バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

2010年01月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
サイドフットワーク練習をやらせてみた時の感想

小学生低学年初心者
・バック側を利き手と逆の足で取りにいく
・バック側の面があわない、後ろに振る事も
・フォア側では手打ちになる。肩関節からラケットを振る。

まだこの年代はバドミントンをプレーするという認識にどうしても欠ける。なので、ラケットの向きどうこうよりも、体を移動してラケットを振る事に気持ちがいく。バック側を腰を入れ替える(個人的に足を入れ替えるよりも腰を入れ替えるという方がイメージが沸き易い為の一般的ではない言い回し)事ができないのは、それによって後ろを向いてしまうから。あまり悪い行動にも思えないが、あえて「足を出して」とアドバイスしてみた。両方がベストだろうか。
肩関節から振るのは、まだどうしようも無いだろう。技術も何も身についていないのだから。利き足を出して、そこに体重が載りきらないから腕を伸ばしてしまうというのも原因のひとつだろう。筋力、技術ともにおいついていないこの時期は、なんとなくからスタートしていくしかない。

ただ、それでも周りを見ながらなんとかしようとする気持ちは非常に教えていて心地いい。ゆっくりと技術を叩き込んでいけば、成長とともに筋力は向上するはずだ。


小学生高学年経験年数2年程
・ラケットをきっちりと振ろうとする
・バック側が横ではなく前走りになってしまう

このサイド交互のフットワークをするときに何も言わずにスタートさせたのだが、サイドではラケットをしっかりと振っていた。次に「ラケットを振らないで」と指示したが、スタートするとやはりラケットを振っている。つまりラケットを振らないプレーを知らないのかもしれない。サイドでラケットを振ることができれば相手を奥まで返せたりとメリットはあるかもしれないが、これをスマッシュレシーブをイメージするとおそらく振っている余裕は無くなって来る。振るイメージしかついていないとそれに対応できなくなってしまう。振る事によって戻りも遅くなり、速い羽根を出せば次のリターンは間違いなく追えない。
このレベルになるとサボり方も覚えるのか楽な方法がわかってくるらしく、フォアを打った後にバック側まで一直線で走っていく。腰の入れ替えをうまく行えばサイドステップを使ってもっと早く逆サイドへ移動することができるのだが、このレベルではまだそこまでのイメージは難しいかもしれない。

指導を行う場合は、これぐらいの選手では説明と確認をしっかりと行いながら繰り返し覚えさせるよう努めていかなければならないようだ。



同じ小学生でもこれだけ差がでてくる。いろいろな年代に合わせた指導法、そして説明方法を勉強しなければならないのかもしれない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
プレイムービーをのんびり眺めていると、ある事に気がつく。
バックハンドを補って余りある強引なフォアハンドである。このプレーが非常に目に付く。

ここでも散々バックハンドは重要だと言いつづけて来たのだが、実際の世界レベルの試合で、特にダブルスでは、体勢を崩してでもフォアハンドで打ちにいくプレーが目立つのである。

当然バックハンドよりもフォアハンドの方が基本的に強い羽根を打てる。ならばできるだけフォアハンドで打ち込もう、という考え方は日本よりも他の国で一般的になっているらしい。

だが、一番忘れてはならないのは、選手は「バックハンドも打てるけど無理やりフォアで打ち込む」のであって、決して「バックで打てないからフォアで打つ」訳ではないという事を理解して頂きたい。バックハンドは非常に多様性のあるショットである。最終的にはそれに頼りつつ強い羽根を打てる方法を選択するわけだが、このバックハンドがどれだけ打つ事ができるのかが、ゲームの勝敗を間違いなく左右し、状況判断によってバックハンドに頼りきらない技術が重要となる事を勘違いしないでいただきたい。

とにかくバックハンドは覚えきらなければならないショットのひとつである。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
選手のスキルチェックシートよりも先にこっちを考えなければ意味が無いことに今更気がついた。

0.全ての練習を選手の為に行うことができる

〜ラケットワーク、スイング
1.回内、回外について理解している
2.内旋、外旋について理解している
3.テイクバック、ラギングバックについて理解している

〜フットワーク
4.フロントクロスステップ、バッククロスステップ、シャセの方法、メリットデメリットを理解している
5.プレローディング、リアクションステップについて理解している
6.プレーイングセンターを理解している

〜練習方法
7.神経系、筋力系、持久力系トレーニングの方法を理解している
8.戦術、配球を選手によってアドバイスできる
9.休養、栄養、水分補給について理解している
10.ジュニア世代(ゴールデンエイジ)の特性について理解している

〜その他
11.バドミントンルールを理解している
12.人数、コート数に合わせた練習ができる
13.選手に目標を持たせ、それを達成に近づける為の道作りができる


構想2分、作成時間15分。適当でごめんなさい。不利益がでたら謝ります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
自分メモ

これを常に思い浮かべながらゲームできると、相当調子がいいときだと思う。大会ではこういきたいものだが、ハイ状態では思っていても実行できない場合が。冷静に、相手をいい意味で見下してコートに立つことを心がけてます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
部活動の存在価値はなんだろうか

学校は部活動を行えるのだろうか

部活動と学校教育は別にするべきだ

部活で学校を選ぶのがどれだけ危険な事か

とにかく時間が無い

スポーツを発展させる為には




書きたいことがたまってきたので少しずつまとめようと思う。放置してしまったらごめんなさい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1年近く前の記事にコメント頂いた。要約すると

「初心者にはイースタングリップから教えるべきだ」

とある。

これがゆらいでいるわけではないが、もっと別のアプローチ方法があるのではないかというのが今現在の私の考えである。

それは、前から散々言っている「ラケットヘッドを動かす」ということであるが、これを最重要ポイントとするかどうか非常に悩んでいるところである。

まさにこれは卵が先か鶏が先かという問題になるが、イースタングリップで握れているということは、オーバーヘッドストローク時に回内を使えていればインパクト後、ラケットヘッドが前にいく。グリップを軸にラケットを回すことができる。

ウエスタングリップでこれを行うと、手首をコックして使うことになり、何度か打たせているとそのまま腕振りの打ち方へ移行し結果としてヘッドは立ったまま腕と一緒にスイングされていく。

危険なのは、ウエスタンで手首をコックして使うことを覚えてしまうことだが、おそらくきっちりと注意しながら行えば、ヘッドを先に動かすことによって自然とイースタングリップを覚えてくれるのではないだろうか。

イースタングリップでヘッドが出ないよりは、ウエスタングリップでもラケットヘッドがインパクト後先にでることを意識させた方が先々いいのではないだろうか、と思う今日この頃である。結論は出ていない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ネタはたまっていますが、更新意欲が正月休みですいません。キータッチが進まない。。。


ことしもこんな調子でよろしくお願いします。

このページのトップヘ