バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

はねつき様より

管理人コメントにもあるように、変態だよ、タウフィック。


こいつが紳士だったらここまで魅力的な選手になったかどうかわからないけど、プレーも規格外。リンダンと比べてもセンスは圧倒的にタウフィック。その他の部分が微妙なもんだから試合で競るんだろうけど。

初心者からの脱却の一つ、とても重要なポイントとしてフットワークが上げられるのは誰もが思うことだろう。では、このポイントとはどんなことだろうか。

・フットワークのスピード
・ラウンド側へのフットワーク
・ジャンピングスマッシュ
・サイドへの飛びつき

上記は、覚えておきたいフットワーク技術の例だが、ここではその方法は挙げない。というのも、まず、これらよりももっと基本的な、且つ引っかかると抜け出せない罠のようなフットワーク技術が残されているからだ。それは、

「継ぎ足(シャセ)」

である。バドミントンの基本技術としてシャセはどの本にも載っていると思う。足を交差させる技術と共に、よりスピーディーな動きをする為、特にダブルスには必須の技術である。だが、これがどこにひっかかる可能性があるかといえば、

「根性」

となる。これだけでわかれば、それはたぬ吉の信望者だけかもしれないわなwww

この二つのキーワードが意味するもの、それは

「無駄を繰り返す根性が技術になる」

ということだ。
一番わかりやすいドロップの返球を例に挙げる。特にフォア側が顕著に表れやすいが、シャトルのスピードに合わせて足を出す選手は、もしそのシャトルが早くコートについてしまいそうな場合、届かなくても足を出してラケットで捕球しにいってしまう。これが大きな落とし穴である。本来、シャトルを打ち返すには、最低限必用な事はフットワークのスピードではなく、シャトルに届くまでの距離なのだ。この距離が届いていないうちに最後の一歩目を踏み込んでしまう行為は、それ以上の距離を伸ばすことができない。いくらシャトルが早く落ちそうだとしても、なんとか届かせようとするならば、まずは「距離」を考えるべきである。

つまり、シャトルが落ちる時、「ラケットを伸ばしたが距離が足りず届かなかった」よりも「シャトルの落下点までラケットが届いたが、先にシャトルが落ちてしまった」の方がはるかにマシという事である。

距離が届いているなら後は一歩目のスピード、そしてフットワーク自体のスピードアップ、ポジション取りの練習など課題が見えてくるが、時間に合わせてフットワークを合わせる選手に対しては、その距離を伸ばす練習を考えるしかない。これがクリアできなければ、いつまでたってもそのシャトルには届かず返球できないことになる。無駄とも思える2歩3歩目のフットワークが、繰り返すことによりレベルが上がり、そしていずれシャトルに間に合うようになってくる。

とにかくフットワークは、無駄でも何でも捕球しようとする強い意志がレベルアップを生む。足を出す恐怖心に勝ち、きしむ筋肉に耐えてこそ、よりレベルの高いフットワークが生れる。頭よりも体に染み込ませるもっともバドミントンでつらい部分、それがフットワークだ。

「ゲームは全力で(ry」

という知り合いがいたかどうかは定かではないが、度々いろんなスポーツでこんな話が出てくる。例えば高校野球予選で50対0の試合があったり、サッカーで8対0だったりと、有名スポーツでさえそんな試合が度々聞かれる。

「相手に失礼になるので、手を抜かずに最後まで全力で・・・」

等のコメントは教科書どおりといえよう。一発勝負のトーナメント戦なら、万が一があるかもしれないし、点差を付けておくに越したことは無い。リーグ戦であるならなおさら点差が先の勝敗を分けるかもしれない。結局のところ、建前は抜きにして大事な試合では手を抜いてなんかいられないというのが事実ではないだろうか。

だが、このような事例を普段の練習にまで持ち込もうとする人々がいる事がある。その人達に言わせれば、

「相手にとって失礼に当たる」
「手を抜かれているのは不愉快だ」

まあいろんな言葉をよく聞くものだ。
正直言わせてもらおう。

「こっちだって、楽しむために手を抜いているんだ。本気でやったらお互い楽しめないだろう。手を抜かずに楽しめるように早く上達しろ」

と声を大にして言いたい。ラリーポイントで21対0で勝ってしまう可能性がありそうなぐらいのレベル差でそれはないだろう。決めるポイントで決めないように球をまわしてやってるんだから、それを狙えばチャンスだって生れてくるはずなんだぞ、おい。

