ショートの次はロング。安易で申し訳ない。

ロングサービスの考え方としては二つある。一つは、相手を後ろに下げる為のロング、もう一つは相手の体制を崩す(あわよくば決める)サービスである。が、実際のところ、ほとんどは前者であり、後者はレディースに限るとそうそう狙えるものではない。
理由として、レディースのメインは守備的なものであり、サービスレシーブから攻撃的にはこない。フットワークが他の種目から比べて弱い点もあり、レシーブ位置はほとんどコートの中間を取る。さらに、レシーブの一歩目はサービスがなされたのを確認してからであり、サービスと同時に動き出そうとはあまり考えない。結果として、ロングで崩すのは難しいと言える。

では心がけるのは何かといえば、きっちりとエンドラインまで飛ばし、サイドバイサイドの陣形を取ることである。早く打とうとせず、ゆっくりでもきっちりと下がらせるサービスが有効であり、守りやすくなる。中途半端に低いシャトルを打つよりは、しっかりと高いサービスを心がける。

相手のアタックが怖くない場合は、積極的にロングサービスを使ってもいいだろう。ダブルスの基本はショート、と聞いたことがあるかもしれないが、試合に勝つ為に最善の策をとるのが当たり前。セオリーにこだわらず、相手に合わせてサービスを出していった方がいいだろう。

前述の後者のような崩すサービスを打ちたい場合、有効な相手としては、ショートサービスをプッシュしてくる相手だが、それを交わすにはシャトルのスピードよりもラケットのスピードである。ラケットのスピードといっても、速くスイングして遠くに速く飛ばす、ということではない。いかにショートサービスのスイングに近づけるかが重要である。相手には、寸前までショートサービスと思わせる必要がある。思わせてしまえば、どんなに甘いロングサービスでも、反応できずにエースが取れる。
何度も言うが、このサービスは、特に相手に注意して欲しい。サービスを見てから動く相手にはまったく通用しない可能性があるからである。

サービスの種類の本数も気にしなければならない。前者なら、5割以上ロングでも構わないが、後者であればショートサービスを中心に、ロングを少し混ぜる感じで勝負したい。得手不得手よりも、対戦相手に合わせることが重要である。

ショートでもロングでも、大事なことは、打った後に、相手が打つ前にレシーブ体制をとることである。これから何度も書くと思うが、サービス周りはそれを忘れやすい。しっかりと集中して、無駄にでもラケットを上げて構える事を癖つけていこう。