バドミントンぷれいやーず


・【バドミントンぷれいやーず】
・【ヨネックスに頼らないバドミントン(仮)】



【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

2007年03月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ミクシィ内のスガさんの日記より。

メディカルエージチェック

ちなみにわたしゃあ22.5歳。実年齢より相当若いwww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ヨネックスより

靴のソール部分が剥がれる欠陥があったとのこと。すぐヨネックスへ問い合わせを。
ただ、基本的にはシューズを送って確認後新品返却(送料等はヨネックス持ち)だけど、部活やっている子に送品しちゃったら部活できないよね。かといって、そのシューズで練習やるのは危険ってことらしいし。

ヨネックス、どう対応するんだろうか?ってあれ?俺のシューズじゃんwwwwww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
前回の記事のバンダナの使用について、コメントにいろいろと頂きました。

1.危険だったり派手だったりしなければOK
やはりこれは「不品行な行為」にひっかからないものとして○になりますね。

2.時間を稼ぐ可能性があるものなのでNG
これは、審判が「可能性があるから」として×にするのがどうか、といったとこでしょうか。
バンダナ=時間稼ぎ
の結びつけにならない場合だとしても、「ゆるんだので直していいですか?」と主審にいった時点で、「駄目です、直すなら取りなさい」とする方法が自然かも。ズラと同じ考えですねw

日バに質問を出したらちゃんと返ってくるのでしょうか。それはそれで心配www

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
バドブログより

こんなこと言っては申し訳ないが、これぐらいなら15分ぐらい練習すればできるんじゃないかと思う人、コメントへ書き込めこんちくしょうwww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
某大会に出場したのですが、その大会時に、バンダナをつけた選手に対し外すように求めるという事がありました。

結局のところそのまま続行したようですが、落ち着いた色(黒か紺っぽかったような)のバンダナであり、相手選手に邪魔になるようには思えませんでしたが、果たしてこれは、競技規則にひっかかるのでしょうか。

逆に私としては、ファッションとして派手なバンダナで出ても面白いじゃないかという考えの持ち主なのですが、規則にひっかかってはどうしようもありません。

が、バンダナの使用自体規制する条文は無く、あえていうなら「不品行な振る舞い」とやらに引っかかるかもしれない程度。そうなると、リストバンドはいいのか、ハチマキはどうなのだろうか、バンダナでもハチマキ状にすれば問題無いのか、潮田の似合っていないコーンロールはいいのだろうか、金髪は許されるのか、ズラは?ヘアバンドは?リボンは?長髪は?赤いサポーターは?スパッツの色は?

そうなると、今回注意した大会主催者の判断はどうなのでしょうか?

皆様のご意見、お聞かせください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
前述の、「NTT東日本」で、autospace と autoplay を間違ってしまい、開くたびに騒音が流れるようになってました。修正してお詫びいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




岩脇さんに教わったのか栃木っ子は・・・いいなぁ。。。






町田さん、実験台顔で選んでませんかね?







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
最近手にし始めたNS9000S。最初このラケットを試打した時はそりゃもう大変で、もちろんスマッシュやらドライブやらはとても楽にスピードが乗ってくれたが、レシーブが非常に大変だった。
しならないもんだから全てのシャトルに体を入れ、しっかりと体重を乗せてスイングを走らせて、といった具合。

「俺にはNS9000はSですら使いこなせない」

と理解した。
だが、最近になって、小学生とか教えているうちに、手打ちのショットはいかに悪いかと考えるようになってくる。ようは、

×NS9000Sは使いづらい
○NS9000Sでも打てるように常に体を動かさなければならない


と考えが変わってきた。で、実際に全てのシャトルに体を入れてしっかり打とうとすると、今度はゴムメタルの性能だとは思うが、シャフトが柔らかく、というか、溜めて弾く感覚がグリップに伝わるようになってきた。

これはいい!

疲れる、という点では相変わらず変わらないが、この、シャフトをしならせる為の技術というか、それに対しての意識が、疲れるラケットではなく、より正しいバドミントンを導いてくれたのかもしれない。

やっぱり持論は変わらない。シャフトをしならせる力がついてから徐々に固いラケットにしていくのがベストだと思うが、柔らかいラケットでサボっていてはいつまでたっても上達しないのかもしれない。少しづつ固いラケットに変更していくのが上達への近道なのかもしれない。

今度AT900系が発売されるが、ヘッドライト→ヘッドヘビーも似たような事がいえるのかなぁ・・・。俺ってヘッド重いと打てないって思っているだけだったらどうしよう。。。でも疲れるしなぁwww

ただ、一つだけ言えるのは、

NS9000Xはまだまだムリwww








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
owarai.tv

お笑いの動画がランキングで紹介され、簡単に見る事ができます。
簡単に見れて、とっても動作がスムーズ(今のところは)。

芸人さんは若干マニアックだけど、そこがまた新鮮で面白いところ。
これ、人気でたらサーバーとかいろいろ大変になってくるんじゃないのかな?

そんなわけで、楽に見ていくなら今のうちかも。

このページのトップヘ