バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

2013年10月

経験則を必死に言葉にすると、こうなるようです。





相手が右利きの場合。
後方からのハーフスマッシュやドロップ、もしくは前衛からの長めのヘアピンやドライブストップを想定。

コースは自分から見た位置を示しています。

左サイドライン
相手フォアで処理。大きくテイクバック、もしくは打点を少し遅らせたのを確認したら、左側ストレートのみを想定し、ラケットを出す。派手にいくなら飛ぶ。

中央左側
相手バックで処理。ラケットの移動タイミングが早ければ左サイドを張る。タイミングが遅い場合は、右サイドネット前の可能性もある為大きい動作はしない。ショットを見て対処。

中央右側
相手フォアで処理。ラケットの移動タイミングが早ければ右サイドを張る。タイミングが遅い場合は、左サイドネット前の可能性もある為大きい動作はしない。ショットを見て対処。

右サイドライン
相手バックで処理。大きくテイクバック、もしくは打点を少し遅らせたのを確認したら、右側ストレートのみを想定し、ラケットを出す。派手にいくなら飛ぶ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


2つのポイントとは、相手のラケットの初動が大きいか小さいか、ショットに対してタイミングが早いか遅いかがわかれば、ほぼコースは限定できます。これを見越してのフェイントもあるにはありますが、いいショットが行けばいくほどフェイントの可能性は低くなり、読みが当たる可能性が高くなります。

特に相手のラケットの動きが大きければチャンス。ネット付近への配球の可能性がぐっと減る為、例え予想が外れたとしてもリスクはほとんどありません(後衛が処理する羽根になります)。思い切ってコースを潰しにいってみましょう。



ただ、言葉にできない前衛の読みがまだあるような気がしてなりません。プレー時はこれだけじゃないような気がします。言葉で説明できるように考えながらプレーしてみたいと思います。

流行っているのでしょうか?







黄色いシューズを集めてみました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ここまでくると、パッと見でどこのメーカーのシューズがわかりません。
本体黄色、靴ひも黒はデフォルトなんでしょうかw

ちょっと前はオレンジ、今は黄色、次は真っ赤なのがきそうな予感。もうアディダスやバボラのレディースは赤出てますね。2014はきっと赤がくるはず、なんて適当な妄想をしてみました。



実はたぬ吉も黄色シューズw

全勝w



この3大会、全勝で終える事が出来ました。出来過ぎです。(団体戦なので全部優勝したわけではありませんが、一応全勝)

冴えていたのは前衛のタッチと真ん中からのドライブです。これらがラインを外さなければ、スピード無くてもなんとでもなるものですね。
ハイバックでの逃げも中途半端だったかなぁ。レベル差があるとついつい好き勝手やってしまうのも、悪い癖の一つ。

今回の大会は、課題よりもいい部分だけが印象に残る3大会となりました。次の試合、とくにタッチは同じ感覚を掴みたいものです。




にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

何本も。





スマッシュをゲームでサイドラインめがけて打ち続けてみました。

・決まる場合
2発目、3発目と続くにつれレシーブが遅れてくるタイプ。

・しっかり返される場合
コース、スピード共に変わらない為、一度返せればいくらでも返せる。おそらくレシーブ体勢を取るのが早いのだろう。

・早々にコースを変えてくるタイプ
前に逃げるよりは、クロスに大きく逃げてくるタイプが多い。2球目でのコースチェンジが多い。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ラケットを振り回して打っているので体力の消耗はほぼ無し。延々と打ち続けられるのがコントロールスマッシュのいいところ。魂がこもって無いので押し切る事は難しいw

レシーバーによっていろんなタイプがいるのも面白い。本番の試合だったら、と想定しながらあえてサイドラインにスマッシュを打ちこむのがこれの面白いところです。挑戦してみましょう。

