バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

2013年07月

いつも軽い気持ちで練習に行くんですけどね。



週末は高校生相手に練習してみました。

シングルスはやり慣れていないせいか2ゲーム目途中ぐらいまでは技術の確認になってしまいますね。ほぼ確実にファイナルにいって、やっと動き出せる感じ。でもそのころにはへばってるんですが。

クリアの精度、カットとスマッシュのコントロールには毎回苦しんでいます。ラインを狙った所で、羽根が行く場所はダブルスのライン。そこじゃねーよ、と自分のプレーに突っ込みを入れながらも修正を目指しますが、慣れないせいかうまくいきませんね。やはり定期的にシングルスはやっていかないと。


ダブルスは特に問題なし。ただ、気が抜けすぎてミス増加はなんとも言えません。反省しつつも、練習相手の立場と自分の練習への欲求のバランスを取りながら、のんびり目のバドミントンとなりました。



だからといって楽しているわけではなく、案の定、尻から太もも裏側の痛みが抜けません。シングルスをやるとだいたい右足の痛みが数日残ります。ダブルスだと腰回り、肩甲骨回りがほとんどなんですが、シングルスは使う筋肉が違うのでしょう。おそらく全体重を右足で支えるプレーが増えるからだと思われます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

高校生相手に筋肉痛、もうそんな歳なんだなぁと思いつつ、トレーニングする気力をどこから引っ張ろうか、思案中。なんだかんだいっても、ダブルスだろうとなんだろうと、シングルスをプレーしていくことは長くバドミントンをしていく上では必要なんだなと実感しています。



まずはデメリットから。

クリア、スマッシュ系の打ちこみ練習は、選手の力の入れ具合によりフォームを崩す可能性があります。それが指導者の意図した崩し方なら問題ありませんが、強く打とうとするあまり、腕を大きく振り回してしまう恐れもあり、特に力を入れる選手にはフォームを注意しつつ行わせた方がいいでしょう。

さらに、強打の連続となるため疲労や怪我には注意が必要です。本数で調整したり、翌日の練習を下半身トレーニングを多めにしたり、無理はさせないようにしなければいけません。やり始めはおそらく筋肉痛になり、そこからフォームを崩すかもしれません。それによって怪我をしてしまっては練習の意味が無くなってしまいます。


そしてメリット。

繰り返し本数を打ちこむ事によって疲労が溜まります。その疲労により、力が抜け、フォームが変化する場合があります。フォームが崩れる事もありますが、その崩れ方がいい方に向かう場合もあり、指導者はそこへ導けるように声をかけながら行わなければなりません。

そして、多本数打ちこむことで、1球1球での調整がしやすくなります。前のショットで打ち損じた分を、次のショットで少し修正していくことができます。少しずつの調整は、ゲーム練習、パターン練習よりも遥かにやりやすく、選手にそれを理解させて、変えられるように練習させます。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

数十本単位の強打の打ちこみは、やはり疲労と怪我を真っ先に向き合わなければなりません。選手の状況をみながら、無理せず行いましょう。

以前は、手投げノックのメリット、デメリットで記事書かせて頂きました。今回はあまり関連はしてませんかね。



ジュニア選手のノック練習、どのクラブでも行っていると思いますが、最大のメリットは、

「ミスしても練習が続く」

という点でしょう。初心者の選手は特にミスが多く、選手同士で打ちあいをしててもラリーが続かず、シャトルを打ち返す絶対的本数が少なくなります。羽根を数多く打つ事は成長の近道でもあり、このメリットはとても大きいものと言えます。

「スピード練習に優れている」

これもノックならでは。ありえないテンポでのノック練習は、特にダブルスには効果を発揮します。レベルが上がれば上がるほどラリーテンポは上がり、それについていく為にはそれ以上のテンポで練習しなければなりません。その為にもノック練習でのスピードアップは必要不可欠です。


では、デメリットは?


