ショートサービス、ロングサービスの記事を踏まえて、今回はサービスレシーブである。

実はサービスも含め、これまでと大きく変わっているのが、大幅なルール改正である。人によっては改悪と取るかもしれないが、替わってしまった以上、ルールにあわせたプレーは必要だろう。

今までは、サービスレシーブを慎重に、というのが一般的だった。なんせ一本のミスで点が入ってしまうからだ。これからのラリーポイント制では、サーバーだろうとレシーバーだろうとまったく関係無く点数が入っていく。これをどうとらえるかで戦略は大きく変わる。

まずはポジションであるが、ロングサービス、ショートサービス全てに対応できる位置を取らなければならない。さらに、その位置の一番前、それが構える位置なのがベストと思われる。そこから、相手の特徴(ショートとロングのどちらが多いか)により位置をずらす。その考え方でいけば、例えば一般男子だとサービスラインぎりぎりに構える事ができるが、レディースではそこまでのフットワークが無い為、きっちりとカバーできる中間より少し前目の位置になる。もちろん、練習により、できるだけ前に構える事ができるような練習は必要である。甘えてればずっとサーブレシーブは後ろから返すだけになってしまうのだから。

次に、ショートサービスの返球について綴っていきたい。ショートサービスが来た時に、まずは、あなたにそれが決められるかどうかを選択しなければならない。何が一番まずいのかといえば、それは「中途半端なリターン」だからだ。少し甘いシャトルが来た時に、つい速いシャトルを返したくなるが、これはどのプレーにもいえることだが、

「速いシャトルを打てば、早くシャトルは返ってくる」

のだ。つまり、甘いシャトルを中途半端につっついたとして、それをクロスにリターンされた場合に拾いにいける人がいるかどうか、ということである。基本として、レシーバーよりもパートナーは後ろで構え、ショートサービスはセンターよりもコートのサイド側に飛んでくる。それを前に動いて突っついて、尚且つ決められなくてクロスの前に落とされた場合、これを取りにいかなければならない。せいぜいしっかり上げられるかどうかの問題となり、そのまま相手にプレッシャーはかけられない。攻めているつもりが、実は守るしかなくなってしまっているのだ。だったら最初から、きっちり上げた方がいい。だが、プレッシャーをかける意味でも、甘いサービスは突っ込んで上から勝負にいくべきである。そのプレーは、指導者がよく「柔らかく」と表現するプレーである。サービスをできるだけ上で捕らえ、シャトルをスペースに運んであげるイメージだ。サーバーとそのパートナーの中間だったり、逆にサーバーが反応できていないのであれば、ネット前でも構わない。自分に余裕を作り、さらに相手にプレッシャーを与えるプレーが必要である。
もちろんそれが成功した場合、もしくはヘアピン等にいった場合はトップアンドバック、挙げたのであればサイドバイサイドである。


ではロングサービスの場合はどうだろうか。これがレディースにとっては選択が難しいプレーの一つである。可能なプレーとしてスマッシュ、クリア、ドロップあたりが考えられるが、パートナーの考え方一つではぷれーを制限しなければならないのだ。

長くなってしまったので、続きは続編を。「ロングサービスのレシーブについて」を熱く語りたい。