バドミントンぷれいやーず

【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

バドミントン用品の「ROOM」 




別館:https://bpstanukichi.blogspot.com/
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】
相互リンク
Flashscore https://www.flashscore.co.jp/ badminton



2013年06月

ずれるずれる。



今日はずれまくりでした。

だいたい、シングルスのサイドラインとダブルスのサイドラインの間を狙っているのに、ほとんどがサイドアウトしてしまいました。

困ったねぇ。

特に、左サイドからのクロススマッシュでズレが発生。鋭角になればなるほどコントロールが難しくなって、ほぼ入りませんでいした。ずれ幅自体はひどいものではなかったので、だいたいライン付近にいってくれていたのが救いです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

なかなか点で狙うのは難しいものですね。



ちなみに、クロススマッシュのメリットとして、ラインジャッジが判定しにくい、という理由で使うのはやめましょうw

答えが出るわけでもなく、雑記でも良かったのですが。



ジュニア選手にヘアピンとロブ、どちらを先に教えますか?どちらも、は置いといて。


・ヘアピンを教えると、相手がどこにいようがヘアピンを打ってしまう。相手からのリターンはアタックロブかプッシュでエンド。

・ロブを教えると、ヘアピンという選択肢がまったくなくなってしまう。後ろへ打ってしまい、戻る前に打たれてしまう。



ん?


じゃあロブの方がいいですね。コートの後ろで勝負できれば、シャトルが返ってくるまでに時間もあるし、誰もいない前で勝負することも後々できるようになるでしょう。ということは、ジュニア選手にはアタックロブ、ロブ、アンダーハンドで振るスイングを教えるのがいいという事になります。


んじゃ、ヘアピンは?


ヘアピンを覚えるメリットは、ラケットを動かさないでシャトルを捕えるという特殊な打ち方をするという事。この感覚を覚えられるかどうかはかなり大きい。スマッシュレシーブをラケットを振る事でしかできない選手も多く、ラケットを大きく振らずに当てる感覚はヘアピンに近い。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ま、両方大事なのはわかるんですが、勝手に使い分ける選手もいれば、得意な方でしか打とうとしない選手もいるわけで。感覚的には、実戦試合重視ならロブ、技術重視ならヘアピンでしょうか。どちらも必要な技術なので、うまいこと身につけさせたいところではありますね。

ヨーイドン。




フットワークのスピードとは、プレーイングセンターからインパクト地点までの時間の事。これを速くすることができれば、よりいいポイントでシャトルを捕える事ができるようになる。このスピードを上げるには、ショートショートに代表されるアジリティトレーニングで筋力の瞬間的なスピードを上げていく。このトレーニングによる負荷は強い為、週2,3日を目安に取り組むといいだろう。

では、これよりもやらなければいけない事、それは、スタートのフライングである。

プレーイングセンターからインパクト地点までの時間を速くするのではなく、例えばプレーイングセンターからインパクト地点までの距離を短くする方法が一つ。そして、よーいドンのタイミングをフライングしてスタートする方法が一つ。これにより、上記のスピード練習よりも遥かに早いタイミングでのインパクトが可能となる。

相手の行動をよく観察し、シャトルが飛んでくる瞬間、もしくはその前に動き出す。動き出すタイミングは、選手次第ではあるが、直感、経験、観察力、これらを駆使し、できるだけ早いタイミングで動きだしたい。

デメリットは、フェイントに引っ掛かりやすく、しかも引っ掛かるとリカバリーが厳しい状態になる。ただ、これらは、相手の体勢でフェイントが無い場面で使えばクリアできる。フェイントかそうじゃないか、これを見極める力も必要だろう。

相手を観察するのが苦手な選手は多い。でも、飛んできたシャトルを追いかけるだけでは、いいシャトルは打ち返せなくなる。良いシャトルを打ち返す為には、観察し、予測しなければならない。この観察力を早い段階で身につける事ができれば、今後の練習にも大きなアドバンテージになるだろう。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

観察力。1試合で得る経験値を大きくする為にも、早い段階で身につけさせたい。

片栗粉飲んだような、そんな感じ。

あんなに重い飲み物初めてでした。っていうか飲み物?

その後のぐるぐるも、なんつーか軽い運動。気分が悪いのに運動させられるなんて、いったいなんて拷問?



