このブログを読んで頂いている方ならだいたいわかると思うが、このたぬ吉は、書いている途中に内容が逸れる。あさっての方向へ行きながらブログがそのまま更新される。中身を書いてからタイトルが変更される事も珍しくないのだが、眠いとそのまま更新される事が多々ある。

上記を踏まえまして、、、

まずアバブザハンドで認識しておかなければならないのは、

【自分はフォルトでは無い】

という強い意志が必要だということだ。ルールを把握せずに、大丈夫だろうでサービスを出すと、それはいざフォルトを取られたときに何もできなくなってしまう。その強い意志とは、ルールを把握する事と、もう一つ、そのルールに触れていない事を確認することだ。

サーブだけではないが、自分の感覚と外の目からの感覚はだいぶズレがある場合がある。シャトルが当たる瞬間をイメージしてラケットとシャトルをセットしてみる。その状態で、他人にフォルトかどうかを確認してもらってみよう。
そしたら次は、その位置、そのフォームで本当にシャトルが当たっているかを再度チェックする。止まっている時に問題なくても、動き出したとたんフォルトになる選手も多い。とにかく外から見てもらって、フォルトでは無い事を確認してもらう。

あとは何度も繰り返し練習し、そのフォルトじゃない感覚をしっかりと身に付ければいいだけだ。そうすることで、サービスに自身が持てて、どんな状況でも自分のサービスがフォルトかそうではないかを自分で判断できるようになる。ゲーム中は緊張や相手からのプレッシャーで自分のサービスがいつもどおり行われない場合がある。そんな場面でフォルトを取られて、「なんでフォルトを取られたんだろう」と考えるのか、「やっぱりこれじゃあフォルトだよな」と思えるのとではその後の対応がガラっと変わってくる。

やっぱり書こうと思っていたこととずれてしまったが、もう一度追記させて欲しいwww
あくまでルールに対して、のつもりが、どうしても選手側の立場になってしまうたぬ吉をお許しください。。。