ようやく本編まで踏み入れていこうと思う。

今回は、第一回として、最も最初に行うプレーのサービス、さらに条件を限定して「ショートサービス」に触れてみたいと思う。

まずショートサービスでの重要点を記す。

・プッシュされない
・次のシャトルで勝負できるようにする

レディースの方がショートサービスをする場合、ネットからの高さは、重要ではあるが、一般に比べるとそこまで重要では無くなってくる。それは、どうしてもフットワークがついてこない為、少し下がり目でレシーブをしようとしてしまうから、ショートサービス→プッシュ、という場面がとても少ない。つまり、最低限、プッシュされないぐらいの高さを維持できればよい。そして、ショートとロングがばれないようなサービスが出せれば尚いい。口で言うのは簡単だが、これが意外に難しい。コツは、ロングサービスを出す時に急がずに出すこと。適度にロングサービスを織り交ぜる事。
問題は2番目である。結論から言うと、サービスを、相手の取りにくい場所へ落としていく。一般と比べると失礼になってしまうかもしれないが、やはり前述したように、フットワークが若干鈍い。ショートサービスは大きく返して次から勝負という傾向が強くでるのも特徴であるが、大きく返されない場所にショートサービスをコントロールしてあげることが重要となる。これには二つの大きなファクターがあり、

1.場所
何度も前述しているように、少し後ろに構える傾向がある。それを踏まえて、サービスラインのオンラインを目指してサービスを行う。コートの外側にコントロールできれば、なおいい。
2.時間
これは、サービスがなされてからシャトルが床に落ちるまでの時間である。これのコントロールは、とにかく練習を積んでもらいたい。非常に奥が深い。コツは、ラケットを振らないでコンパクトに出す。ネットの真上でシャトルの頂点を作るイメージが持てれば、この時間はどんどん短くなる。

この二つを特に気にして欲しい。

これに対してのポジションであるが、基本は「プッシュされないこと」を前提にサービスする為、

「トップアンドバック」

の体制をとる。後衛は、甘く入ってきたシャトルは積極的に打ちにいき、前衛は、前の細かい対応をしっかりと取る。
ここでもう一つ重要なのが、

「サービスに満足しない」

事である。どういうことかというと、よく、サービスの行方をのんびりと見入ってしまっている方が見受けられる。そんな間にも相手はシャトルを打ちにいっている。サービスを出した後は、いちはやくラケットを構え、次のシャトルに備えるようにしていく。遅くとも、相手がシャトルを打ちに行く前には、ラケットを上げて次に備えたい。この考え方は、様々なプレーに共通するものである。今後何度も出るので、その度に思い出して欲しい。

「相手が打つ前に、自分が打つ体制を取る」

よく覚えておくこと。絶対に必要な言葉だ。