たまに思い出したくなったりするんだよね。




ダブルスのパートナーを思い出してみた。

小学生
クラブで3番手ぐらいだったかな。下から数えた方が早いぐらいのレベル。2人ぐらいの同学年と組んで試合にでた記憶が。1回勝ったか勝てなかったかぐらいw

中学生
1年2年時は先輩と。3年の時は後輩と。それぞれ二人ずつ。
地区準優勝、県ではベスト8が最高。その程度の実力。

高校生
1年時は初心者の同級生。2年では先輩、夏から3年の時は同級生と。3年のときは第一ダブルスだったけど、個人戦の結果はぱっとしなかった。団体でもインハイにはあと一つ届かず。

社会人
訳も分からず10ぐらい上の人と組んだのがスタート。
その後は大会ごとにクラブ内外県内外問わずいろんな人と組み続けて今に至ります。
一番多く大会に出た人でも、おそらく10回ぐらいじゃなかろうか。
決して不仲というわけじゃなく、誘われるがままに試合でてたらこんな事になったような感じ。ずっと優勝していれば固定したかもしれないけど。
数年ぶりに組んで試合出るのも楽しいものだし、初めての人と組むのもまた面白いもの。

こんなことしてたら、大会の為にパートナーと練習するなんて事がほとんど無くなりました。だいたいぶっつけ本番。パートナーに合わせてゲームしたり、自分勝手にゲームを進めたり、それらを選択するのもまたいいものです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


最近出た試合で組んだパートナーは、中学時2回、社会人時1回、その後約10年空いて1回、で直近で1回。長い付き合いだけど、お互いが誘われなきゃ大会でないタイプだから、お互いを誘う事が無い。だから組まないw


よく「パートナーが合いません」「コンビネーションがうまくいきません」とか話を聞きますが、自分でできる事を増やす事で初見でもなんとでもなるんじゃないかなぁと思ったりしてます。意思疎通を図るより、まず自分の引き出しを増やしてその中でパートナーに合うものを選択する、もしくはパートナーに押し付ける、そんな感じでダブルスなんてなんとでもなるんじゃないかなぁと思ってます。

第30回全日本シニアバドミントン選手権松山大会



大会名は松山大会なんですが、選手からの認識は愛媛大会ですね。
組み合わせが発表されました。選手の方、は追い込み時期です。怪我の無いようにがんばりましょう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


私は今年は一休み。来年は東京大会とのうわさなので、パートナー探して出場目指してがんばります。

2戦目のおかげか、体動きますね。




3試合。

自分で言うのもなんですが、前衛が冴えわたりました。自画自賛。サーブが良かったおかげというのもでかいし、パートナーがきっちり打ちこんでくれたのもありがたかった結果です。

ボディめがけて打ったショットがサイドライン割ったりエンドライン割ったり、というのが3本ぐらいあったのは課題ですかね。勝ち急ぐとこうなってしまうんですね。点数は大事に慎重に取らねば。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

サーブは今日ぐらい打てるとゲームが組み立てやすいんですが、そんな事は少ないんですよねー。大会月間はあと1戦。怪我しないようにのんびりきっちり。.

シューズ選びにこれはとてつもなく大きい特典です。



LI-NING(リーニン)は中国メーカー。バドミントン中国代表はこのメーカーを使用しています。
通販でシューズを買うのに付きまとうのがサイズの問題。サイズはメーカーによっても足形が違ったりするので、店頭で確認するしか方法がありませんでした。2足目は同じものを安いネットで買うとか。



















なんと、サイズ交換無料!(ただし1回のみ)

私もシューズだけはなかなかネットで新製品を買う事ができませんでした。どうしたって足に合うかどうかわからないし。でもサイズ交換が無料なら、これは挑戦してみたい気もします。中国メーカーがどんなものかも気になりますし。ちょうどシューズのソールがすり減ってるし。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

できれば2足送ってもらって1足返品の方が良かったりもしますが、ほぼサイズが固定されているなら考えてみてはどうでしょうか。



ギャンブルプレーでありながら、その確率を上げられる方法です。




高く奥へ上がったらサイドバイサイド、です。
でも以前から言っているように、スマッシュが来るからサイドバイサイドになるわけであって、こなければ前に詰めた方が有利になります。

