか。むしろ無理に使う必要は無いかと。

6.ネット前ストレート
前に詰めてこない相手には、とことんネット前に落としていくべきだ。甘いシャトル上げてスマッシュ打たせて前に落とせば相当点は取れる。とにかく相手を前半で判断して、前が空いているならとにかくストレートに突っついていく。例え前に詰めてくる相手でも、クロスリターンと併用しながらだと、そうそう前に突っ込んではこれない。一本調子にならずに散らしていければ、一気に攻守交替となる。

7.ネット前クロス
このプレーを、きっちりラケットを立てて(リストスタンド)できれば、高さ調節次第で一番有効なショットになるだろう。使いこなすまでが相当難しいが、ヘッドをしっかり立てるだけでフェイントに近い効果もあり、さらにタッチも早くなるので前衛が追いつかない。もちろん前に出てこない相手にも有効だ。とにかく前に落とす場合はプッシュされないことが一番なので、その為に配球に変化をつけつつ、相手をよく見ながら浮かないようにコントロールしていきたい。


相手によって戦術が特に大きく変わってくる。相手の得手不得手もあるだろうが、しっかり相手を見ながらコントロールして欲しい。

3
バドナビ様より

バドミントン選手がどんどん露出することは、どんな形であれ(極端な場合を除く)いいことでしょう。バドミントンでもそれ以外でも活躍を期待しています。

赤尾とか岩脇とかも、出てきてもおかしくないと思うんだけどなぁ。むしろ岩脇選手を応援したい今日この頃ではございますが・・・。

このページのトップヘ