バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

こう暑くなってくると、

「昔は水なんて練習中飲めなくて」

という話が必ず出てくる。これを読んでいる人の年代はわからないが、練習中は、まったく水分なんて取れなかった。わずかな休憩時間に、必死にコ汚い学校の水道蛇口に吸い付いたもんだ。

もちろん、今ではそんなのご法度。水分補給の理想は、普通の成人の体格で、運動前に500ml、運動中は10分おきぐらいに細かく補給、1試合で1l以上の水分補給が必要となる。暑ければさらに多量の水を要する。同時にミネラルを補給する。

等、体のためを思えば理想な水分補給は試合進行の妨げになるように思えてくる。いかにして水分を取るか、もこれからの大会で必要な知識かもしれない。

県レベルではそうそう無いだろうが、全国大会になると、汗すらふかせてもらえない場合があるのをご存知だろうか。試合の流れの妨げになると主審が判断した場合、「袖で拭きなさい」と指示が出されてしまう。汗もふけないのでは、水分補給など無理なのだ。新ルールになるとインターバルがこまめに取れるようになる替わりに、ますます汗拭きが厳しくなる。

確実に汗をふける方法としては、真摯な態度とそれ相応の演技力が必要である。まずは転ぶ。汗が床につけば拭かざるを得ない。線審がいる場合は、だいたい線審がタオルを持っているはずである。線審に拭いてもらう間に、きっちりと水分補給を済ませる。ひどく転べばモップが必要になる場合もある。これらも、やりすぎれば「足で拭け」といわれる場合があるから注意が必要である。
次に、私はこれだけ汗をかいているんだ、とアピールする方法である。手で汗をぬぐい、主審にその手を見せる、拭かせてくれ、と上目遣いでお願いする。それで駄目なら、グリップ部分を見せる。もうどうしようも無いんだと、しっかりアピールする。これではラケットが飛んでしまう、とお願いする。

話がそれたが、そのような水分補給、ジュニア世代には、どうも休憩時間と錯覚してしまう子が非常に多い。いわゆる「根性」がなかなか育たないのが現状である。昔は環境がそんな感じだったが、今では体を大切にするあまり心がなかなか育たないようである。

忘れないで欲しいのは、気持ちもしっかりと鍛え、体も大事にする、両立することが絶対に重要であることをしっかりと考えて欲しい。

ジュニア世代は、まさしく1から育てていく世代である。その中で教えていかなければいけないものは、それこそ上げだしたらきりが無いので適当にあげてみようと思う。

心系
・集中力
一つの羽に集中する力。練習も、これ次第で練習時間が同じでも中身が
全然違ってくる。
・礼儀
いろんなところで今は欠けていると言われているものがこれ。ネットを
くぐらない、ネットにかかったシャトルは積極的にとりにいく、ゲーム
をする時は、しっかりとカウントを取る、等ルールではないルールが昔
はもっとしっかりあった気がする。全てがいいとは言わないが、必要な
礼儀はしっかりと残していって欲しいのだが。。。
・負けん気
勝つ為には必要不可欠。これが無い子はなかなか伸びない。負けたら次
は勝ってやる、その為に練習をしっかりやる、そういう循環がレベルを
上げる。
・落ち着き
負けん気とは多少逆位置になるが、自分のおかれている状況判断、これ
がわかるとゲームが有利に進む。
・考える力
なぜ勝てたか、なぜ負けたか、なんでうまく打てないか、とにかく何で
も考えるという事が大事。うまくいかない事だらけなわけだから、それ
を少しでも良くするためにはどうしたらいいのか、と思う力があれば、
指導者はそれを導いてあげるだけでいい。これが無いと、導こうとも、
ついてこない。むしろ方向がわからない。

体系
・瞬発力
バドミントンに限らず、いわゆる運動神経、反射神経を伸ばす。将来の
伸びしろが、これによって大きく左右される。
・体力
動く力である。あえて筋力と書かなかったのは、筋力=筋トレと結びつ
けてしまうから。小学生に筋トレはまだ早い。練習を集中してできれば
充分である。
・持久力
必要最低限の持久力はあるべきだ。マラソン的なものと筋持久力の両方
が必要だが、実際は練習と普段の遊びで身につくものと考えている。
・技術
細かい技術練習の必要性は、今急速に高まっている。小学生のスピンネ
ット等昔は考えられなかったことが今では当たり前になっている。特に
指導が必要なのは、フットワークの足の運び、バックハンド、ハイバッ
ク、ネットあたりが、教えられないと難しいものだろう。


大雑把でこんな感じだろうか。これ以外にも必要なものはいくらでもあるだろうが、気が付いた時点で補完していきたい。クラブの目標によっても大きく変わってくるが、少しでも参考になればと思っています。

ジュニアの定義は難しいが、今後日本を支えていくプレイヤーを育てる為に、というと大げさかもしれないが、バドミントンプレイヤーを増やすためにも、ジュニア世代の育成は大切である。

ここでは、「ジュニア」を小学生として捉え、その指導方法について綴る。

考察3で、ショートサービスレシーブについて触れたが、今回はロングサービスである。

ショートよりもロングが難しいというのは、ショートの場合はあなたが基本は前衛になるため、動いた方向をパートナーが理解し、ポジションを判断できる。前に詰めたのなら後ろをカバー、後ろに下がってきたなら逆方向のポジションへ移動しサイドバイサイド。だが、これがロングサービスになると、あなたが何を打つのか、それによってパートナーがどう動くのかが判断しにくくなる。意思疎通、もしくはダブルスの基本がわかっていれば問題ないが、これがレディースとなると話ががらっとかわってくるのだ。