朝食抜いての健康診断だったもので、軽いおやつをポケットに忍ばせておいたのですが、気分最悪でそれどころではありませんでした。今の科学ではあのバリウムという奴をなんとかできないものなのでしょうか。

来年もやるのか。。。もうそういう歳だもんなぁ。。。

もしかしたら、しばらく元気が無いかもしれません。

飲んで回されてなんて、健康診断のせいで体調悪くなるとしか思えない。。。



大丈夫だろうか。。。。。

「あと10分頑張れ」
これは使える。メモっとこう。



為末大が読み解く!勝利へのセオリー▽パク・ジュボン バドミントン日本代表コーチ

ざっと流し見てみました。

まず残念だった点。

・男子ダブルスの解説が無い(舛田大束→坂本池田→平田橋本、早川遠藤の流れが欲しかった。)

・女子ダブルスのペアが集中し過ぎている(小椋潮田、藤井垣岩だけ)

・シングルスにおいては言うまでもなし。



不満はここまでにしておいて、とても面白かったですw

 まず、垣岩に注意している場面。あのプレーでこのパクジュボンに非常に共感できた。藤井にしても垣岩にしても、その他ダブルス、特に女子ダブルスにおいて、あのプレーが非常に多い。
パートナーのクロスのショートリターンに対して、パートナーが待ってしまうのだ。ショートリターンが成功すれば、それはビックチャンスにつながる。相手にネットの下、もしくはネットの高さまでで触らせることができれば、それはきっちり前に詰めるべき。ロブならパートナーに任せ、ドライブは潰し、ヘアピンはプッシュを目指す。そういった攻撃に移行するチャンスを、どうしても逃してしまうというか、安定を目指してしまう事がとても多い。
 ダブルスなのだから、多少不安定になってもパートナーがいる。このパートナーをうまく使う事によってもっとダブルスの攻めのバリエーションが変わるはずだ。

 代表の練習内容については、あんなにきっちりフットワークを取り入れてると思わなかった。あのレベルなら、てっきりパターンとゲームがメインかと思っていたが、むしろあのレベルでしっかりフットワークをやってしまったら、負荷は相当強いだろう。それだけの事をやっていると言えるだろう。

 少しだけ映された、パクジュボン氏の現役時代の動画には驚かされた。結構動画は見てきているのだが、パクジュボン選手のタッチの早さと正確さ、そして、クロススマッシュがまったく読めなかった。見えない。羽根が飛んで初めて気が付く状態。後で再度スローでフォームをチェックしてみようとは思うのだが、果たしてどこまで解析できることか。

 垣岩の前衛練習の後のダメダシも同感。一本の強さは抜群だが、細かい展開、特にテンポが上がると急に弱さがでてしまう。藤井のようなゲームメイク、シングルスプレイヤーに近いシャトルコントロールができる選手がいて生きてくるのではないかと思う。もちろんここからそのイメージを破らなければいけないのが垣岩選手の課題なのかもしれないが。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

 結構みどころ満載。見直せばまだまだ気になるポイントがでてきそうな、そんな放送でした。

あなたのバドミントンは?


・ラリーを増やすバドミントンですか?減らすバドミントンですか?

・決めるバドミントンですか?ミスさせるバドミントンですか?

・ネット付近で勝負しますか?エンド付近で勝負しますか?

・ネット前に行きたいですか?後ろに下がりたいですか?

・フォアで打ちぬきたいですか?バックで捌きたいですか?

・攻めたいですか?攻められたいですか?

・守りたいですか?守られたいですか?

・パートナーに決めて欲しいですか?自分で決めたいですか?

・パートナーに動いてほしいですか?自分で動きたいですか?

・クロスに打ちたいですか?ストレートで勝負したいですか?

・低い羽根を出したいですか?高い羽根を出したいですか?



最後に。。。



・臨機応変に対応しますか?こだわりはありますか?
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

あなたのバドミントン、プレーで主張してみませんか?

