バドミントンぷれいやーず


・【バドミントンぷれいやーず】
・【ヨネックスに頼らないバドミントン(仮)】



【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

2008年01月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
レディースのクラブにおいて、コーチをおいているところと置いていないところがあるが、まず役職について、考えられるところを上げてみたい

監督
コーチ
部長(副部長)

その他会計や当番制だったりといろいろあるが、主導権を握りそうな役職はだいたい上げた3つだろう。
まずはこの三つで、部外者を監督、コーチとおいているクラブがあると思うが、これは必要かどうかといえば【必要】と考えられえる。
そのクラブによっては変わってくると思うが、少なくとも上位を狙っていくことが目標であれば部外者の介入は必要不可欠だろう。練習内容にしても、他の人の体力を気にしてメニューを組まなければならかったり、ゲームに走りがちの練習にストップをかけるのは、ある意味憎まれながらできる部外者に他ならない。身内では「ゲームにしよう」という一言で簡単にゲームになってしまったり、まとめ役が憎まれてはそのクラブを離れかねない。部外者であれば、そのクラブがきついのではなく監督コーチが嫌だということになり、結果的にクラブ自体を嫌いにはなりにくく部員放出の歯止めもかかる。これらの例では、あくまで競技を目指すクラブであり、楽しむクラブであればそんなに深くは考えなくていいのだろう。

だが、デメリットもある。部外者の監督、コーチは、ある意味クラブの技術を担うものであり、もしその部外者が勉強不足だったりするとチーム全体の技術不足に陥る可能性がある。身内には文句を言えても、部外者にはなかなかそれもできない場合があるだろう。

そこらへんを解消しつつ、円満に、且ついいコーチを連れてくる一番気を使うのが身内で構成される部長、副部長だろう。中間管理職的にはなりやすいが、部外者のコーチがいるからこそ、それを切るのもクラブの判断であり、身内を退部に追い込むのとはわけが違う。部員の橋渡しとして大変な部分もあるだろうが、やはりこれは身内のまとめ役としても必要だろう。

クラブ運営は思ったよりもうまくいかない場合がある。その時に目標が一つであれば立て直しやすい。是非一つでも上を目指して頑張って欲しい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
CGI諦めます。

広告小さいし、容量は文句無いしね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ライブドアスポーツ

もうバドミントン選手の小椋潮田じゃなくて、小椋潮田のやっていたスポーツがたまたまバドミントンだった、ってだけだよなwww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ルルク・ハディアント/ユリアン・アルベント・チャンドラ VS トニー・グナワン/チャンドラ・ウィジャヤ

大会も去年終わっているのだが、この決勝について考察してみたい。

ヨネックスのページ

最初にサービスプッシュである。
この試合、終始トニーチャンドラペアにしか目がいかなかった為偏った解説になるかもしれないが、とにかくこのペアのサービスプッシュは徹底していた。

1.ラケットを立ててシャトルを捕らえにいく
2.1.ど真ん中ストレートにショートドライブ・・・サービスが浮かなかった場合
2.2.サイドへプッシュ・・・サービスが浮いた場合

1の徹底により、相手はサーブレシーブのショートドライブに対して前に詰めていけない。下から入るヘアピンであればプッシュに行くチャンスはあるが、ほとんどが体勢を低くしラケットを立てたままプッシュに行くので相手はプッシュを警戒しなければならず攻め込めない。
2.1では、球足は若干長めで確実に前衛に触らせるように打っている。このプレーでの有利、不利はほとんどイーブンだと思われる。このプレーの後はショートドライブの応酬の後のラリーになっている。
2.2では若干トニーチャンドラが有利である。相手後衛が下からさばく形になる為そのまま攻めきるラリーもあった。

ここまでみると、いい形で入れたときのトニーチャンドラが若干有利と思われるかもしれないが、対戦相手のサービス時に大きな違いがあった。

2.3.サイドへロングドライブ・・・サービスが浮かなかった場合

ルルクユリアンペアには上記の2.1、2.2に加えてこの2.3があったのである。このレベルになると、ほとんど浮いていないシャトルではあるが、後衛にネットとほぼ水平ぐらいの高さで触られる事が相当不利になったようだ。事実、2.3の後のラリーは、トニーチャンドラがラリーで勝っていた事が多かった。この2.3が、ラリーを楽に進めたトニーチャンドラと、ルルクユリアンとの大きな差と感じられた。

アタック力はルルクユリアンに軍配があがるが、それでも終始試合を支配したトニーチャンドラペア。ちょっとしたサービスレシーブの差が、そのラリーに影響を与え、結果点差に現れたように思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

T&B 前衛のネットからの距離について

アップしました。T&B=トップアンドバックってことでいい?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
当分はミラー。時期を見て移行するかどうかきめようかと思ってます。

http://badmi.client.jp/

中身はまったく同じなのでお気になさらずに。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
地味に変更されてるね(右下の方参)

累計
本日
昨日

す、すくねぇ。。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
XREAから忍者に変えようかと検討中。

動画を載せるようになると、XREAじゃ容量が全然足らない。しかたなく生扉を使うも、1ファイル2Mまで。
忍者だと3Mまでいけて、合計無制限が可能となれば忍者の方がいいような。

ただ、CGI不可なんだよなぁ。。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
タウフィックサービスプッシュ

今日も今日とてタウフィック。プレーは最高のお手本だと思ってます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
こんなブログではありますが、皆さんの小さなネタ帳を目指して更新していければと思っております。

ホームページの立ち上げも本格的に本年から入っていきます。同時進行でどこまでできるか、とにかく頑張ってみます。要望、ご意見その他もろもろ、掲示板やらコメントやらでどんどんお願いします。

こちらも、意見を頂けるようなサイトを目指して頑張ります。

このページのトップヘ