バドミントンぷれいやーず

【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

バドミントン用品の「ROOM」 




別館:https://bpstanukichi.blogspot.com/
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】
相互リンク
Flashscore https://www.flashscore.co.jp/ badminton



レディースの方への愚痴みたいになってしまっているが、本編はもう少し先、ついでに、いいところを書いたところで何も面白くない。もうしばらくお待ちを。

レディースの方の特徴の一つとして、

「そんなのやったことない」

という言葉をよく聞く。やったことない、は、やってないんだから、やらなければいつまでたっても「やったことない」から進歩が無い。まずは、我慢してやってみて欲しい。
そういったプレーで多いのは、

・バックハンド一般(ドライブ、レシーブ等)
・クロスネット

が比較的多いだろうか。
バックハンドストローク、これは、意図的にやらなければ絶対に身につかない。多少の失敗ではめげてはいけないし、一朝一夕で身につくものでもない。グリップの持ち替えはそれほどまでに難しく、敷居を高くしてしまっているが、これはバドミントン、特にダブルスをやっていく上では必須といってもいい。それほどまでに重要なストロークだが、苦手意識の為に手を出させない方が多すぎる。コツは本編掲載予定だが、そんなことは待たず、とにかくやってみて欲しい。

クロスネットは、プレーの選択肢の一つとして、それと、これができるようになるとプレーの幅が極端に増える。それは、フットワークが必要とされるからであり、そこからさらに発展していく。できなくてもいいかもしれないが、それでも、クロスネットができるぐらいの位置、時間でシャトルに入ることが重要なのだ。分からない人は読み飛ばすように。これから少しづつ、そのことについてはでてくると思う。

もう一つ多いのは

「レディースの人はそんなプレーしない」

愚問である。そんなことだから上達が遅れる。速いシャトルを見れば、それより遅いシャトルに対応できる。厳しいシャトルが追えれば、いろいろなシャトルが拾えるようになる。いろんなフェイントに対応できれば、そうそうフェイントにひっかからなくなる。技術とはそういうものであり、自分からレディースという蓋をしてしまっては上達は見込めない。

うまくなりたいのか、バドミントンを楽しみたいのか、運動の為だけにやっているのか、いずれにせよ、上達を目指すという向上心は必ずもっていなければならないのではないだろうか。それを持っていれば、上記は理解していただけると思う。できなくてもいい。やってみる、挑戦してみるということが、とても大切なことなのだ。

暑い・・・

最初はいろいろとあーだこーだと適当に考え方についてを書いていく事になるでしょう。いきなり技術的にしたとしても、

「こいつ何考えているんだ」

と思われかねない。いろいろと御託を並べた上での技術論であれば、「馬鹿が何いってんだか」と聞き流せるだろうし、少しは納得してもらえる個所もでてくるかもしれないし。

バドミントンなんて、結局マイナースポーツであるから、コーチ法なんて、それこそ腐るほどあるわけで。そんな中、このインターネットで情報を収集する人々の、ほんの一握りの人に役立てるなら、と考えている次第でして。


何はともあれ、「もう小泉はほっといてやろうよ」というたぬ吉が、今後ともお送りして参りますので、よろしく頼みます。>ALL

上達への近道として大切なファクターであるのが「楽しむ」ということである。では、レディースの方にとって、楽しむことがどういうことであるかといえば、それはそのままゲームをする事に繋がる。

小中高生よりも、人の付き合いが難しくなってしまうのはどうしてもしょうがないこと。なおさらゲームで嫌に思われたくないと思うものである。とりあえず細かい技術は抜きにして、ローテーションに少し触れてみたい。

ローテーションとは、ダブルスのゲームをする時に、お互いが協力して自分のコートを守る、もしくは相手を攻める時にお互いがポジションを変えながらプレーする事であるが、実はこの考え方というものが、厄介なことに人によって様々である。覚えたローテーションが、別な人ではまったく役に立たないという事は、プレーすればするほどでてくるだろう。

ということで、まずは基本、大前提を覚えて欲しい。

1.上げたら(クリア、ロブ等)サイドバイサイド
2.攻めたら(ヘアピン、スマッシュ、ドライブ等)トップアンドバック

これは、必ずどのクラブでも教わるであろう。だが、そこは、よく考えてもらいたい。それは、

「なぜそういうことになるのか」

である。
ローテーションでは、シャトルを落とさない、シャトルを決めるという事を考えていかなければならないが、どういった場面でシャトルが取れなくなってしまうのか、どうしたらシャトルを決められるのか、というところまで掘り下げてみたい。