ツイッターで大変面白い記事を紹介して頂きました。


「落ち着け」では解消しない! 日本人選手に決定力がない本当の理由

この記事は、サッカーでの、日本人フォワードの決定力不足の原因についての仮説についてだ。
まずゴールを3種類に分けている。
[1]GKの予測を上回り、物理的にセーブ不可能なコースへのシュート。

[2]GKの予測すら不可能にするシュート。

[3]予測も物理的対処も可能だが、反射的にセーブすることが困難なコースへのシュート。

[1]はGKが反応するものの、手は届かないというもの。
[2]はGKの予測を妨害し、反応することすら許さない、あるいは困難にさせるシュート。

 そして[3]。これがもっとも注目した点だ。別段、球速があるわけでもなく、タイミングをずらした形跡もない。それでもあっさりとゴールに収まるシュートがいくつも存在した。

 具体的には、GKの顔の横(肩口)、股の間、倒れ込んだ際の脇の下、サイドに追い込まれてから頭上を抜けてネットに収まるという、一部では「ニア・ハイ」と呼ばれるシュートである。

 
1.サイドラインへのスマッシュやカット。最短時間のヘアピン。早いタッチのアタックロブ。
2.フェイント、ディセプション等で相手の足を止めるようなショット。逃げていくクロスヘアピン。

3.ボディ周りへのスマッシュがこれに近いだろうか。フォア奥への誘い球であったり、打ちやすいけどミスしやすい場所への配球も近いかもしれない。ネットから少し遠ざけるヘアピンもこれに当たるだろう。

この「3」の存在を知らない選手が知る事により、選択肢を広げる。選択肢が広がる事によりキーパー(バドミントンで言えば、相手選手)の選択肢が増える。選択肢が増えると、今までスキが無かった場所にスキが生まれ、より簡単な場所でラリーを奪う事ができるようになる。つまり、3自身でポイントを取る以上に、3を意識させることで他の簡単な配球でポイントを奪える、ということだ。

もっと簡単に言うなら、体に近い場所を意識させることにより、体から遠いショットが決まりやすくなり、遠いショットを意識させれば今度は近くが決まりやすくなる。これはあくまで単純な例であるが、これをより複雑にプレーに組み込んだ例が上記と言えるだろう。


この3をより簡単に相手に出せるようになれば、相手選手の守りの選択肢が増える事になる。安全で、楽にできるコースの存在を知り、それを有効に配球に混ぜていければ、相手のスキは増えていくだろう。相手の意識を広げさせつつ、相手のスキをしっかりと見つけていく、言葉は難しいかもしれないが、実は難易度はそれほど高く無いはず。もっと相手を見て、いろんな事をやってみれば、自分だけの優位ポイントが見つかるかもしれない。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ベストショットを考えてみよう。




普段の練習では、厳しいシャトルに対してしっかり追い付いて打ち返す練習を繰り返ししているのではないかと思います。厳しい場面を想定することは、ゲームでも同じような苦しい場面で対応できるようになるからです。

これは楽な場面でも同じ事。相手のミスショットに対しての対応だったり、余裕がある場面での配球をどうするか、といった事も練習していく必要があるでしょう。


さて本題。

・相手の厳しいクリアに対して、難しい体勢からの強打のスマッシュ。
・相手の甘いロブに対してサイドラインを狙ってのスマッシュ。

普段から練習しているような、これらのショット。打てた時には気持ちいいかもしれませんが、果たして正解でしょうか。

バドミントンは、ベストショットを打つ競技ではありません。相手のエンドにシャトルを落とす、相手にミスさせる、それによって1点入る競技です。そんな中、自分のもてるベストショットを常に繰り出すことは、決して相手にとって厳しいショットだったとは限らないのです。

厳しい体勢からのスマッシュは、エースを取れればいいものの、リターンされると非常に厳しい状況に陥ります。サイドラインを狙ってのスマッシュは、サイドアウトする危険をはらんでいます。それらのベストショットと思われるショットは、逆に自分を苦しめる可能性があるのです。


このような内容とすると、安定したショットを選択する事になってしまいますが、実はレベルが上がると、常にそのベストショットで勝負しつつ、次のラリーでのリスクをできるだけ減らさなければならなくなるのです。厳しい精度を求めるのは決して悪い事ではありません。次のステップには繋がります。ただ、今の自分の現状を理解しながらゲームを進めなければ、いいラリーはできません。

あえて厳しい体勢からボディにスマッシュを打ちこまなければならない場面もあるし、甘いロブだろうとサイドラインにスマッシュを狙っていかなければならない、こんなプレーの繰り返しがハイレベルな戦いでは繰り返されていると思っていいでしょう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

