バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

予想通り過ぎてびっくりした。


http://bwfbadminton.com/news-single/2018/05/19/bwf-keeps-3x21-scoring-system/

以下上記サイトより引用
Badminton will continue to be played under the 3×21 (three games to 21 points) scoring system.

The BWF Council’s proposal to change to five games to 11 points did not receive the required two-thirds majority today in voting at the BWF’s Annual General Meeting in Bangkok, Thailand.

A total of 252 votes was cast by the BWF membership, with 129 votes in favour of changing the scoring format while 123 votes went against the motion. A total of 168 votes would have been necessary for the scoring system to be changed. A related proposal to reduce on-court coaching and introduce time-outs was subsequently withdrawn given its integration with the scoring-system innovation.

Meanwhile, the Council’s proposal for a fixed-height service achieved the two-thirds majority, with 177 votes out of 222 votes effecting this change. Council has been given a mandate to further experiment with variations of the system up until 10 December. Thereafter, no further changes can be made.

“Our membership has spoken and we respect its decision to retain three games to 21 points, though clearly our proposal resonated with a significant section of our membership,” said BWF President Poul-Erik Hoyer.

“Many opinions were expressed from the heart today and it was obvious this was a fundamental matter which delegates deliberated thoughtfully and thoroughly – and I thank them for their diligence.”

以下Google翻訳
バドミントンは、3×21(3試合から21ポイント)のスコアリングシステムの下で引き続きプレーされます。

5試合から11ポイントに変更するBWF理事会の提案は、今日、タイのバンコクで開催されたBWFの年次総会で投票に必要な3分の2の多数を受け取らなかった。

総投票数252票がBWFの加盟国に授与され、129票が採点形式の変更に賛成し、123票が棄権した。 スコアリングシステムを変更するには合計168の票が必要でした。 オンコートコーチングを減らし、タイムアウトを導入する関連提案は、スコアリングシステム革新との統合を前提として引き続き撤回された。


一方、議会の定格サービスの提案は3分の2の多数決を達成し、この変更に影響を及ぼす222票のうち177票が採択された。 理事会は、12月10日までシステムのバリエーションをさらに実験する権限を与えられています。 その後、これ以上変更することはできません。

BWFのポール・エリック・ホイヤー会長は「我々のメンバーシップは話しており、3試合を21ポイントに抑えるという決定を尊重している。明らかに我々の提案はメンバーシップの重要な部分に共鳴した。

「今日、多くの意見が心から表明されており、これは基本的な問題であり、慎重かつ徹底的に審議されたことが明らかであり、勤勉さに感謝しています。


以上引用ここまで



11点5ゲームは否決、21点3ゲーム制が継続される。東京五輪までは変わらないでしょう。
サーブの定格案は可決。試験では「115cm」で行われましたが、この高さについては今後年末まで実験を重ねるようです。ですので、115cmになったわけではありませんが、身長ではなく、床からの高さでサーブ位置が決まるようになる事だけ覚えておきましょう。

個人的には、115cmだと現状とほぼ変わらず、125cmぐらいだと相当攻撃的なサーブが可能かな、といった感じ。115cm以下になる事は考えられないです。どれだけ高さを上げて競技性と見ごたえのバランスを良くするか、でしょう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


びっくりするぐらいの予想通りの展開。
ファイナルのみ11点とかはありかな、とも思ったんですが、そうすると偶然の要素が強くなるし競技性が失われると考えられたのでしょう。サーブの基準は今までがあいまいすぎて、それこそ審判員の技量に左右されすぎてしまって、市民大会レベルとトップレベルで違いがありすぎました。器具等準備は必要になりますが、これで判断しやすくなることを願います。




ね?


IMG_0515


なんで捨てなかったのか、本当によくわかりませんが、数個たまったら捨てられなくなりました。

いい加減邪魔になってきたので、思い切って処分。
心残りだったので、一応撮影だけしておきました。

捨てたロールもあるし、1本分のも張ったし、多分1000本は張りましたかね。

約7年で1000本。1年140本って、結構張ってますね。よく頑張った。



4月28日 AM&夜間 張上げ2本
4月29日 PM 張上げ3本
4月30日 AM
5月1日 OFF!!!(前日張上げ3本)
5月2日 夜間
5月3日 1日
5月4日 1日 張上げ2本
5月5日 1日 張上げ4本
5月6日 AM 張上げ3本



あっという間でした。
うちのクラブは毎日練習漬けのハードなクラブではないので、今回のような連日の長時間練習は相当堪えた事でしょう。遊びに行きたい気持ちもあったはずなのに、それを抑えて練習に参加できた選手は、少しでも何かを得ていて欲しいと、そう願っています。

できることなら、休んでしまった選手と差が開いていたら、、、との期待もありましたが、残念ながら、やはり1週間程度ではそこまでの差が開くものではありませんでした。当然。但し、これが無意味なものではないことは間違いは無いのです。後々、必ずレベルアップに大きく影響すると考えています。

練習以外に張上げも同様に多く、練習が終わって帰宅後は、いろいろと片づけながら張上げ。休んだ感じはありませんが、待ちないなく充実した連休となりました(私が充実していても意味無いんですけどね)。張上げが多いと本当に家で何もできなくなります。夜練習終わってからの3本張り上げなんて、まんま睡眠時間に直結してきますからね。朝寝坊したくても朝から練習だし。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