まず、シャトルが決められてしまう場面だが、1の「上げた」場面を想像して欲しい。あなたなら何を打つだろうか、スマッシュ、クリア、ドロップ等が考えられるわけだが、これを全て返せるポジションが「サイドバイサイド」になる。
2では、どうしたらシャトルを決められるか、という事を考えていく。強いシャトルがいけば前に落ちてくるシャトルが増える。相手に体の下側でシャトルを触らせれば、必ずこちらのコートに帰ってきた時には上向きとなり、それを打つにはサイドバイサイドよりも、トップアンドバックの方が有効である。

では、
「クリアを打ったが、相手がスマッシュを打ってきそうも無かった。」
この場合どうしたらいいだろうか。
これは、そう判断したのであれば、前へ詰めるべきである。スマッシュがこなければ、ドロップもクリアもトップアンドバックで処理できる。より攻撃的なダブルスをするのであれば、処理できるならサイドバイサイドよりトップアンドバックを選択するべきだ。

ただ、これをより安全に、と考えるのであれば、サイドバイサイドでもまた真である。サイドバイサイドの方が守れる範囲は確実に増える。のであれば、無理に攻める必要も無い。

つまりは、考え方によってローテーションの方法は変わり、人によっていろいろな考え方がある、という事を理解していかなければならない。だが、大前提にはのっとるべきであり、あまりにそれから外れるようであれば、よく考え直す必要がある。

それを、組む人によって考えていかなければならないから、また難しいのだが。

細かい内容については、後日に細かく触れていきたいと思う。

これから始めようという方は特に、経験者の方も少しは該当するだろうか、兎に角一番大事な事、これだけは頭において欲しい。

【アドバイスは絶対ではない】

レディース所属の方だけの事ではないが、これがレディースになると格段と重要性が跳ね上がる。レディースのクラブというのは、大半がそれぞれ仲間内だけで練習している。コーチを頼むところもあるだろうが、ほとんどは前者ではないだろうか。そんななか、初心者のあなたが教わる人は、そう、あなたと同じ、元初心者である。今のバドミントンコーチで、きっちりと指導者資格を持っている人はほとんど皆無であり、レディースの方ならなおさらである。あなたは、他人の経験を元に育てられることになるわけだが、その人は、果たして正しい知識を持っているだろうか。

基礎練習から始まり、ゲーム練習に入り、「こうラケットを振って」「こう動いて」としばらくは言いつづけられるだろう。ただ、あなたはその時、100%を信じてはならない。そしてさらに、信じているように見せなければならない。

前述したようにレディースのクラブは楽しむことが前提である。仲間と楽しくやる為に、多少嘘をついてでも、「はい」と言わなければならない事が続くのである。

では何が正しいのか。それは、皆さんの経験の中で正しい情報を見つけて欲しい。だが、これだけは忘れてはならない。「三人寄れば文殊の知恵」ということわざはあるが、実際は、間違った考えを持った人が集まったところで、そこに正しい答えはでてこない。自らが学ぼうとし、その場に足を運ぶこと、本、ビデオ等なんでも構わない、正しい答えを見つけようとすることが重要である。

・レディース連盟
そういう連盟があって、それに所属する人は、レディース連盟主催の大会に出られる。
これが、結構特殊な連盟であり、目的が「勝利」ではなく、より「楽しく」バドミントンをしていくことを目的としている。そんなわけで、この連盟主催の全国大会はあるが、それが「県別対抗」と「チーム対抗」に分かれ、県別対抗戦では、当連盟以外の全国大会に出場した選手は5年間出場できない。少し前まではそれが10年だった。さらにチーム対抗戦では、いわゆる学生時代の経験者は出場すらできない。そして、この大会で優勝した選手は3年間、3位まで1年間出場できない。
これらを考えれば、いかに「楽しむ」という部分を強調した連盟であることが分かっていただけるだろうか。


レディース連盟に所属する人にもいろいろな方がいて、とりあえず家庭も一段落したし、体を動かす為に始めた人だったり、中には実業団選手で引退後、5年の猶予を経て県協会のお偉いさんから借り出される人まで様々である。

このカテゴリでは、一応特殊な例を除き、これから初める人、それに順ずる人を対象に書いていくつもりである。いろんな考え方を知り、皆様の技術向上に役立てて欲しい。

このページのトップヘ