ゲーム描写があるとついつい突っ込みたくなるやね。

言いたい事はよくわかる。試合で優位に立っている方の心理描写や、プレー方法。特にダブルスの状況の気持ちはよくわかるが、若干残念なのが漫画の命ともいえる「絵」である。

バランスが何かおかしい。レシーブにしろスマッシュにしろ、もっと躍動感があったり、ラケットの角度だったりとずれているように感じる。

大人気だった「スラムダンク」にもトレース疑惑があったわけだが、この漫画「スマッシュ」でも、できるならトレースとはいかないまでもきちんとそういった写真等を参考に描いて欲しい。ヨネックスのポスターの一つでも手に入れれば、相当の絵がかせげるだろう。もちろんトレースとばれてはまずい、というのが今のところの見解となるが。

ただ、ヨネックスなりバドミントンマガジンなりは、こういった写真等を提供することによって相乗効果を得るのではないかと思う。日本国内でもいい写真をとる方はいるし、リンク(勝手に)させて頂いてるもの云うすいかさんでは、サービスの写真ですら動きを感じさせるものだ。

上記のスラムダンクですら、1巻の絵と最終巻の絵はまったく違う。進歩している。スマッシュも是非こうなってほしいし、そうなるまで続いて欲しいと心から願う。