バドミントンにおける

「プレッシャー」

の二つの意味。

一つは、プレイヤーが自ら考え感じるもの。大会や通常の練習においてもそれを感じるプレイヤーはいるだろう。精神的な重圧。プレッシャーを力に変えられる選手もいれば、そのまま押しつぶされて力を出せなくなる選手もいる。

もう一つ、それは、プレイヤーが対戦相手にあたえるもの。ゲーム中において、一つ一つのプレーに対して相手に圧力をかけていく。技術でもあるし、技術以上に相手を封じ込める事も可能な一つの戦術。


この2点、いずれ詳しく記したい。