何度かこの記事は書いてきたのだが、ジュニアの指導者についてまた一つ考えてみたい。
それは

「選手のやる気」

である。やる気がなんだと言われるかもしれないが、私は、上達には最低限の「向上心」が選手には必要だと思っている。センス、体力よりも、これは絶対必須だと思っているわけだ。
つまり、これが無い選手は育てる価値すらないと断言したい。無駄な事はしないで家で好きなことでもしてろと放り投げられてしょうがない選手だと。

これについて、あまりに乱暴な書き方をしてしまったが、この個人の選手の「向上心」すら指導の対象と考える指導者は果たしてどれだけいるのだろうか。そしてそれは本当に必要なのだろうか。

話がいったりきたり何が何だかわからないかもしれないが、自分自身でもよくわかっていないのだろう。体力もあり、センスもあるが、唯一強くなろうとする気がない選手、教えればこなしてしまうが、その選手に目標を与えてそこへ向かわせる事は指導者として正しい事なのだろうか。

向上心が無いのと、バドミントンの面白さを伝えるのとごちゃごちゃに考えてしまうとうまくまとまらないが、例えば小学生世代の練習であれば、通常はクラブ内で同じ練習を、レベルによって練習を分ける程度の事はあっても、結局はその中でできる選手、できない選手にわかれてくる。結果的に上位に行く選手の一握りが全中を目指し、インハイを目指し、インカレ、国際大会までいくのは極一部である。
選手の中には、本当にその極一部を目指している選手もいれば、こいつには負けたくない、楽しくバドミントンがやりたい、いろいろいると思うが、最低限バドミントンをやりたい、上手になりたいと思っていることが、そのクラブに参加できる最低条件だと思うのだ。

面白さが伝われば向上心もでてくる、という考え方もあるかもしれないが、何が面白いと感じるかは人それぞれ。勝つことが面白いという子もいれば、スピンネットが決まった瞬間が快感だという子もいるだろう。だが、そういう子に混じって、向上心の無い、なんとなくバドミントンをやってしまっている子に何を教えたらいいのだろう。面白い練習は提案できるが、やる気の出る練習はどこまでやれるだろうか。つまらない練習も必要だし、それに向上心を持って取り組まなければならないのも最低限向上心があればやっていけるのではないかと思う。

やらされているだけの選手、私の乱暴だが真剣に考えている事は、競技を再度選択して欲しい。それが日本を代表する選手になる可能性を持っているとしてもだ。