バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

納得はなかなかできない。



たぬ吉が思っているほどオーダーを決めるのが簡単ではないのはわかっているが、必死になって考えてみた。


まず再春館製薬の軸となるのは、ダブルスの福島廣田ではなく、シングルスの山口茜である。このチームの中で最も取る確率が高いと思われるのは山口茜のシングルスではないだろうか。

これを再春館製薬が取る、と真っ先に考えるとするならば、日本ユニシスは高橋松友を第一ダブルスにもってくるべきでは無かったのだろうか。日本ユニシスの看板ダブルスといえば、間違いなく高橋松友である。確かに東野は全英ミックス優勝というどでかい事をやってのけたが、女子ダブルスとなればまだそれほどの実績は無い。高橋松友は絶対に取らなければいけないダブルスである。

ここでユニシスが高橋松友を第二ダブルスにもってきたのはなぜだろうか。

1.盒矯嗣蕾辰山口茜に勝つ可能性も充分あると考えていた
2.福島廣田が第二ダブルスにくる事を予測した
3.高橋松友の状態が悪かった

1はどうだろう。世界ランキング2位という肩書を考えると、これを推測してのオーダーを決めるのはどうかと思う。

2については充分可能性があると思う。山口茜のシングルスを取るとするなら、無理に第一ダブルスで出す必要は無く、高橋松友を避けようとするのは当然である。そこで、そのダブルスに当てる為、勝つ為に第二ダブルスにもってきた、と言える。

ありえそうではあるが、高橋松友が看板ダブルスであると言う事を考えるなら、それを選択してくるのは再春館製薬であって、ユニシスはそのオーダーを読んだとしてもしてはいけないオーダーだとたぬ吉は思っている。このようなショーアップされた大会で、高橋松友まで回らない可能性があるオーダーを出してしまった日本ユニシス、これには疑問しか残らない。

とすると、3、高橋松友の状態が悪かった、できれば隠したかった、見せたくなかったという可能性が残ってしまう。前日に試合をしている事を考えるとそこまでひどいものではないが、世界と戦えないレベル、日本のトップとして相手と勝負できない状態、なのかもしれない。全英オープンの結果が、少しだけその匂いを漂わせている。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

そういう意味で、再春館製薬のオーダーというのは非常に潔かったし、アンバサダー池田信太郎氏は果たして出身チームのオーダーをどう感じ取ったか、そして来年をどう考えるか、是非コメントを頂きたい。
今までトマス杯ユーバ杯の「世界ランキング順のオーダー」というのは、オーダーの面白みが無いと思っていたが、こういうオーダーを出されてしまうと、このランキング順オーダーというのは理にかなっているのかなと思ってしまう。


最後に一言、日本トップダブルスを、この新しく素晴らしい試みの中で行われたこの大会決勝で見る事が出来なかった観客はどう感じているのか、日本ユニシスはこの事をよく考えて欲しい。

無い。



ツイートで、納沙布@hiroki451 さんから教えて頂きました。

https://twitter.com/hiroki451/status/977175505983045632/photo/1

For Fixed Height Experiment: The whole of the shut
tle shall be below 1.15metres 
from the surface of the court at the instant of being 
hit by the server's racket.
 
 Height Experiment

は、はぁ、英語、やばいっす。。。

9条の1-6-2で 高さの実験を115Cm
9条の1-7-1で 高さの実験では シャフトの向きは下で無くて良いと
115が採用されると 俗に言うアバブザハンドは無くなる事に


とてもわかりやすい日本語でツイート頂きました。ありがとうございます。

実験という言葉はありますが、これが規則本編(世界基準の赤本?)に追記されているという事実。明確に適用に動き出した、と言えそうな気がします。ただ、実験との記載はあるので、今後も議論はされていく事でしょう。


で、その他の続報。
どんなに探しても見つからないのです。


全英オープンの選手コメントや、主催者からの情報とか、そういった生の情報が見つかりません。今行われているTOP4はこのルールを適用しているのかどうか(思わずハッシュタグつけてつぶやいちゃいましたが)。

そんな状況にもかかわらず、とんでも情報が。


中体連、春の大会には115cmルールを適用する!?ついでに11点5ゲーム制も取り入れる???


おいおい、そんな話はどこも正式発表していないだろうに、ましてや11点5ゲームなんて、もう消えた話じゃないの?
あくまで、ここでの噂は噂ですので、信憑性も何も無いという事だけは覚えておいてください。私も聞いた話ですし、明確なソースも無いので。ですが、噂が流れているという事は、もしかしたら情報源がどこかにあるのかもしれません。もし見つけたらご報告ください。

ちなみに、高体連の現場に聞いたところ、「何があってもインターハイまでは無いでしょう」との、これも普通の雑談レベルではありますが。

そういえば奈良で全国大会やってますね。まさか、115cmルールを適用しているとか?

