バドミントンぷれいやーず

【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

バドミントン用品の「ROOM」 




別館:https://bpstanukichi.blogspot.com/
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】
相互リンク
Flashscore https://www.flashscore.co.jp/ badminton



2020年02月

今、たぬ吉は非常に危ない状況にある。

たぬ吉自身の指導方針を納得させる為にTAGOKENを見てしまっている。


簡単に言えば、回りにYESマンを置いて良い気になっているのと近い、とも言えなくは無い。



ひとまずはしばらく乗っからせてもらおうと思う。


ロブ回。



たぬ吉の持論に、引かなきゃ打てない、というものがある。TAGOKENは非力なジュニアやレディースではしっかり引かせようとしていたところに好感をもった。今、上級者では引かずに打て、というのが流行りらしいが、実はそれでも引いている。完全に引かないのは不可能だと思っている。

で、引く前にラケットをセットすること。おそらくイメージとしてはストレートヘアピンでいいのだろう。この位置にラケットを必ずおいて、そこから引く。引くのは個人のスキルに合わせて。上級者であればこの引く動作をできるだけ小さく、初心者はある程度引いて体の力で遠くへ飛ばす、といったところか。



あともう一つ。ロブはエースショットではない。サイドへの精密なコントロールは不要。厳密に言えば、狙ってアウトになるぐらいなら、アバウトに内側でいい。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


タイミングで飛ばす、体の力で飛ばす。当たり前をハイレベルになるまでスキルを上げていく。決して特別な事は無い、こう言っているんじゃないかと思うんだ、あの金髪さんは。



もうジュニアの中でも結構な人気者なんやぞ?桃田ほど真面目になれとは言わんが、ジュニア選手の目標になる努力、してくれんだろうか。

匿名だから伝えたい事、言いたい事もある。

ハイレベルな技術から出て来る言葉は、リスク管理。1本の素晴らしいショットより、10本の確実なショットを優先する。

共感する指導者多いだろうし、私もその1人だ。
「スマッシュを速くするにはどうしたらいいですか?」
と今まで何度聞かれたか分からないが、そのたびに「何で速くする必要があるの?取られるのに」と聞き返してきた。

リスクを回避し得点機会確率を上げていく、これを実行する為の技術と反復練習。

行動や言動、姿はどうしたって好きにはなれない。ただし、指導している時だけは、真摯な態度に引き込まれる。

なんとも言い難い、動画である。

そんなつもりはなかった。後悔はちょっとしている。。。

あれだけ田児の動画を見ない、と誓っていたのにも関わらずつい出来心で。
(ちなみに選手には、私はみないが上手くなるためには見ろ、と伝えていました)

今更ですが、体つき、金髪、反省のかけらも無いなというのが率直な感想。

ではありますが、内容はといえば、世界トップレベルだった選手の言葉からしたら遥かに優しく、ジュニア選手にも頭に入るような動画なんじゃないかと思います。やっぱり見るしかないか。。。たぬ吉がどんなに気に入らなくても、選手のためにはやはり田児の動画を見て勉強をしなければならないと感じました。


さて、そのハイバック回の内容。

何に驚いたかといえば、田児が「ハイバックは教えたくない」的な事を言っていたこと。今の主流としては、将来使うから技術として学ばせるべき、との方向だが、それによってラウンドで入る事を横着してしまう。これに危機感を持っているということ、これがなにより衝撃。イメージ的に技術先行型の選手と思っていただけに意外でした。


実は、自画自賛ではないのですが、この動画を見て真新しい内容というのはありません。これは断言。ただし、指導者として学ばなきゃいけないのは要点、何を重点に覚えさせるか、そして注意点は何か。

そして何より、一つの指導方法としてそのトップ選手からの言葉が下りてくる事。これに、たぬ吉は安心感を覚えることができました。技術を探って暗闇を進む選手、そこに光を当ててあげなければならないのに、その指導者が迷子になりつつある、こういう状況って特にジュニアの指導の中では結構あると思います。「間違っていなかったんだ」という安心感は、選手もそうですが、指導者にとっても大きいもの。これが、講習会ではなく、パソコンやスマホで確認できる、しかも無料、これがどれだけありがたいことか。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


それと、たぬ吉が理解している技術、これを、たぬ吉個人的にはそれほど重要視せず伝えていなかったこと、これを田児が重要ポイントとしてあげていたこと、一つの技術に対しての認識の違い、これがやはり新しく感じられた事でもあります。


今後、我慢するところは我慢して、しっかりと学んでいきたいと思います。
でもね、あの腹と髪はなんとかならんのか。。。ジュニア選手の目標なんよ、あんたはさ。。。



前にのせたかどうか記憶が無いので紹介。

とにかく音がでかい。
以前使っていたものは、シャトルランをやろうとしても足音でかき消されていましたが、これなら問題無し。

トレーニングタイマーなら3万円は超えるところ、スマホとこのスピーカーでも充分使えます。

とにかく音が大きいのと、安いのが最大のメリット。

たぬ吉は、スマホにインターバルタイマーの無料アプリいれて練習に使っています。
一つ難があるのは、電話がかかってくると、着信番号がスピーカーで流れたりするという。。。

これはしょうがないところ。スマホ買い換えるタイミングで、タイマー専用機にしようと考えています。

10W前後では体育館では響かないのでご注意を。このクラスで初めて練習で使えると思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


ちなみになんで載せたかと言うと、




これ。すげーやすくなっているじゃん、と思ってたら、よくみると、カバーのみなんですよね。
お気を付け下さいませ。

こんなトラップもあるなんてね。おそるべしアマゾン。


このページのトップヘ