バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

やったね^^


頑張りました。

やはり最後の二日間はきつくなってしまいました(自分が)。
無事ではありますが、右半身の腰から膝裏までの激痛があり、他の箇所の痛みがよくわかりません。
最早無事と言っていいものかどうか。

ただ、自分の大会出場と違って全力でスマッシュを連発するような事は無かった為、上半身、腹筋背筋あたりは比較的ダメージは無さそうです。最も堪えたのは、シングルスの練習相手でしょうか。つくづく、ここ数カ月は相当さぼっていた事を実感してしまいました。

コートに入れば他の選手を見られない、だからできるだけコートに入らず、声かけをがんばった事が、弱体化に繋がったのでしょう。やっぱりメリハリをつけて、自分の為にもちょっとはコートに入らなきゃならんな、と思ったわけで。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

いつまで選手の相手ができるかわかりませんが、その期間、少しでも延ばせるようにがんばっていきたいと思います。



やっぱりここは気になるものです。



パートナーにロブかクリアが上がり、スマッシュを打ってくれる場合の前衛のポジションと守備範囲を図にしてみました。


まず最初、結構後方に押し込まれた位置からのスマッシュです。
1
後方からのスマッシュだと、クロスへの切り返しも含めて前衛は考えなければいけません。スマッシュを打った選手は体勢が崩れる為右奥のカバーは難しく、前衛はそこまでを考えて構える必要がありますが、当然前もフォローしておかなければなりません。この一本で点を取るのが難しいパターンになります。



次に、相手のショットが甘かった場合。
2
守備範囲が逆になっています。この場合は、打ったパートナーに前に突っ込んでもらう為に前衛を空けるプレーです。位置がハーフ付近なので、打って突っ込んでもらう方がいい場面です。図より後方にポジションを取っておくと、さらに前に詰めやすくなるでしょう。


最後に、極端なパターン。
3
ハーフでスマッシュを打っているにも関わらず、前衛が前に詰めています。これは、パートナーのスマッシュが強力で、相手がリターンをまともにできないはず、との予測からのポジション取りです。男子ダブルスではよくある形ともいえます。ネットに逃げる羽根を絶対に逃さない意思表示ですが、もしこの範囲外に羽根がくれば、それは打ったパートナーのスマッシュが悪い、もしくは前衛の判断ミス、ということになるでしょう。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

返球の予測が立てられれば、ポジション取りがわかりやすくなります。パートナーも動きやすくなるでしょう。こういったパターンの瞬時の選択がダブルスのポイントになります。


私の地域では秋休みがあります。



小学生は関東予選、中学生は新人戦があり、その時期にこの秋休みは練習にもってこいの休日。
とは言っても社会人にとっては普通に平日なわけで、練習を突っ込めるのは学校の部活ぐらいなもの。仕方なく無理矢理休みを合わせたりしてこの時間を使いたいのですが、、、、、

6日 9:00-12:00 16:00-21:00
7日 9:00-17:00
8日 9:00-17:00
9日 9:00-21:00
10日 9:00-21:00

こんだけやったら虐待に近いなんて思われるかもしれませんが、違うんです。私の予定であって各選手は練習時間はそんなに多くは無く、複数クラブ、そしてレベル別の練習を入れていったら、こんな事になってしまいました。正直ここまでは初。身体が持つかどうかですが、移動時間も含めて休憩しながらなんとか頑張りたいと思っています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

もし更新が1年無かった時は察してください(笑)




もうこれでいいかな。



いろいろと探し回りました。
Y社はどうしても割高。
安価シャトルはどうしても耐久性、品質が劣悪。

でもって、結局これにしました。確かにネットでも話にはちょくちょくあがっていたので気になってはいたのですが、これの欠点が、1箱単位でしか購入できない事。

つまり、試せない。

試すのが遅れてしまった理由はこれにありまして、今年の春ぐらいに初めて購入してみました。


結論、しばらくこれでいいかな、と。
1打の価格も割安シャトルと変わらず、耐久性は、ニューオフィシャルには劣るけど、しっかり基礎球からノックまで回す事ができます。

クラブ員が増えて使用量が増えたので、今のところは欠点も気にならないぐらいになってきています。

10打を購入するのは大変かもしれませんが、一度買ってみる価値はあるので是非お試しください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


但し!、これからの季節はシャトルが壊れやすくなる季節。決して夏の感覚でシャトルの耐久性を確認しないようにしてください。どのシャトルも一緒ですが、秋から冬、シャトルの消費が一気に増える時期です。注意してください。





大人バドでの基礎打ち時のプッシュ練習で気づかされたこと


ブログ村で記事をみかけて、これは書かねば!って思いまして。

基礎打ちというと、決められたショットを打ちあうものですが、その意味、大きく分けると3つに分かれます。

1.アップ、準備運動
2.技術練習
3.応用練習

まず大事なのは、パートナーとの共通意識を持って基礎打ちを始める事です。上記ブログでも指摘されているように、こっちは応用練習をするつもりなのに、相手はまだ準備運動ってことになっては、基礎打ちになりません。相手と話す事もいいですが、ほとんどのところでは打ちあいながら探り合っている事の方が多い気がします。

では解説。

1.アップ、準備運動
軽くストレッチ等で体を温めた後の1球目、これから羽根打ちを始める感覚づくりがこれにあたります。基本的には大きな動きは少なめ、1点返球になる事が多いです。打つ時は、下半身や上半身の動き、ラケット面の角度やインパクトに意識を強く持ち、自分と対話するように羽根打ちを進めます。
基本的には羽根は下に落とさず、ずっと打ち合っていられる状態がいいでしょう。

2.技術練習
例えばドロップ練習の時に、苦手なリバースカットを練習するとか、ロブではディセプションをかけたり、プッシュではバックハンドプッシュの練習をしたり、試合でできるようになりたいショットを重点的に練習します。パートナーには「ドロップバック側に出して」とかお願いすると、自分の思うような練習が進めやすくなると思います。

3.応用練習
技術練習をより実践的にしたものがこれになります。
具体的な例を上げると、
・ドライブでは、最後に前に詰めてプッシュで決めて終われるようにする。
・プッシュ練習では、レシーバーは前衛を抜くように早いレシーブを心がけ、アタッカーは相手の膝もとにプッシュをコントロールする。
・ドロップでは、低いロブ、高いロブを半面を広く使って相手を振り回し、相手から返球が甘ければロブでは無くプッシュする。
・スマッシュでは、レシーバーは全部後方へ高いロブを返球し、アタッカーは相手のレシーブミスを誘うようなスマッシュを打ち、最後はネット前に詰められるようにする。
・ヘアピンは全てスピンをかけて、できるだけ相手に返球させないように打つ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

このように、基礎打ちといっても様々な練習が可能です。
クラブによっても個人に寄っても違う場合がありなかなか難しいところですが、深く考えず、相手の様子を見て羽根を出せるといいと思います。わからなければ聞いてしまう方が手っ取り早いでしょう。


意図をもって練習するのは上達の近道。いろいろな基礎打ちができるといいですね。

このページのトップヘ