と、何を書いているのかわからなくなったが、結局のところはやりたくなきゃやらなきゃいいし、上達すればするほど、どんどん面白くなるスポーツですよ、バドミントンは、ってことですねwww

テニスとバドミントン、これを全然違うスポーツだと思う人はバドミントンやテニスをやったことがある人かもしれない。これをずっと突き詰めて考えていくと、結果的に同じ所に行き着くように思う。ついでに、球技であれば全て共通するようにさえ感じてくるのだ。


そう考えさせてくれたのが、タイトルの

教育テレビ「からだであそぼう」の中の、松岡修三テニスレッスン

である。熱心過ぎるて熱すぎて暑すぎる松岡修三は賛否両論あるかもしれないが、日本のトッププレイヤーに君臨しただけあり、さらにユーモアも取り入れながらの練習は、それぞれが勉強になる。

テニスとバドミントンの違いといえば、シャトルとボールの違い、それを打ち返す道具が違い、さらにその技術が違う。逆に、似ている点は、といえばそれは「下半身の重要性」と「強く打ち返す為のボール(シャトル)の位置」だ。

まずは下半身だが、これこそ全ての球技に共通する。ボールに力を加えるために様々な手段を取るのが球技だが、その中で一番重要なのが下半身の安定性である。下半身が体重をささえ、その体重をボールに乗せるという動作ができていなければ、力強いショットは生れない。バレーボールのレシーブは、ボールをコントロールする為に足を動かし、上半身だけのトスでは安定したトスは生れない。足がついてこないバスケのドリブルは簡単にカットされてしまうし、重心を低くすることによりいいディフェンスになる。テニスやバドミントンにおいてのそれは、ボールに力を加える為に下半身が必要になるのだ。

まずは移動手段として、ボールのところへたどり着くまで、そしてショットの瞬間の体重移動である。いわゆる手打ちでは体重移動が行われず、スピードが上がらない。安定しない。下半身でベストな位置にポジションを置けるからこそ、いいショットが打てるのだ。

さらにボールの位置だが、テニスは若干打点が下がるものの、体の回転を使って打つ為のポジションともう一つ、力を加えるためのボールの位置が酷似する。いわゆる「体の前でとらえる」ということだが、これは本当に重要であり、前でしっかりと捕らえるからこそ下半身からの力をボールに伝えられるのだ。


どうやら話が思いっきりそれたようだが、それらのトレーニング的なものを、小学生相手に熱血指導している。その指導方法は、まさにそのままバドミントンに生かせるものが数多い。ジュニアの指導法として「バドミントンに固執させる必要は無い」という考えがあるが、まさにその通りだと思わされた。とにかく一度見て欲しい。情報や練習方法、初心者へのレッスン方法などいろいろな面で生かせるのではないだろうか。

個人的にはあまり好きなタイプでは無いが、バドの指導なんてテレビでやるのはほとんど無いだけに、是非参考にしていきたい。

相変わらずプレーネタは少ないものの、最近の傾向について。

選手よりもうるさい親が大変多い。家族で応援するのは一向に構わないが、だからって選手より大声張上げて体育館の中でそれがこだましているのは本当にどうかと思う。ましてや、漫画に描かれているように、コートサイドまで降りてきてはしゃがれては相手選手も非常に迷惑だ。

学校やら同チームでの応援とは訳が違う。何、とは言えないが、聞いてても、選手としてコートにいても、審判としてコートにいても、本部で体育館内にいても、観客でコートにいても、本当に聞き苦しいく見苦しいのは身内の応援であり、同チームからの応援ではないのだ。

もっと選手を信頼してあげて欲しい。親がいるということは、その選手の逃げ場があるようなものだ。そんな事を繰り返していても選手としていいとは思えない。自分で考えて行動できない選手も多く、特に小学生で感情的な選手を多く見る。大抵は親べったりだ。せめて、応援は、マナーを守って、そして選手を見守りつつ、声援を送ってあげて欲しい。

選手としてがんばっている姿を見るだけで、もうそれで充分じゃないですか。。。

このページのトップヘ