なんやかんやで無事に乗り切ったGW。実は中盤、激しい頭痛に襲われて、パブロンでごまかしながらノック上げしてました。こんな時に体調崩すなんて、本当に情けない。

中学生は春季大会、小学生はABC予選と、夏休みまでは大事な時期が続きます。この連休のハード練習が、その大会で少しでも役に立つ事を願ってます。



プロスポーツならなんの問題も無いのかもしれないけどね。



ここからは、ニュース等で報道された情報のみしか知らない、たぬ吉の個人的見解だと思ってください。



国体等の強化費横領問題

今井氏が横領したと言われている国体等の強化費。強化費だと、例えば遠征費、シャトル代、後は外国人コーチ費とかでいいんですかね?
これ、例えば「今井さん、国体強化費がでているから、再春館製薬の選手の強化よろしくね」という渡し方だとしたら、今井氏が国体の為にいつも以上に時間と体を使って強化したとしたら、今井氏が受け取ったという領収書で済むのではないか、と思うのはたぬ吉だけでしょうか。
おそらく、今まではそれで済んでいたのが、母体が変わった事で「おかしい」となったのではないかと。

確かに「おかしい」が、その国体強化費をどのように渡し、その説明をしっかりと行ったのか。熊本県協会、再春館製薬からの説明をどのように行ったのかも気になるところ。

アマチュアスポーツのコーチは結局ただの社員。今井氏の報酬は、日本トップ選手を育てている専属コーチとして妥当なものだったのかも気になります。


選手賞金横領問題

選手が今井氏についていっている以上、完全な横暴ではなかったというのは明らか。全て勝手に行っていたのなら、コーチや選手は間違いなく付いていく事は無い。だとすると、問題が上がったのは一部の選手であって、移籍を決めた選手は「了解した上で今井氏に預けていた」とするのが妥当ではないか。
やはりここでも、コーチとしての正当な報酬はあったのかがまず知りたい。

世界トップランクの選手を複数かかえるチームのコーチとするなら、それこそ、今報道されている金額など目もくれないような額をもらうべきだとたぬ吉は考えています。

結局ただの一社員がコーチをしていたのならば、それはボランティアに近い考え方であって、こういったコーチはプロ契約をするべきなんじゃないかと思います。当然日本にどれだけの受け皿があるかと言えばそれはまだわずか。コーチ自身もプロ契約を望まないかもしれませんが、では、今井氏が再春館製薬所に残って数年後、会社に残るかと言えば、多分そうは望まないだろう。ならば、実業団チームの監督としてプロの契約をしなければいけなかったのではないかと。

選手は再春館製薬所の社員、監督は専属契約のプロコーチ、だとしたら、金銭が監督の元に治まることも無いわけで、むしろずさんなのは熊本県協会、そして再春館製薬所の金銭管理の問題なんじゃなかろうか。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


と、これ以上の情報が出ない限りはこの程度の想像しかできないわけで、東京五輪の為にも、隠すのではなく情報を公開して、ウイークポイントを洗い出さないといけないのではないかと思います。バドミントン競技の発展を目指すなら指導者の地位向上、選手の引退後の保障等問題は山積みなわけですかrら。


そもそも、今井氏がどういった契約だったかも、私知らないんですけどね。。。

その後が大切。


例えば、スピンネットの練習を、1ヶ月、週2回30分ずつやったとします。

4時間。

果たしてこれでスピンネットが習得できたと言えるでしょうか?


当然言えません。

ですので、さらに1ヶ月追加でスピンネットの練習をしました。


8時間。


果たしてこれで習得できたでしょうか?

これでもまだです。上を目指すのであれば、たかだか8時間の練習でマスターできるショットがあるわけありません。


ですので、さらに数カ月追加・・・・・・。



というのは、本当に必要でしょうか?





4時間のスピンネット練習で、シャトルへの入り方や触り方をある程度覚えたとしたら、それはもう準備完了としてもいいのではないかと思うのです。これ以上の技術練習は、飛躍的な効果がもしかすると見込めないように思うのです。


技術練習はもちろん必要ですが、精度を上げるのには、継続し続けて練習するよりも、技術練習を行って、その後は通常のパターン練習等でその技術を確認し、実戦で精度を上げます。実戦で使っていく事で準備した技術が実戦で使えるようになります。疑問点があれば再度技術練習に戻って確認作業を行う、という事を繰り返す方が、時間効率的にいいと考えます。

このパターンで練習するには、選手主体である必要があります。選手が、実戦で磨きたいと思っているなら実戦練習を多めにして、技術練習に戻りたいと考えていれば、その時間を作ります。指導者は、選手と相談して、どちらの練習を進めるか決めていきます。

これには、ある程度同レベルの選手であったり、習得する技術の種類であったりをまとめて、一つずつクリアしていくような作業が必要で、そのクラブで重視する技術を決めていったり、進め方は様々になりそうです。必要な練習でのコートも必要だし、クラブ全体というよりは、バラバラで進める為にまとまりが無くなる事も考えられそうです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

技術練習は、それを試合で使える事が目的です。その為にどれだけ技術練習に時間を割くか、そして、実戦で使う為にどう練習を進めるかが大きなポイントとなります。試合で使う、という強い気持ちで技術練習を行えるといいですね。


このページのトップヘ