ロブやハイクリアで前に詰めるには、根拠が欲しいところ。

ここでは打とうとしている相手をよく観察します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

高く上がれば上がるほど観察時間は長くなりますが、スマッシュを打ちに行く時とそうでない時、明らかに羽根の待ち方が違います。どう違うかはその選手によって変わりますが、良く見れば強打とそうでない時の力の入れ具合が違うはずです。

最も多いパターンは脱力。あれ?と思うほど力がぬけていたり気持ちがぬけていたり、そんな様子が感じられたら相手が打つ前に前に詰めてみましょう。

高く上がれば上がるほど相手は自分たちを見る事ができません。失敗してもパートナーがいます。思い切って突っ込んでみると違った世界が見えてきます。目指せドロップのプッシュ!

将棋に近い、と私は思っています。





前衛にいるときに考える事は、

パートナーがスマッシュ

・ストレートドライブ
・クロスドライブ
・ストレートハーフ
・ストレート前
・クロス前

パートナーがドロップ、カット
・ストレートヘアピン
・クロスヘアピン
・・・浮いた時はプッシュ


今書いてみて感じたのは、ドロップの方が選択肢が少ないんですね。ゆっくりなショットなのでリスクは高くなりますが、前衛に優しいのはドロップ系のショットになるんですね。
ここでロブが無いのは、ロブは後衛が処理する事になるからです。前衛はそこまで考えません。

前に説明済みかとは思いますが、パートナーからドロップが打ち出されれば、前衛は前に詰めます。上記のとおり、待つのはヘアピンのみ。そのドロップが浮いたら終わりですが、しっかり打たれたドロップならヘアピンを潰す為だけに動きます。



スマッシュの時は選択肢が増えます。ここが駆け引き。

前衛を見ない選手は、ほぼストレートドライブ、クロスドライブをスマッシュコースで打ち分けます。ショートリターンは少なめの場合が多く、こういう相手の時は駆け引きよりも遥かに読みやすく、前衛でも止めやすくなります。

ですが、こういう選手は確率で打ち分ける事が多いように思います。ストレートを多く止められればクロスリターンというように。レシーブフォームを見て対応しましょう。

では前衛を見て打ち分ける選手の場合。

ストレートが空いていればストレートのショートリターンやストレートドライブ、クロスが空いていればクロスショートリターンやクロスドライブ。このような相手は、あえてストレート側を空けて、相手がコースを決めた瞬間にストレートに飛び込みます。タイミングは相手のラケットの始動ぐらい、もしくはスイング体勢を整えた時でも早くはありません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

相手からのショートリターンの後、プッシュにいければ問題ありませんが、プッシュにいけなかった時は、攻めを続けたいならヘアピンやハーフ、無理ならロブで守りに回ります。この時相手が前に詰めてくる様子が無ければヘアピン一択です。
相手が前に仕掛けたという事は、相手が詰めてくる場合もあります。この瞬間が、相手も攻めにきている、そしてこちらも攻めを続けたい、それがネットを挟んで交錯している時間になるのです。

フェイントかけてクロスヘアピンをもっていくか、最速でストレートヘアピンを打ちに行くか、最速クロスヘアピンで相手を振るのも一つの手です。ちょっと高い位置で触れたならドライブやハーフの選択肢もありますが、この高さ判断も間違えると相手のプッシュやスマッシュを受けてしまいます。ここの駆け引きはドライブ程のスピード感はありませんが、最も短い距離で行われる凌ぎ合いになり、相手を見ての素早い判断力勝負になります。

攻めきった方が正解であって、諦めてロブで逃げた場合も正解。この勝負での負けは、このやりとりでポイントを奪われる事です。諦めてロブを上げる事も頭に入れながら、どうやったら攻めることができるのか、前で勝負できるのか、ギリギリまでいくことを楽しめると、前衛がより楽しくなるでしょう。

ある意味、理想的な筋肉疲労なのか?




