今までの自分を全否定してみたっていいじゃないですかw




何度も書きました。

「前衛は触れるものは触っとけ。触れなくても振っとけ」



考え方は変わらないわけですが、スカスカでも実はメリットがあるのです。
スカスカな前衛のメリットとは、

「後衛が思い切ったアタックを仕掛けられる事」

後衛に、前衛が触るかもとは微塵も思わせない動き(動かない)。これによって後衛は躊躇なく攻める事ができます。


わかっているとは思いますが、これで全てとは言いません。ただ、この動き(動いてないわけですが)、使い道や場面があります。


それは、

前衛がシャトルに触れ、相手がある程度低い位置でシャトルを触った場合

です。

前衛がシャトルに触れたという事は、後衛はシャトルに触れていません。と言う事は、次のシャトルは後衛にとっては万全の態勢で打つ事ができます。
次にある程度低い位置で触った場合、この後シャトルはネットを越えます。下で触れば触るほどヘアピンやハーフの確率は減り、逆にロブの確率が高くなります。

と言う事は、この場面では次のシャトルはあまり深く考えなくていい事になるのです。

注意すべきは、

1.それを見越した相手からのヘアピンやハーフ
2.相手が触った高さでの判断

この二つを間違えなければ、何しててもプレー自体は問題無く進むと思われます。踊っててもしゃがんでても問題なし。なぜなら次はロブで後衛がアタックを仕掛けてくれるはずだから。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

他にも前衛を抜かせた方が良い場面もあるので、そこら辺を考えながら前衛を楽しんでみるといいでしょう。




ちなみに私の場合、練習のゲームならしゃがって後衛眺めたりしてますが、大会やマジゲーム練習ではネット前に詰めてプレッシャーかけておきます。疲れるプレーではありますが、後々役に立つプレーなんじゃないかと思ったり。