前回では「緩急をつけて、スマッシュに幅を持たせるように」という話題に触れた。今回はもう一つスピードを求める前にやらなければやらない事を記していく。

それは、練習で最も選手が嫌っている練習の一つである、

「フットワーク」

がスマッシュを打つのに重要だ。当たり前だが。
誰も取れないスマッシュを打てる選手がいたとしても、じゃあその選手は勝てるかといえば、逆に私なら勝つ方法はいくらでもあると言える。単純に、スマッシュを打たせない配球をすればいいだけだ。

だが、これが、「速いスマッシュが打てる」ではなく、

「どこからでもどんな体勢でもスマッシュが打てる選手」

の方がどれだけやりにくいことか。これを考えないでただ単に「スマッシュを速く打てるようにしたい」と言っている選手がいれば、早いうちに考え直して欲しい。スマッシュを打つ為に必要なことをクリアしてから、初めて「スマッシュをもっと速く」と考えてほしい。