「羽根の行き先への注意が低くなる」

ミスしても打ちだされるシャトルは、時にデメリットになります。羽根を打ち返すことだけに集中しすぎてしまい、その羽根が相手にとってどれだけ有効なショットなのか、この理解度はパターン練習に比べて大きく低下します。相手がいない練習ではネットを超えたかどうかだけの認識ぐらいしか備わらず、どんなに選手に注意したところで、相手がいる練習にはかないません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ノック練習はジュニアの軸となる練習だと思います。メリットデメリットを理解し、足りない部分をしっかり補えるようにしていきましょう。

練習しても無駄、ってわけじゃなくてさ。




ハイバックは諦めが肝心です。

何を諦めるか、が大きな問題となるわけですが。



「ハイバックでクリアを奥まで返すのを諦める。」

これが一つの方法。打ち慣れていないんだからきっちりとストレートドロップをコントロールする練習をした方が手っ取り早い。
私はこれも正解の一つだと思っています。


正解の一つということは、まだ正解があるということ。



「フォアで打ち返すのを諦める。」


簡単に言えばハイバックで打つということなんですが、ラウンドでの返球に未練をもっていると、苦しい体勢でしかハイバックで入る事ができなくなります。そうなると、ますますハイバックに苦手意識を持つ事に。この苦手意識克服の為にも、少しは楽な体勢の時から早めにハイバックを選択するようにします。

外から見ると「ラウンドで入れ」と怒鳴られるかもしれませんが、ハイバックをきっちり打つ練習だと考えれば聞き流す他ありません。少し楽な体勢でハイバックを打ち返せれば、繰り返すうちに徐々に厳しい体勢でも打ち慣れる事ができます。いきなり実用的な、ラウンドでは不可能な厳しいコースのハイバックばかり練習していても、苦手意識が溜まるだけでいいイメージがつかみにくいかもしれません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


いいイメージはそれだけでもバドミントンを楽しくするはずです。いいイメージを掴む為には?と考えながら練習してみてもいいでしょう。

結局バドミントンってこういうものなのでしょうね。



注:右利きの場合です・・・。

オーバーヘッドストロークで、スイング後右足が出ない選手。意識的に右足を踏み込む練習を繰り返します。

では、腕だけ振ってしまって右足が出ているけど腰の捻転が使えていない選手にはどうする?と考えた時、右足を出させない練習を繰り返します。


オーバーヘッドストロークで右足を出すのが正しいのか、それとも出さないのが正しいのか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



どっちかが正しいではなく、どっちでもいいではなく、どっちもできるようになっておきたい、といったところでしょうか。バドミントンには非常にこういった考え方が多い気がします。あまりに不確定なシャトルの軌道、テンポ、縦横高さの3次元に時間軸も加わり、それが複雑に重なり合って、正しいフォームを使いきれないプレーの方が多いのでしょう。


もしここで一つの正解を出すとしたら、腰の捻転を使えているかどうか、と言いたいところですが、それすら正しいとも限りません。この情報だけでは、時間軸、「シャトルに間に合わない」状況の可能性があり、その場合は腰の捻転すら使えず、さらに運動の範囲が狭まっている可能性があるからです。腰の捻転すら使えない状況なのに、足を入れ替えて腰を捻転させて打て、と言ってもそれは不可能。


万全な体勢で頭上にシャトルが上がり、それをできるだけ速いスマッシュ、もしくは遠くへクリアを打つ、こう説明できて初めて、左手を上げつつ半身になって腰を捻転させて振り込む、こういう基本的なプレーが可能になります。基本練習として、こういったフォームを身につける事は必要であって、これは体に覚え込ませなければなりません。

ただ、ゲーム練習に近づくとそうもいっていられない場面の方が遥かに多く、腰だけを捻転させて羽根を打ち返す方法、打点を下げてクロスカットを打つ方法、厳しくても無理やり足を入れ替える方法、回内だけでシャトルをコントロールする方法、その他基本を使えないプレーが急増します。

