バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

討論、ってほどじゃなかったw


競技者、ってのとも実は違って。

最近整骨院の先生とお話する機会がありました。先生は野球専門との事。
やはりバドミントンにも生かせるものは結構あって、特に共通しているのはコアとなる股関節や肩甲骨の使い方、そして床の蹴り方等。とても有意義なものでした。

先生の立場は、どうしても営業。だと思う訳ですが、それをほとんど感じさせない話し合いとなった事がとても助かりました。そうして頂ける事で、逆に身体の不調時に選手をその整骨院へ進めやすくなるというものです。今では結構高校等では1日いくらかで選手のメンテナンスを頼む部もあるようですし、大会に帯同してもらう事も。そこまではどうかと思いますが、怪我の防止、そして体の使い方をバドミントンではない別視点から見てもらえるのはやはりメリットはあると考えています。

特に今、子供医療制度のおかげで、広い地域で無料で病院にかかることができる事が多く、選手の怪我へのフォローがとても早くなった気がします。病院通いが癖になる事は問題ですが、早めの異常の察知から早いフォローができるのは、私が小さかった頃はできなかったこと。選手の為にはとても良い事だと思います。

強く蹴りだすのに拇指を使うのもやはり共通ですが、その使い方や力の入れ方、調整方法等も知らない情報が多く、少しでも選手に広げていければと思っています。ただ、バドミントンで前方向には右足を出す、これが伝わらないもので。バドミントンではとても当たり前の事だったとしても、これをどんなに伝えようにも伝わらなかったのには、少し衝撃を受けました。実際は、後日体育館へ引っ張り出して納得してもらったわけですがw
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

バドミントンの事でさえ勉強が足らないと言うのに、さらにそれ以外の事も勉強しなければならないとなると、お金異常に時間が足りません。まさかこの歳になって本当に時間が足りないと思う事になるとは。。。3年間ぐらい指導から離れなきゃいけませんかね。。。


うむぅ。全英はいつだっけか?


新ルールとして検討されているのが、

「サーブは床から115cm以内の位置にシャトルがある状態で打つ」

というもの。知っている人は知ってますが、知らない人も知っていた方がいい事項。
もしこれに改正されれば、ラリーポイントと同じくらいの大きな改正と言ってもいいのではないかと思います。

さて、これにはいろいろな方が意見されていますが、私としては、とてもいいんじゃないかと思ってます。というのも、今まで、審判をするうえで最初に躓くのがサービスフォルトで、これを出せて初めてまともに審判が出来る、というぐらい難易度の高いものでした。その理由として、はっきりとした物差しがないという事。肋骨っていったって見えるものではないし、肘だって動いているし。講習を受けた時よりも世界のトップ選手の方がよっぽど怪しく見えるし。

今までも、嘘かほんとか、たとえばテニスのように後方からサーブを打つとか、いろいろと案はありましたが、今回のが最も現実的だと思います。審判はラインから覗いてシャトルの位置を見ればいいだけだし。

よく、長身の選手が不利とかいろんな話がありますが、そもそも今までが長身の選手が有利だっただけで、これで同等になると思った方がいいのではないかと思います。それに、高さ自体は決まっているのだから、特殊なサーブは打てないんじゃないかと。逆にアバブザハンドが無くなるわけだからサーブミスを減らすような打ち方が可能になり、ラリー自体が面白くなるんじゃないかと思うのです。

ラケットを立ててもいいわけだから、膝を着いて打つサーブもでてくるかも。そのままドライブ戦には移行しやすいでしょうし。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

おそらくは施行されたとしても、国内では夏以降、秋からスタートするのではないでしょうか。まずはドイツOP、全英OPを見てからですね。ちょっと今から楽しみです。


意外と真剣にできないもので。



サーブはとても重要である。
じゃあ練習しろと言ったところでやれないのはジュニア世代。

何よりサーブ練習はつまらない。
指導者も必死になって的を作ったり罰ゲームをしたりいろいろと考える。
楽しむ事は大事だけど、試合で使う為のサーブになっていればいいのだが、練習風景を見るとなかなかそうは見えない。

少し上手になってくると、今度はやらなければいけない練習が増えてくる。サーブ練習は後回し。意外と場所も使うのがサーブ練習の難しいところ。ロングならコートサイドでもできるが、ショートになるとコート占有してしまうので自主練習が難しい。

そうやって育っていくと、変なサーブのまま固定されていく。小中では上位クラスで無いとフォルトはとられない。高校になって明らかなフォルトのサーブのままの選手をみかけると、やはりサーブ練習って大事なんだなと気が付く。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


サーブが打てなければ試合は始まらない。その始まりのプレーをジュニア期にいかに真面目に本番を意識して取り組めるか。その取り組む癖がつけば、おそらくはその先々で隙を見つけてサーブ練習に取り組む事ができるだろう。勉強と同じ。練習する癖をつければ、練習量は増え、そしてサーブミスが減る。当然ゲームのスタートから有利に進められる。ジュニアで試合に直結はしないかもしれないが、是非練習癖をつけたいものである。

もうだめかもしれない。

IMG_0465
横の下手切りって。お前は何年バドミントンやっているんだと。小一時間問い詰めてやりたい。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

だいたい、初めて下手切りをブログにアップして、その数日後にありえないサイドの下手切りって、ひょっとしてこのブログ呪われてるんじゃなかろうか。。。

自信喪失ですわ。

IMG_0455
やっちまった。にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ




このページのトップヘ