その描写が実はもうすでに描かれている。

このページ

で解説してあるが、そう、初回なのだ。速いタッチができる以上に、早くシャトルに入り、自分の空間をいかに作っていくかが非常に重要になってくる。この「間」をフェイントと呼ぶにはもったいないぐらいスピーディーなプレーになるが、正攻法を目指したいとか言っている奴にも、ぶん殴ってでもこういったプレーの癖をつけて欲しいと思う。