ついつい「最近の若い者は・・・」と言わないまでも、「昔は・・・」といいたくなる年齢のたぬ吉だが、やはりバドミントンをしていく上での最低限のマナーはあると思う。それを身に付けさせるのはそれぞれ指導者の考え方であり、今私の思っているマナーがまったくマナーと感じない指導者もいるだろう。いろんな意見はあると思うが、一つ一つ確認していきたい。

・ゲーム前後の握手

流しがちではあるが、特にジュニア世代にはしっかりと身に付けさせる為にも徹底して欲しい。ネットの高さを変えないようにネットの上で握手するというのが世界大会ではあたりまえだが、小学生の身長を考えるとそこまでしなくてもいいだろう。主審との握手は、目標が高い位置にあるならば覚えさせたい。

・ネットはくぐらない

これは比較的守られているマナーと言える。よっぽどでない限り見かけない。

・ネットに絡んだシャトルは積極的に拾いに行く

時々、ミスしたほうが拾いに行くべきだ、と教えている方もいるようだが、対戦相手といえどもお互いがゲームを円滑に進行しようとする気持ちは大切だと思う。変な考え方をすれば、シャトルを拾いに行くことにより、自分のペースで次のサービスまでの間を取ることができる。そういったずるい意味でも、拾いにいって欲しい。

・シャトルは相手にネットの上からアイコンタクトしながら返す

これの対応が非常に難しい。例えば、ネットに当たって下に落ちたシャトルを相手に返す際、そのままラケットでヒョイっとネットの下から返す、これを大きな大会で選手がやっているのが現状だ。なんでこうなってしまったのかわからないが、対戦相手のことを考える余裕があってもいいのではないだろうか。シャトルはネットの上から返すべきだと思うし、相手が取る体勢になってからシャトルを「渡す」事が大切なのではないだろうか。これに関しては様々な意見があると思うが、相手が同じようにやってきてもイライラしないということも大事だし、相手がやったから自分もやってやれ、と思わない気持ちも大切だ。兎に角この行為に関しては、自分も損しないようにしなければならないところがとても難しいと思われる。

・ゲームのカウントをしっかりととる

これは練習試合等の時だが、主審がつかないときにみんなが頭の中でカウントしている事が多すぎる。しっかりと声を出してカウントして欲しい。基本的には一番後輩がやるべきだと思うが、小さい子とやる場合は、先輩がしっかりと見本を見せながらやって欲しい。

・アドバイスを聞く

これも練習時だが、試合が終わって何も考えていない子が非常に多い。何が悪かったか、何ができなかったか、先輩にアドバイスを求めに行く事は非常に重要だ。もしくは指導者にきっちりと報告しアドバイスを受けるべきである。少しでも身になるゲーム練習にする為に、少しでも工夫し無駄の無いようにして欲しい。アドバイスは待っているだけでは絶対に受けられないし身につかない。


最近は、相手をいらつかせる事も勝つ為に必要だ、と考えている選手も見受けられる。果たして本当にそれでいいのだろうか、もっと考えていかなければいけないことがあるのではないだろうか、指導者、選手、それぞれのプレーを、これから日本を背負っていくプレイヤーが観察している。その事を肝に銘じて、気持ちいいプレーを心がけて欲しい。