バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

もうほとんどの試合がラリーポイント制になってきたと思うが、徐々に進め方が理解できてきたように思う。最初こそなかなか慣れなかったが、気が付いたポイントを記していきたい。

1.離されないようにする
5点差が大きい。それが5-0ならなんとかなるかもしれないが、15-10となってはかなり厳しい。先に離す、もしくはせいぜい2点差で踏ん張る事が必要

2.インターバル後に集中していく
10点前は、単純なミスによる失点を取り返すチャンスがあるが、インターバルを越えたらそれが許されない。

3.サービスが重要
前々からわかっていたことだが、サービスは本当に重要だ。プッシュされないように、且つ攻め易いように。

4.サーブレシーブも重要
あたり前といえばそれまでだが、例えばロングサーブをスマッシュ、ネットにひっかけるといったような、相手に点を上げる行為は避けるべき。無理をしないように。

5.博打的な攻めは×
以前、2本ミスっても3本決めるような人が強い、と書いたが、それがどうも通用しない。きっちりとした攻めをして、それ以上に守ってミスを減らしていく必要がある。


以上のことを踏まえて、最近もっとも大事に感じるのが「精神力」だ。集中力も含めてだが、例えばミスして落ち込み、決めて喜ぶ。こういった選手は、もしかするとラリーポイントに向いていないのかもしれない。厳しい時に力が入ったりすると、難しいシャトルを打ちにいってミスしたりした場合に、取り返すチャンスはまったく無い。以前ならこのミスから立ち直ってもう一度きっちりと、という考え方があったが、その考え直すポイントの猶予がまったくないのだ。非常につらい。集中力を切らしてしまう選手も同様に、取り返すチャンスが与えられないラリーポイントは向いていないだろう。

最初から集中力を保ち、淡々と練習してきたことをこなすプレイヤーがこのポイント性には向いているのかもしれない。

トップアンドバックについて書いてあったので、それについて考えてみよう。通常は男子ダブルス女子ダブルスでは極端なトップアンドバックになるペアはほとんど無いだろう。「ミックス」との声もあがったが、今ではレベルが上がるにつれて少しずつミックスのトップアンドバックも少なくなってきている。これには女子選手のレシーブ力が必須となるが、そうなったのは男子が後ろでさばききることが難しくなってきたことによる。ラケットの質の向上もあり、スピードアップされてきたバドミントンで極端なトップアンドバック維持は成立しにくい戦略となってきている。

ただ、仕方なくそうとるしかない場面もある。それは、本当にパートナーが極端に弱い時と、捻挫、痙攣等により負傷してしまった場合である。動けない選手を前に置いて後ろできっちりとカバーする方法をとって1ゲーム先取したことを考えれば、パートナーがそれだけ上手かったか、もしくは対戦相手がとるにたらない相手だったかのどちらかだ。カウントを見る限りでは上記は考えにくい。21-8はビックリするほど差がある。バドミントンプレイヤーじゃない人はバレーボールを思い出して欲しい。よっぽど弱い相手だったとしても、20点弱まではとっていると思う。相当実力差が無ければこの差は実現しない。


しっかしこれは個人戦?団体戦?コールのされっぷりを見る限りでは個人戦か。ただ、第一シードかどうかは2週間ぐらい前には組み合わせがでているわけで、まさか高校生が第一シードの意味をまったく知らないとは考えられないわけだが。。。

その第一シードが相手トップアンドバックで21-8(だっけ?)、どんだけレベルが低い大会なんだか。弱い主人公と強い相方のトップアンドバックを相手にそのスコアはありえない。すげーうまい主人公ペアだったらまだしも、ちょっと設定に無理があるように感じるのは私だけだろうか。その第一シードも、取られた監督が冷静にアドバイスしているのも変な話だ。第一シードをとるような学校なら、もっと焦るなり、少しでも声を荒げてもおかしくない場面。冷静にしようとするのが上位の監督かもしれないが、ここはきっちりと活を入れる場面だろう。そんなアドバイスじゃ2ゲーム目ももっていかれる。

主人公の「こんなのダブルスじゃない」という気持ち、よくわかるが、「ダブルスやったら試合にならねーだろ、ボケカスが!」と反論されるのが本当のところなんだろーなw

週間少年マガジンで卓球の漫画始まった。


あれ、面白い?面白くない?