日曜日の試合後の筋肉痛を、月曜日に聞いてみましたw

だいたいはもっと偏った痛みが出るものなんですが、いわゆるコア部分、肩甲骨と股関節あたりがぼんやりと痛い状態です。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

いつもは右肩、右太もも、左足首のように左右非対称の場合がほとんど。良い解釈をするなら、力が抜けて、良い形、体勢でのフットワークやショットができていたと言えるのかもしれません。


ただし、悪く言うならそういったコア、体幹部分の強化が絶対的に不足しているということにもつながります。柔軟性も考えながら、怪我をしない為にもトレーニングをしていかなければいけませんね。


来年のシニアは東京でしたっけ?いろんな意味で厳しいですねー。

明日大会でした。



体調管理は大切ですよ。

と言いながら、チューハイ一本でリビングで倒れる一人の爺。
おはようございます。ちょっと前に起きてみました。

起きたついでにブログ更新して、今日に備えてしっかり寝なきゃと思いながら、休日前はついついいろいろとやり残している感が漂ってしまい、まだ寝られません。でも寝なきゃね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


経験上、夜更かしすると試合中足攣ります。今日の試合は、最後まで持つかどうか。



CS,広島1勝。明日は大会どころじゃないのが本音だったりw

この3つは特に小さいころから伸ばさなきゃ話にならんのかもね。




・瞬発力

いわゆる神経系。脳で行きたいと思ったポイントにいかに早く動く事ができるか。練習方法はダッシュ、縄とび、ミニハードル、ラダー等。


・ラケット感覚

ラケットの長さ、打点。目の前のシャトルに対してどうラケットを使えばスイートスポットで捕えることができるか。初心者にはシャトルリフティングから始まり、ノック等で繰り返し体に染み込ませる。


・シャトル認知

相手から放たれたシャトルの落下地点をどれだけ早く認知できるか。プッシュでいけるのかヘアピンで返球なのか、ラウンドでスマッシュなのかハイバックでコースをつくのか、等の判断力も重要。ゲーム感もこれに近いと言える。集中力、周辺視等目からの情報を変換するので経験が必要とも言える。





この3点、練習では意識的に取り組むべきと考えます。
筋力、持久力、ショットコントロール等は後回しでもいいのかも。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

結局、確率の問題。




素晴らしいスマッシュを打つ力があったとしても、それが10回中9回しか決まらないのと、ちょっとだらしないスマッシュだとしても、100%の確率で打てるのならば、後者の方が良い、とたぬ吉は考えます。

レシーブではそれが顕著に出るもので、活きのいい若者のスマッシュを打っては見るものの、思った所とずれるずれる。返せるショットは返せても、返せないショットもある。これじゃだめなんですよね。

レンホウ「2位じゃだめなんですか」   だめなんです。

返せると思ったシャトルは100%思い通りにコントロールしなければ、それが失点に繋がってしまうのです。レベルが上がれば特にそう。返せないならしょうがない。でも返せるならそれはきっちり返さなければ意味がない。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

この100%に近づけるには打ち慣れないと厳しいものがあるんですよね。しばらく大会無いから、と思ってたら、10月は3回程試合に借り出せれているんでした。


どうしましょうか。。。




 の「ローテーション」という言葉について追記します。



某有名な元選手であり講師でもある方とお話しする機会がありました。

「ローテーション」という言葉を否定し、「ポジション」「ポジション取り」だと言うお話。
私自身の感想としては、

 ・その通り
 ・むしろローテーションという言葉の違和感は前々から感じていた

というものでした。ただ、ローテーションという言葉が一般的である以上、ローテーションという言葉を使う方が分りやすいとも考えていました。

 ローテーションという言葉で最も勘違いをしやすいのは、「円状に回る」という感覚で覚えてしまう事です。これと区別する為にはやはり「ポジション取り」という言葉の方が適当だと感じます。
というのも、ほとんどの場合は、ベストポジションへは直線で最短距離の移動で行われ、ローテーションで連想される曲線では行われません。
次の場所へ移動するだけなのだから、回るというニュアンスは、確かにおかしいと考えられます。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