基本を生かしてゲームに応用できる選手、基本に忠実になりすぎて羽根を打てなくなる選手、様々ではありますが、それらを含めて見てあげる目を指導者として身につけていきたいものです。




こっちもいいわ。時間短くて詰め込まれてて。たまらん。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ




にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

いい。素直にシンプルに。

困った、困ったねぇ。



バドミントン初めて数十年、あ、ほんとに数十年だ。。。気が付いたらカットがメインショットになっていたのですが、ここのところサイドスマッシュに明け暮れていた為カットを打つ本数が相当減っていました。

ジュニア選手相手でもあまりカットを打つ事無くコースに打ち分ける事をメインにしていたので、ほとんど打ってなかったんですね、カット。


自前のシャトルも壊れるし、ちょっと敬遠してた部分もあります。金銭的にもw

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


そしたらコントロールが効かなくなってまして。カットで最もまずいのはサイドへのズレじゃなくて高さのズレ。高さがずれるということは、ネットに刺さるか浮いてしまうかなんですね。今回はネットに刺さっていました。これを修正するのがなかなかきつい。攻めるショットを上に打ちださなければならないジレンマと戦わなければネットを超えてくれないんです。スマッシュが10本に2本ぐらいネットにかかるなら頑張って打ちこみましょうで済みますが、カットがネットに刺さる場合はしっかりとネット真ん中にほぼ100%集まります。ちょっとの打点のずれ、面角度のずれではなく、根本的に何かがおかしいから入らない訳で、それを思い出す為には一球一球再確認しながら調整していかなければなりません。

ぶっちゃけ面倒な作業なんです。。。

大会にもあまり参加していなかったので、目標早めに見つけてカットの打ちだしを調整したいと思います。

名称 
SHB-01
POWER CUSHION 01
パワークッション01


メーカー
 Yonex

定価 ¥13,125








サイズ 22.0~29.0

形状
 3E(普通) ローカット

注意
・サイズ、形状はメーカーにより異なります。ご注意ください。
・詳細は、メーカーサイトでご確認ください。
・コメント欄には、使用感等書いてくれると嬉しいです。
・商品の価格については変動する可能性もありますので、販売店サイトにてご確認ください。




にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ




なんだか違う気はするんですが、

ライブドアブログ スポーツ(総合) スポーツ全般


現在、ここの35番目に当ブログがいるんですが、これってランキング?それとも、ただ単に番号が振ってあるだけ?

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


喜んでいいのか、たまたま偶然なのかよくわかりませんが、いったいどうなんだかわかる方います?

そんなに特別アクセス数が増えた訳でもないんですけどね。どうなんでしょうか。


名称 
SHB01MD
POWER CUSHION 01 MID
パワークッション01ミッド

メーカー
 Yonex

定価 ¥13,125








サイズ 22.0~29.0

形状
 3E(普通) ミッドカット

注意
・サイズ、形状はメーカーにより異なります。ご注意ください。
・詳細は、メーカーサイトでご確認ください。
・コメント欄には、使用感等書いてくれると嬉しいです。
・商品の価格については変動する可能性もありますので、販売店サイトにてご確認ください。




にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ




補足というやつですね。


【バド用品】ラケットの選び方、シューズの選び方
の、追記。

たぶん、シューズを書いている時に力尽きたようで、頭からシューズを書いていけばおそらく最後までもつのではないかと思ってます。


・シューズの選び方

普段の靴のサイズは参考にはなりますが、あてにしないでください。スポーツ、特にバドミントンは横、前後の動きに耐えなければならず、少し窮屈に感じます。小さすぎても駄目ですが、大きくて中で動いてしまう方がプレーには悪影響がでますし、怪我に繋がります。

履いていると、若干伸びます。これは若干なので、新品を履いた時に足の指が曲がっているような場合はサイズを上げた方がいいでしょう。足の小指だけが靴にあたるようなら、幅の広い靴を選びます。3Eであたるなら4E、どうしても駄目ならサイズをあげるしかありません。

