本日発売マガジン、やっぱり非常に

「キツイ」

な。いつになったら。。。

とまあそこらへんは置いておくにして、バドミントンを楽しくやる事がどういう事かを考えてみようと思う。
今、小学生から始める子が多くなってきているが、ほとんどが「楽しいから」やっているんだと思う。それ以外には「親にやらされて」「友達がやってるから」というのが続く。
中学生になると「楽そうだから」「小学校でもやってたから」というように、本当にバドミントンが好き、強くなりたいという子は若干減ってくる。
高校生にもなると、さらに「楽そうだから」という選手が増えるが、絶対数もかなり減ってくるので、「バドミントンが好き」という割合は中学生とはそんなに変わらないかもしれない。
それ以上になると「競技」としてのバドミントンと「趣味」としてのバドミントンに大きく分かれる。趣味でやる人が多い為、基本的には「好きだから」という方が大半だろう。これが「競技」の方だと、やらざるを得ない状況でやっているのがほとんどになり、強くなるためにどうしたらいいかという点に重きを置く。それは、趣味レベルでの「楽しい」とは少し質が違うかもしれない。実際競技を引退後、趣味でバドミントンを続けている人はあまりいない。

生涯スポーツとして考えるなら、ある程度、例えば社会人になってからとか、大学のサークルでとか、それぐらいから始めた方なら「楽しむ」という基本ができているから問題無いだろうが、若いうちから始めていた選手は、どこかで「強くなるために」バドミントンを考えた方がいいのではないかと思う。長い目で見た時にメリハリは合った方が長続きするだろうし、逆に張り続けていたのでは、絶対に息切れしてしまう。最初は「楽しいから始めた」でいいと思うが、ある段階かで「強くなるために」追い込んだ方が、その後落ち着いた時に、しっかりと長続きする場合が多い。逆に、最初からなんとなくだらーっとやっていた場合では、その後も続かずにやめてしまう可能性が非常に高い。

では競技ではどうかというと、あくまで個人的にだが、中学、高校からしっかり練習をした方がいいと思ってしまう。小学生でいい成績を取り、そのまま天狗になってしまって沈んでいった選手を数多く見ている。もちろんそのまま実業団入りしてしっかりとやっている選手もいるが、そうならないように、親や指導者がしっかりと指導していく必要があると思う。
小学生ではセンスや技術よりも体格勝負になる場合が多い。その体格で勝負してしまってはその先は見えてしまう。だからこそ、あえて小学生での好成績は無い方がいいのではないかと考えている。

結局なにが言いたいかといえば、楽しむ事は大事だけれども、それ以上に「強くなりたい」と強く考えられる選手が本当に強くなっていくんだと思う。

でも勢いで書いてしまったけど、途中から「スマッシュ!」の感想はどうでもよくなってしまったことには触れないでそっとしておいてもらいたい。。。