特に初心者から中級者にかけて、言葉でのイメージ通りに動く事もあるかと思います。この行動は本当はどういう意味なのか、考えてみると、本質が見えてくるはずです。


いいのかなぁ。。。




今回のは結構よかったんじゃないかなと思います。中級者向け。

・説明の兄ちゃんがむかつく
・前回の「サーブレシーブ」から飛躍し過ぎ

これ以外は内容的にもわかりやすく仕上がっていました。
トップアンドバック、サイドバイサイド、そこからの展開等、要点を絞って説明されていました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


ただ、大問題な点が一つ。

Eテレのバドミントンの番組、これからも続くのかわかりませんが、別な人がやっているものもあるんですよね。実はその人、「ローテーション」って言葉を使っただけで切れられた事がありましてw

もしそのお方と並行してやっていくなら、Eテレさん、考えた方がいいんじゃありません?

もうバカかと、あほかと。。。





選手もコーチも気が付かないもので。

遠くの羽根を取りに行かせる為に、2歩以上歩数を使って取りに行く練習を繰り返し行っていました。何ヶ月、いや、何年か。

シングルスで身の回りに来た羽根に対して凄く反応の鈍い選手がいたので気にはなっていたのですが、ラケットが振れていない、反応が悪い、相手を見ていない、等の理由だとばかり考えていたのです。

最近やけに気になっていたのでよく注目して見ると、なんと、目の前のドライブ気味のシャトルに対して、足を2歩動かしてから打っているんですね。これにはびっくり。気が付かなかったのもなんですが、まさかこんな癖を付けてしまっていたとは。。。




緊急手術的なもので、そこから30分以上、手投げで一歩で羽根を打ち返す練習を行いました。この30分でよくなってくれるかどうかはわかりませんが、しばらく様子を見ながら、メニューも含めて考え直さなければなりません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

遠くの羽根を取りに行けない選手はいても、近くの羽根に対して足を2歩動かしてからしかラケットを振れない選手なんて初めてだったもので、やはり選手の観察は怠ってはいけませんね。反省いたします。

私は、あくまで私自身は、特にジュニアはラケットを短く持った方がいいと考えてます。




ジュニアの筋力では、ラケットを取りまわすのは難しく、少しでも扱いやすくする為にラケットは短く持つべきだと思っています。私自身でさえ、レベルが上がった試合ではスピードに対応する為に短く持って振り遅れないように対処します。

先日、打点がずれている選手を見たのですが、気が付くとラケットを長く、グリップの下の方を持っていたので、動かしやすくする為にグリップの上の方を持てと指示しました。すると、何故かますます振り遅れるのです。


長く持った方が振り遅れない・・・。これはいったいどういうことなのでしょうか。。。



推測ですが、

・ラケットを動かす方法がわからない為、長く持ってヘッドの重さを使っている
・回内、回外を使えない

まだはっきりとはわかりませんが、ラケットを長く持つメリットが、シャトルを遠くへ飛ばすという事以外にあるのかもしれません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

・・・困った。。。


以前紹介したこれ。

縦27P横30Pで張り上げてみました。

海外正規品ということもあり品質に若干不安がありましたが、打感耐久性等特に問題無いようです。




これとテンションが違うじゃないかって?下手切り一発、張ってから3時間程で切れましたさ(号泣)
あからさまな下手切りですので、商品品質とはまったく関係無いのであしからず。





で、久々に見てみたら、もう赤と白は売り切れのようで、ピンクしか無いんですよね。

買おうかなw

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ








前にこんな記事を書いたのですが、

【広島】引退・前田智“謝罪”Tシャツ発売

まさかこんな展開とはw



しかしこんな記事やTシャツが販売されるってことは、本当にもう駄目なんですね。。。

いかん、泣きそうだ。。。

このページのトップヘ