今年よりアバブザハンドの定義がかわり、

【シャフトが下を向いていればOK】

となった。ではこれはどの程度まで許されるのだろうか。

サービスの開始からシャフトの角度を変えずに行うのであれば、審判にとっても判断しやすいが、実際そんなサービスはほとんど無い。ロングになればなおさらであり、ラケットを返す動作によってシャトルを飛ばす選手がほとんどだから、それは判断の厳しいサービスになる。サービスの開始前からサービス終わりまで、シャフトの角度は瞬間で劇的に変わるのだ。それを正確に判断するのは大変難しい。今の考え方では審判の目を騙す、という言葉は語弊があるかもしれないが、いかにフォルトをとられずにサーバーに有利にサービスを行うかが一つの技術となっている。

ある程度の試合になると、審判も資格や経験のある方が行ってくれる。そうすれば、これがよくてこれがだめで、というのがわかりやすい。実際のところは、【疑わしきは罰する】裁き方が多い。つまり、あやしい動きをしたのであれば、それが例え厳密にフォルトじゃなかったとしても主審はフォルトを取る、という考え方だ。人間の目には限界があるし、このような風潮は決して悪いものではなく、スポーツマンシップにのっとり、フェアなサービスを行う上では怪しいものを排除していく事は必要だろう。

そうなっていくと、まずは審判に好印象を持ってもらうというのも一つの手段である。きちんとサービスを行っている選手と、最初から怪しげな選手がいれば、主審が集中して凝視するのは後者である。そうなれば、そのゲーム中はめったな事ではフォルトは取られないかもしれない。完全にフェアなサービスを打って不利を受けるぐらいなら、少しでもルールぎりぎりのサービスを行いながら、有利にゲームを進める技術があってもいいのではないだろうか。

もちろん、ルールギリギリというのは黒でも灰色でもなく、完全な白でなくてはならない。が、この白を主審に灰色と思われる事が不利になるのだ。主審はそれだけサービス周りに気を使っている。選手がこういったことを心がければ、主審の負担も減り、いいジャッジで気持ちよくゲームできるだろう。怪しいサービスはせず、尚且つ、勝負どころでのサービスも自分が有利に働くように序盤から考えてサービスを行っていければ、サービスフォルトで最も取られやすいアバブザハンドも取られにくくなるだろう。

フェアな精神と勝負に徹する考え方と、両方をよく考えていこう。