今日は急にハイレベル。ハイクリア、スマッシュ、ドロップ、カットまで。

やはり初心者は、グリップを巻き込むように振ってしまう。面を返さなければ当てるのがとても簡単になるからだ。それに慣れると、強いシャトルは打てなくなってしまう。と思っていたら、さすが石黒さん。すぐさま指摘するあたり素晴らしいやね。指摘する際、

「肘を外に向けて・・・」

という言葉。これもあまり意識して使ったことが無かった。いつも、手のひらを外にと伝えていたが、これだとどこをどうすれば面が外に向くのか確かにわからない。肘を外へ。今日で一番大事な一言かなw

それと、カゴを胸の前に構える練習。よく小学生に頭に当たるように動かさせたり、左手で取らせたりといろいろやらせてみたが、どれも姿勢作りにはならなかった。胸でトラップするようなイメージを持たせるといい姿勢作りになりそうだ。

唯一、納得いかなかったのが、ドロップショットである。私としては、どうしても基本スマッシュであり、他のショットはそれの変形と考えている。つまり、クリアなりカットなりは、スマッシュに近い形で打てれば打てるほど相手にプレッシャーをあたえると思う。だからこそ、ドロップの教え方は、ラケットを止めるのではなく、スイングの遅いスマッシュと言うようにしている。スマッシュだからラケットはしっかり振り切るし、手首もしっかりと返す。それでいて、シャトルをネット前にコントロールしていく。石黒さんもプレイヤーの増茂さんもそうだが、ラケットを打点で瞬間に止めていた。これを最初に教えると、ドロップはスイングじゃなくなってしまう。しっかり振るという行為がおろそかになってしまう可能性があると考えている。

それに加えて増茂さんのスイングである。ラケットを振り切った反動でスッと構える位置まで戻している。やはり初心者にはラケットを戻す事ではなく、振り切る中でシャトルを捕らえることを覚えてもらいたい。そういう事を考えると、あの増茂さんのラケットの戻し方は、早い展開のゲームで対応する為に構える事をやっているので、初心者にあの戻し方を見せるのはあまりよろしく無いのではないだろうか。現に、あれを変に勘違いして、フォロースルーでラケットを回して構える選手をよく見かける。あのような回し方は、スイングスピードの半減と、スイング方向のブレを生む。増茂さんのように、反動ですばやく戻すからこそ大きな意味を持つスイングになるわけで、これを真似したところでデメリットが大きい。

教え方とは十人十色であるが、基本部分は同じでなくてはならないと思う。もちろん私などでは石黒さんの足元にも及ばないことは100も承知だ。だが、納得できない部分はどうしても気になってしまう。もしテレビで見た方がいれば、ぜひ感想を聞かせて欲しい。

最後に一つだけ付け加えておく。他の人の指導法は、疑問の部分も含めて大変勉強になるものである。皆さんにも広く吸収してもらって、役立ててもらいたい。