巻末に飛ばされたようですが、大丈夫か?

そんでもって

小椋潮田きた!

と思ったら

小倉塩田

って、ありえるか普通。バドナビの情報はそんなものか!!!www
そして1コマのみ登場。まあそんなものか。

恋愛路線はこのブログはスルーしますので、ちょっとしたダブルスの描写について。
いわゆる「球を作れる選手」がダブルスには必要不可欠。これが高校生が社会人になかなか勝てない理由の一つである。いくらスマッシュが速くても、フットワークが早くても、それをごまかす方法はいくらでもある。速いスマッシュが取れないのではなく、そのスマッシュを取る体勢に無い時に打つスマッシュが取れないのだ。つまり突き詰めれば、速いスマッシュも、それを取る体勢すらとれないスマッシュならいいが、それを打てる選手は、本当に極一部である。いわゆる打たされるスマッシュで決めることができないわけで、そういった崩すプレー、早いタッチで相手を追い込んだり、相手の足を止めながらコースを狙って動かすプレイヤーが気持ち程度描かれている。単純にスマッシュをパートナーに打ってもらうために相手に上げさせる球を作ったり、逆に後衛からでも、前衛にひっぱたいてもらう為に打つショットがあったり、そういったプレイヤーほどダブルスでは光る。
が、えてしてこういったプレイヤーはスマッシュ力が追いついてこない事があるが、その場合はその程度のプレイヤーでしかなく、やはりそれでもアタック力は磨くべきである。逆に、アタックプレイヤーは、そういったシャトル回しを少しでも覚えるべきだ。


小椋久美子&潮田玲子のバドミントン ダブルスバイブル―レベルアップ編