自分のプレーでの技術としっかりと向き合い、何がベストなのか、何が相手にとってつらいプレーなのかを考えてプレーしてみましょう。

ここ1年程、個人的には相当のハイテンションで張り上げてます。


今は練習量が減ってしまった為、だいたい27Pから29Pぐらいで張り上げてます。だいたい1本20分ぐらいで落ち着いてきました。2本張ったら40分、時間はかかりますが、それだけの事をやっていると考えればしょうがないところ。

そう考えると、いくら友人の張上げを頼まれても、ストリングとは別に張上げ代はもらわないとやってられませんなwww

ところで一時は33Pぐらいで張っていたラケットも、多少の陥没はあるものの、いまだに折れることなく使えています。高校時代は25Pぐらいで張っていたラケットがパキパキ折れていたイメージがあるのですが、これはラケットの性能が上がったのか、もしくは腕が上がったのかw

とにかく折れることなく使えている事に結構驚いてます。

だいたいハイテンションで張り上げると、切れた瞬間にぐしゃっと逝くものですが、今のところそういう現象もなく、切れても折れないものですね。もっと寿命が短くなるかと思っていました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

といってもハイテンションを推奨するわけではありませんが、ラケットが折れるという事は、テンションよりももっと別の要因に原因があると考えた方がいいのかもしれません。よく折れる方、ちょっとプレーを考えてみては?

久々にレディースです。


仕事の都合でレディースにお邪魔することがめっきり減ってしまっていましたが、また最近増え始めてきました。


レディースの選手は、

「こうしたい」
「こんなプレーがしたい」

という欲求がとても強く感じます。
では、と言う事でその基礎練習をしてみる事になるわけですが、じゃあ次のゲーム練習で見ると

「まったく成長していない・・・」 by 安西先生


もちろん、ちょっと基礎練習をやったからといってできるようになるものじゃないのはわかっています。でも、その練習したプレーを生かすチャンスに、それをやろうともしていない。やって失敗ならいいのですが、やろうとしていないのです。

・身についていないからできない

の可能性もありますが、

・生かすチャンス自体をわかっていない

事の方が多いのかもしれません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

とすると、やはり練習時に、どの場面でのプレーの練習なのか、よく考えながら、もしくは、それを理解しやすいような練習をしていかなければならないでしょう。せっかく身に付けようとしている技術、なんとか試合で生かせるように頑張りましょう。

タウフィックヒダヤット選手の、おそらくトマス杯か何かの動画にばっちり映っているこのプレー。

実はゲーム練習中に何度も挑戦はしているのです。。。




当たり前ですが、あんな風にかっこよくいくわけがありません。


7割は、ぶっさいくにネットの真中に突き刺さり、2割5分はサイドに外れ、5分はコートに入るも威力も何も無くあっさりとレシーブされてしまっています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

いつかタフィーのような、ハイバックジャンピングクロススマッシュをきっちり枠に入れてみたい、、、のです。



あえて遅らせてみました。



頭を超えたシャトルへの諦め。ある意味清々しいものですが、ジュニア選手には泥臭く追っかけて欲しいところ。
追う事によってできることもあるし成長も見込める。諦めが成長を止める事もある。

と言う訳で、出足をあえて遅らせる練習をしてみました。


ノッカーの球出しに合わせてリアクションステップではなく、一歩逆方向へ足を踏み出させます。できるだけ目一杯。その状態からシャトルへ向かわせてみました。

それなりに効果はあったかなぁ。もっと遅らせてもいいぐらいかも。やはりシャトルを取る事が前提で動きだしてしまうので、遅らせるというところはどうしても甘くなってしまいます。逆体重からのフットワークに近くなってしまったかな。

もっと遅らせる練習としては、目を閉じて、打球音で目を開けさせてシャトルを追わせる方法。よく、ネットに目隠し用のシートを張ってやるのとほぼ同じ効果が期待できます。設備もいらないし、目を閉じさせた方が楽と言えば楽。打ち合いなら目隠しシートが必要ですが、ノックなら目を閉じさせてもいいでしょう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

一歩目の様々なパターンは、ノックである程度の数を覚えさせてもいいのかなと思ってます。選手がやりやすいやり方を勝手に覚えてくれればいいんですけど、やはりセンスがものをいう部分なのかも。

このページのトップヘ