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

情報お待ちしています。



おめでとう、本当におめでとう。


バドミントンの全種目において、ミックスで日本人が上位に入る事はありえない、と思ってました。池田潮田がミックス専門で取り組んだところで、もちろん日本では勝ててたとしても、世界に出ればトップレベルには程遠いのが現実だった。

その理由として、私の中では「ミックスで男子は破壊的なアタック力が無ければならない」との考えがあり、それが池田選手にはなかったからと思っていた。池田選手、潮田選手共にコントロールタイプである、と。

では今回渡辺選手はその「破壊的なスマッシュ」をもっていたかと言えば、決してそうとは言えない。この時点で私の考えは浅はかだったと言える。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

しいていえば、左利き特有の球筋からのスマッシュが相手にとって嫌だったのではないか。そして、その渡辺選手の攻撃を起点として躍動したのは、東野選手である。はっきり言って、ここまで女子選手が目立つミックスダブルスは珍しい。これは、東野選手のポテンシャルももちろんだが、それと同じぐらい、渡辺選手の有効な攻撃があってこそだろうと思う。

今回のミックスダブルスの優勝は快挙とかそんな生易しいものではない、言葉がみつからないくらいとんでもない事である。今後の日本のミックスダブルスを大きく変える優勝であることは、間違いない。







ただ、今回のXD優勝は本当にすごい事なんだけど、

あのトップランクの全英OPで、

MD 銅メダル
でも充分凄いことだし、

WS ベスト8に日本勢3人 + 準優勝
これもとんでもないこと。

WD ベスト4に3ペア + 準優勝
だってありえない。

これにXD優勝、これらがこの全英OPで全て同時に起きたなんて、もうどう表現したらいいかわからないんですけど。わかってくれないかなぁ、このとんでもない快挙を。

ちょっと注目されなさすぎなんだよね、毎回毎回。



決勝進出

女子シングルス 山口茜(再春館製薬)

女子ダブルス 福島、廣田(再春館製薬)

混合ダブルス 渡辺、東野(日本ユニシス)


混合ダブルス 渡辺、東野(日本ユニシス)?


混合ダブルス 渡辺、東野(日本ユニシス)!!!


だいたい、数年前は全英オープンでベスト4に入るだけでも快挙だったのに、そのベスト4は
男子ダブルス 1ペア
女子ダブルス 3ペア
女子シングルス 1人
混合ダブルス 1ペア


女子ダブルス ベスト4 3ペア?!!!


ありえない、ありえない快挙だよ本当に。本当にすごくて男子ダブルスのベスト4が完全にかすんじゃって。そこで女子ダブルスベスト4が3ペアっていったいどうなっているのかと。これって本当に今までではありえないぐらいの事なんですが、やっぱりそこはバドミントンなんですかねぇ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

何にしたって決勝、頑張ってもらいましょう!!!


球辞苑の再放送、本当面白いわ、あれ。



NHKの球辞苑「グリップ」の再放送見ました。


バットをどのように握るのか、というところからグリップ自体の特徴、改造について、深く突っ込んだ話は非常に面白いです。

同じ長距離砲でも、「ほとんど握らない」という「とかだ選手」と「おかわりくん」。逆に「のりさん」は上側にくる手の3本指を握って他を握らない、レジェンド「田淵さん」はグリップエンドの小指をしっかり握る、という本当にバラバラな意見。

結局、いろいろと試行錯誤して、ベストの状態を探していった結果、たどり着いた場所がバラバラだったのではないかと思います。グリップは過程であって、結果のボールが遠くへ飛べばいい、と。


バドミントンではどうでしょうか。
過去からみると、ウエスタングリップが主流の時期からイースタングリップへ、そして下3本で握るイメージから上3本で操作するイメージ、一応指導方法はこんな感じで推移していますが、実際のトップ選手インタビューを聞くと、結構バラバラだったりするんですよね。

指導としては難しいところかもしれませんが、当たり前を疑ってみるのもいいのかもしれません。

柔らかく握ってからインパクトで握る、という考え方も、本当にヘッドスピードが上がるのか、個人差があったり、選手によってはその握る事によって面がずれるリスクもあるとしたら教え方を変えなければいけない。握る指も上3本、下3本、もしくは全て、もっといろいろと指の使い方を変えてみてもいいかもしれない。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

野球選手と同じように、バックハンドでレシーブができて、強い羽根を打てて、コントロールができて、その結果を求めていった時にどういう風に握った方がいいのか、タオルグリップがいいのかウェットグリップがいいのか、太い方がいいのか細い方がいいのか、グリップがあってショットがあるのではなく、バドミントンという競技の特性を理解した上でグリップがある、と考える必要があるのではないかと思ってます。

ウエスタンよりもイースタンで握るのは、バックハンドが打ちやすく、回内を使ったオーバーヘッドストロークでスイングスピードが上がるから。バドミントンはイースタングリップで握らなければいけないわけではないのです。ショットありきのグリップ選択。選手は柔軟に、且つ勝利に近づく為のグリップ操作を身につけていきましょう。


このページのトップヘ