ロングサービスをクリアでリターンする。これは、おそらくそう揉めないはずだ。打った後、サイドバイサイドになる。問題は、スマッシュ、ドロップ等前こちらが攻めた場合である。

前の記事で、「攻めたらトップアンドバック」と書いたと思う。それをあてはめるならば、ロングサーブのリターンを攻めたらパートナーは前へ行くべきだ、と私は思う、のだが、これが一概にそうならないレディースの人が大変多い。

「打ったんだから自分で前にいきなさい」

という考えである。つまり、

後ろで打った

私はあなたが打つなんて思わない

だからあなたが打った後に前に拾いにいくべきだ

安易な考えであるが、これが蔓延している。つまり、ロングサービスをレシーブする際、スマッシュを打つ行為を否定しているも同然である。スマッシュを打つ意味が無くなってしまうのだ。

これからローテーションの話をする時にも度々でてくると思うが、パートナーが打つ、もしくは打てる可能性があった瞬間にはパートナーは前に詰めて、次のシャトルをきっちり前で処理するべきである。もしそこでクリアを打ったなら、その時初めて後ろに下がればいいだけのことである。

試合中に、もしこういう考えの方と組むようになったなら、あなたはスマッシュを打ってはいけない。せいぜいドロップとクリアを中心に、甘いシャトルを待つしかない。あなたにとってはパートナーは間違いかもしれないし、パートナーにとってはあなたの考えが間違っているかもしれない。うまくやる、とはそういうことでもある。それがレディースは難しい・・・。

もし、サイドバイサイドを中心に組み立てたいのであれば、とにかくリターンはクリアである。これで相手を追い込めれば、前でのプッシュは容易だ。打てるのであればきっちりと打って、パートナーに前で決めてもらう、ドロップはそのスマッシュに少し織り交ぜるだけの方がいい。読まれてしまっては必ず詰められてしまう。このような戦略が立てられるのは、パートナーと考え方があった時だけである。

パートナーの力量と考え方をしっかりと見極め、考えながら打つ、もしくは打たない事が必要なのだ。

ショートサービス、ロングサービスの記事を踏まえて、今回はサービスレシーブである。

実はサービスも含め、これまでと大きく変わっているのが、大幅なルール改正である。人によっては改悪と取るかもしれないが、替わってしまった以上、ルールにあわせたプレーは必要だろう。

今までは、サービスレシーブを慎重に、というのが一般的だった。なんせ一本のミスで点が入ってしまうからだ。これからのラリーポイント制では、サーバーだろうとレシーバーだろうとまったく関係無く点数が入っていく。これをどうとらえるかで戦略は大きく変わる。

まずはポジションであるが、ロングサービス、ショートサービス全てに対応できる位置を取らなければならない。さらに、その位置の一番前、それが構える位置なのがベストと思われる。そこから、相手の特徴(ショートとロングのどちらが多いか)により位置をずらす。その考え方でいけば、例えば一般男子だとサービスラインぎりぎりに構える事ができるが、レディースではそこまでのフットワークが無い為、きっちりとカバーできる中間より少し前目の位置になる。もちろん、練習により、できるだけ前に構える事ができるような練習は必要である。甘えてればずっとサーブレシーブは後ろから返すだけになってしまうのだから。

次に、ショートサービスの返球について綴っていきたい。ショートサービスが来た時に、まずは、あなたにそれが決められるかどうかを選択しなければならない。何が一番まずいのかといえば、それは「中途半端なリターン」だからだ。少し甘いシャトルが来た時に、つい速いシャトルを返したくなるが、これはどのプレーにもいえることだが、

「速いシャトルを打てば、早くシャトルは返ってくる」

のだ。つまり、甘いシャトルを中途半端につっついたとして、それをクロスにリターンされた場合に拾いにいける人がいるかどうか、ということである。基本として、レシーバーよりもパートナーは後ろで構え、ショートサービスはセンターよりもコートのサイド側に飛んでくる。それを前に動いて突っついて、尚且つ決められなくてクロスの前に落とされた場合、これを取りにいかなければならない。せいぜいしっかり上げられるかどうかの問題となり、そのまま相手にプレッシャーはかけられない。攻めているつもりが、実は守るしかなくなってしまっているのだ。だったら最初から、きっちり上げた方がいい。だが、プレッシャーをかける意味でも、甘いサービスは突っ込んで上から勝負にいくべきである。そのプレーは、指導者がよく「柔らかく」と表現するプレーである。サービスをできるだけ上で捕らえ、シャトルをスペースに運んであげるイメージだ。サーバーとそのパートナーの中間だったり、逆にサーバーが反応できていないのであれば、ネット前でも構わない。自分に余裕を作り、さらに相手にプレッシャーを与えるプレーが必要である。
もちろんそれが成功した場合、もしくはヘアピン等にいった場合はトップアンドバック、挙げたのであればサイドバイサイドである。


ではロングサービスの場合はどうだろうか。これがレディースにとっては選択が難しいプレーの一つである。可能なプレーとしてスマッシュ、クリア、ドロップあたりが考えられるが、パートナーの考え方一つではぷれーを制限しなければならないのだ。

長くなってしまったので、続きは続編を。「ロングサービスのレシーブについて」を熱く語りたい。

このページのトップヘ