スマッシュレシーブは、それこそきっちりと相手を見ながらコースを考える必要がある。今回は相手がストレートのスマッシュを打ってきた場合である。

考えられる配球として

1.ストレートドライブ
2.クロスドライブ
3.ストレート奥
4.クロス奥
5.ハーフ
6.ネット前ストレート
7.ネット前クロス

があるが、相手の特徴はできるだけ前半で掴んでおきたい。スマッシュを打ったときに前に詰めてくるのかこないのかだけでも大きく差がでてきてしまう。

1.ストレートドライブ
相手がいるところへ打つ事になるが、実際相手がいるという考えになる場合は少しレベルが低いと考えた方がいいだろう。打った後少しでもセンターへ戻る為、フェイントさえかけてあげれば有効になる。それが相手のバック側となれば、ストレートドライブ→前に詰める→そのまま甘く入ってきたのをプッシュ、という事も可能だ。しかし、若干レベルが低いクラスであれば、打った後そのままそこにいるという事もありえるので、その場合は違う選択肢の方が有効だろう。

2.クロスドライブ
いわゆる「切り返し」だ。どのランクにも有効であるが、下のランクでは、切り返しが怖くて、パートナーがスマッシュを打ってもサイドバイサイドのままの場合が多々ある。その場合はもっと有効な選択肢が出てくる事になる。もちろん打つ場合は、「前衛を抜く」強めのシャトルを。

3.ストレート奥
仕切りなおしの一発。攻めるような甘いシャトルがこなかった場合に。スマッシュを打たせる状況は悪い状況では無いので、このプレーができる事は有効なので苦手な方はしっかりと練習を。

4.クロス奥
クロスドライブが「前衛を抜く」だったが、これは「前衛を越える」ように打つ事。相手が前に詰めてくるなら有効だが、レベルが上がるときっちりこれを返される。だが状況は悪くならないので積極的に狙っていくのがいいだろう。やはり前に詰めてこない相手には無理に打つ必要は無い。

5.ハーフ
よっぽど前の方でレシーブできたなら話は別だが、真ん中でレシーブしてハーフに落としても、前衛に打たれるし前に詰めてこない相手にもスマッシュが返ってくる。やるなら、前衛に思いっきりフェイントをかけて逆をつくように使うしか。むしろ無理に使う必要は無いかと。

6.ネット前ストレート
前に詰めてこない相手には、とことんネット前に落としていくべきだ。甘いシャトル上げてスマッシュ打たせて前に落とせば相当点は取れる。とにかく相手を前半で判断して、前が空いているならとにかくストレートに突っついていく。例え前に詰めてくる相手でも、クロスリターンと併用しながらだと、そうそう前に突っ込んではこれない。一本調子にならずに散らしていければ、一気に攻守交替となる。

7.ネット前クロス
このプレーを、きっちりラケットを立てて(リストスタンド)できれば、高さ調節次第で一番有効なショットになるだろう。使いこなすまでが相当難しいが、ヘッドをしっかり立てるだけでフェイントに近い効果もあり、さらにタッチも早くなるので前衛が追いつかない。もちろん前に出てこない相手にも有効だ。とにかく前に落とす場合はプッシュされないことが一番なので、その為に配球に変化をつけつつ、相手をよく見ながら浮かないようにコントロールしていきたい。


相手によって戦術が特に大きく変わってくる。相手の得手不得手もあるだろうが、しっかり相手を見ながらコントロールして欲しい。