この幅が大問題で、メーカーによって足形がまったく違います。私の感覚ではヨネックスとバボラは似ていますが、ミズノは細め、といった感じでしょうか。これは個人的な感覚で、正反対に感じる人もいるかもしれません。同じバドミントンシューズだからといって同じ形だと思わない方が無難です。

シューズにはローカットとミッドカット、昔はハイカットなんてものもありました。とりあえずローカットを選んでおけばいいとは思いますが、くるぶし付近までくるミッドカットの安心感がいいという人もいます。くるぶしが当たってしまうのが嫌、とにかく自由が効く方がいいならローカット、少しでもくるぶし付近まであった方がいい人はミッドカットを選びましょう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


最後に、シューズにはいろいろな機能がついているものもあります。ヨネックスはそれが顕著です。機能がつけば価格も上がる、だからといって履きやすさが上がるわけではありません。足に合ったシューズがベストです。あえて安いシューズを選択するのもいいでしょう。とにかく足に合ったシューズを、高かろうが、安かろうが、どのメーカーであろうが探しだす事が最も重要に考えなければいけません。高パフォーマンスと怪我の無いバドミントンの為に、いろいろと合わせてみるといいでしょう。

名称 
SHB-SC4L
POWER CUSHION SC4 LADIES  
パワークッションSC4レディース


メーカー
 Yonex

定価 ¥9,975








サイズ 22.0~26.0

形状
 3E(普通) ミッドカット 女性用モデル

注意
・サイズ、形状はメーカーにより異なります。ご注意ください。
・詳細は、メーカーサイトでご確認ください。
・コメント欄には、使用感等書いてくれると嬉しいです。
・商品の価格については変動する可能性もありますので、販売店サイトにてご確認ください。




にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ




名称 
SHB-SC4M
POWER CUSHION SC4 MEN  
パワークッションSC4メン


メーカー
 Yonex

定価 ¥9,975








サイズ 25.0~29.0

形状
 3E(普通) ミッドカット 男性用モデル

注意
・サイズ、形状はメーカーにより異なります。ご注意ください。
・詳細は、メーカーサイトでご確認ください。
・コメント欄には、使用感等書いてくれると嬉しいです。
・商品の価格については変動する可能性もありますので、販売店サイトにてご確認ください。




にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ




結構基本的な事を書いていなかった気がします。



・ラケットの選び方

シャフトの硬さ、ヘッドの重さ、総重量を重視します。ヨネックスは同じラケットでも重さ(バランスでは無く総重量)が違うもの(2U、3U、4U等)があるので、選択が必要です。グリップの太さもヨネックス以外はだいたい1種類です。ヨネックスは数種類あるので、一番細いものを選んでおけば間違いありません。グリップテープ等で太さは調整できます。

ジュニア
ヘッドが軽いもの(トップライトと表記されている)、シャフトが柔らかいもの
総重量は4U、5Uがベスト。
クリアが飛ばないからと、ヘッドが重いものを選ぶ場合もありますが、ジュニアの筋力を考えるならばヘッドが軽いものをお勧めします。

中学生男子、高校生女子
シャフトの硬さは普通から硬めでもいいでしょう。メーカーでの一番硬いラケットは避けた方が無難。ヘッドの重さはややトップライトからややトップヘビー。トップライトでは振り応えが無く、トップヘビーでは振り回されます。
3U、4Uが適当かと。

中学生女子

ジュニアより少し振り応えがあるものを選択。
シャフトの硬さは普通まで。ヘッドの重さも普通までが扱いやすいでしょう。
できたら4Uを選択しましょう。

高校生男子
トップ選手のラケットを選びがちですが、体格、筋力に合わせて選んでください。トップヘビーでは振り遅れる事もでてくるし、硬いシャフトでは使いこなす事が難しくなります。今までの経験と、レベルを考えて選択しましょう。
トップライトなら2U、トップヘビーなら4U、イーブンなら3U。

