考察3で、ショートサービスレシーブについて触れたが、今回はロングサービスである。

ショートよりもロングが難しいというのは、ショートの場合はあなたが基本は前衛になるため、動いた方向をパートナーが理解し、ポジションを判断できる。前に詰めたのなら後ろをカバー、後ろに下がってきたなら逆方向のポジションへ移動しサイドバイサイド。だが、これがロングサービスになると、あなたが何を打つのか、それによってパートナーがどう動くのかが判断しにくくなる。意思疎通、もしくはダブルスの基本がわかっていれば問題ないが、これがレディースとなると話ががらっとかわってくるのだ。

ロングサービスをクリアでリターンする。これは、おそらくそう揉めないはずだ。打った後、サイドバイサイドになる。問題は、スマッシュ、ドロップ等前こちらが攻めた場合である。

前の記事で、「攻めたらトップアンドバック」と書いたと思う。それをあてはめるならば、ロングサーブのリターンを攻めたらパートナーは前へ行くべきだ、と私は思う、のだが、これが一概にそうならないレディースの人が大変多い。

「打ったんだから自分で前にいきなさい」

という考えである。つまり、

後ろで打った

私はあなたが打つなんて思わない

だからあなたが打った後に前に拾いにいくべきだ

安易な考えであるが、これが蔓延している。つまり、ロングサービスをレシーブする際、スマッシュを打つ行為を否定しているも同然である。スマッシュを打つ意味が無くなってしまうのだ。

これからローテーションの話をする時にも度々でてくると思うが、パートナーが打つ、もしくは打てる可能性があった瞬間にはパートナーは前に詰めて、次のシャトルをきっちり前で処理するべきである。もしそこでクリアを打ったなら、その時初めて後ろに下がればいいだけのことである。

試合中に、もしこういう考えの方と組むようになったなら、あなたはスマッシュを打ってはいけない。せいぜいドロップとクリアを中心に、甘いシャトルを待つしかない。あなたにとってはパートナーは間違いかもしれないし、パートナーにとってはあなたの考えが間違っているかもしれない。うまくやる、とはそういうことでもある。それがレディースは難しい・・・。

もし、サイドバイサイドを中心に組み立てたいのであれば、とにかくリターンはクリアである。これで相手を追い込めれば、前でのプッシュは容易だ。打てるのであればきっちりと打って、パートナーに前で決めてもらう、ドロップはそのスマッシュに少し織り交ぜるだけの方がいい。読まれてしまっては必ず詰められてしまう。このような戦略が立てられるのは、パートナーと考え方があった時だけである。

パートナーの力量と考え方をしっかりと見極め、考えながら打つ、もしくは打たない事が必要なのだ。