卓球ド素人の俺だけど、へぇ〜、卓球ってこんなテクニックあるんだぁ、こんだけ厳しい練習しているんだなぁ、がんばれちっちゃい奴(よく見てないから名前までは覚えてないがwww)、うまくなる為にこんだけの練習を卓球でもしてるのか、・・・・・

もちろん俺少数派かもしれないけれども、あの漫画が卓球をやっている人から見たらどう思うんだろうって考えたりするし、例えばスラムダンクだって「あんな高校生いねーよ」って言っておきながらもバスケ選手ももちろんそうじゃない人も熱中したもんだ。あの漫画をスラムダンクあたりに比べるのは酷かもしれない(スポーツの普及率から考えて)が、それにしたって同じスポーツ漫画として並べられると思うんだよね。

ほとんど同じ時期に始まって、球とラケット、何回描かれている?もし、何も知らない人が読み飛ばしたとして、その人には何の漫画として残る?少なくても大和にはそれがあった。ほとんどのスポーツを題材にした漫画にはそれがあり、スポーツ漫画が好きな人にはそこがツボだと思う。

よっぽど「スマッシュ!」よりも、マガジン巻末の「もう、しませんから。」の方がバドミントン漫画だったよ、ほんと。


こんな辺鄙なとこでうだうだ書いてもストーリーは「たまたまバドミントンをしちゃってるラブコメディー」は変わらないと思うが、これからもあくまで「生暖かく」見守っていきたい。こんちくしょー。

日本バドミントン協会
日本バドミントン協会掲示板

ぐだぐだなわけでして・・・。これじゃバドミントンがメジャーになる日なんてこないだろーな。メジャーまではいかなくても、マイナーなままでも盛り上がる競技になる資質は絶対あると思うけど、広めようとする気がまったくないらしい。

結局このホームページって、広報の方が勝手にやっているだけで、日バの息がかかっていない状態。つまりはたぬ吉が「日本バドミントン協会のホームページでーす」と勝手に作っているのと本当に大差無いわけだ、マジで。

作っている人は「ボランティアでやっているようなものだ」と思っているんだろうけど、日バのページとしてやる以上はせめてドメインは取得しなきゃならないだろうし、日バとしての発表内容をきっちりと伝える必要はあるだろうが、見てわかるように、管理人さんが勝手に得た情報を勝手に日バのページとして流しているだけだもんね。そりゃ問題もでてくるし「解答できる立場にありません」とかいっちゃってるし。回答できる立場に無いんじゃなくて、日バなら回答しなきゃいけない問題でしょうに。役員にも入っているんだから、もっとしっかり対応するべきでしょうが。

上がそんなこんなで好き勝手やっちゃうもんだから裾野が広がるわけも無く。管理人さんの作っている「ブツ」を日バ推奨として押し出すことすらできねーんだからさ。結局、あのホームページを「閉鎖」したって、誰からも文句言われる筋合いが無い、今のあのページはそんな状態で動いちゃってるわけさ。

なんとかしなきゃなんねーんじゃねーの?

ヨネックスオープンジャパン、無事終了した。坂本、池田組の大健闘は本当によかったが、結局小椋潮田の敗戦の方が大きく取り扱われたのは言うまでも無いだろう。

唯一無事じゃないとすれば、それはタフィック対リンダンの男子シングルス決勝だろう。
簡単に言えば

「ファイナルの21-3はありえない」

お客さんは金払って見に来ているのに、個人の気分(試合を見ていないのでなんともいえないが、怪我等の情報が無い以上、そう考えるしかない)でゲームするのをサボるなんて、それこそバドミントン人気が上がるわけが無い。せめていいプレーを見せて欲しかった。

といっても、これがラリーポイントの特徴であるのをお気づきだろうか。旧ルールであれば、例えば3ゲームともセッティング、もしくはそれに準じたスコアであることもよくあったことだ。しかし、このラリーポイントになってから、「無駄なファイナルゲーム」が増えている。ちょっと点を取られたら、もう次に勝負をかけるしかないようなゲームが多数ある。今無い流れが、ゲーム終盤で来たところで巻き返しは不可能であり、そういう試合を捨てるという意識を感じられる試合が大変多いのだ。以前も書いたが、

21-14
11-21
21-12

こういったマッチが本当に増えている。旧ルールで言えばこのカウントは、

15-9
7-15
15-8

ぐらいだろか。もしかしたらもっと点差は開いているかもしれない。それがいわゆる「諦め」であり「戦略」へと繋がる。追いつく可能性の低いゲームは早い段階で捨てて、次のゲームで勝負していくという戦略は、今後広がっていくかもしれない。

だがもう一度いいたい。


「ファイナルの21-3は戦略でもなんでもない。故障でないならただの手抜きに過ぎない」

このページのトップヘ