社会人
お好きなものをw

レディース
きっちりと基礎を身につけるなら、シャフトは普通まで、ヘッドの重さもイーブンまでがお勧めです。遠心力で飛ばすのが楽なトップヘビーを選んでしまう場合もありますが、その振り方を修正する為にもラケットは扱いやすいもので練習した方がいいと思います。
重さも3U、4Uで選択しましょう。



・シューズの選び方

各メーカー、各製品で形が違うと思ってください。ですので、ネットで安いからと衝動買いするのではなく、実際に合わせてみましょう。怪我にもつながります。
ジュニア選手でも、大きめでは足が靴の中で動いたりしてしまいますが、サイズ調整器具もあり、靴下二枚ばき等無理やりなんとかする方法もあるにはあります。サイズが合わないのはあまりお勧めはできませんが、あっという間に履けなくなってしまうのも悲しいもの。問題無いサイズを選んでください。

ネットで買う場合は、同じ靴、同じサイズの2足目なら問題無いでしょう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

名称 
SHBSC6WM
POWER CUSHION WIDE SC6 MID  

メーカー
 Yonex

定価 ¥13,125








サイズ 22.0~29.0

形状
 4E(幅広) ミッドカット

注意
・サイズ、形状はメーカーにより異なります。ご注意ください。
・詳細は、メーカーサイトでご確認ください。
・コメント欄には、使用感等書いてくれると嬉しいです。
・商品の価格については変動する可能性もありますので、販売店サイトにてご確認ください。




にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ




何度か書いたことがある話ですが、ふと思い出して書きたくなるものです。
覚えている方は流し読んでみてください。まったく同じじゃないですけどね。



時間をどれだけ上手に使えるかは、選手の未来に大きく関わってきます。

1日の10分は、365日では3650分。60時間を超えます。5分では半分だと30時間。1分でも6時間。


これだけの時間をどれだけ大事に使えていますか?


指導者は練習メニューを、選手は練習への取り組みを、この時間の感覚が変わるだけで大きく変わるはずです。練習も、生活も。

くだらない時間を少し削るだけで、選手の未来がその時間分成長する、そう考えると、少しの時間をなんとかうまく活用できるようなメニューをこなさせたくなります。


先日紹介した本に、クールダウンの話もありました。クールダウンを別メニューでとるのではなく、練習メニューとして組み込める、というのです。激しく追い込んだ後、0にする前に軽く動いておくのがクールダウン。ならば、軽めな技術練習やパターン練習を入れれば、わざわざクールダウンに時間を割く必要が無くなるわけです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

もっといろんな方法で、時間を考えて進めてみてはいかがでしょうか。



Victor

韓国代表で知られるこのメーカー。

見てみると、韓国代表、フィリピン代表、日本では宇部興産が契約しているようです。


そして、タウフィックヒダヤットがいたインドネシア、ここのミックスダブルスペアが、ふと見てみるとVictorのラケットやらウェアやらきていました。

タフィーはYONEX。引退して一気に他メーカーが押し寄せたのでしょうか。ちなみに見た試合は2013インドネシアオープン。XDの決勝、デンマーク対インドネシア、YONEXはデンマークの女子選手一人だけ。男子選手はバボラ、インドネシアペアはVictor。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

今後はこういった事がどんどん増えてくるような気がしてなりません。

名称 precision pro プレシジョン プロ RPREPRO

メーカー adidas

定価 ¥22,050








サイズ 3U5

バランス
 先重 5 4 3 2 1 先軽 (イーブン) 28.8cm

フレックス 硬い 5 4 3 2 1 柔らかい (普通)

長さ 13mmLong (675mm)

形状 四角

注意
・詳細は、メーカーサイトでご確認ください。
・コメント欄には、使用感等書いてくれると嬉しいです。
・商品の価格については変動する可能性もありますので、販売店サイトにてご確認ください。




にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ




このページのトップヘ