パートナーがシャトルを打ったなら、次のシャトルは自分で取るように考えよう。

その為には次のコースを読み移動しなければならない。それが例えパートナーの正面だったとしてもそう考えるべきであり、パートナーの前に入ればいい。

だいたい相手はいないところを狙おうとする。パートナーが後ろでスマッシュを打てば、その前か、もしくはクロスの前、クロスの奥である。そのシャトルを全部取ろうと考えるのがダブルスの考え方の第一歩である。
もしパートナーがヘアピンを打ったならば、逆側の前、後は後ろに振りたくなるものだ。それをしっかりとカバーすると考える事がとても大事なのだ。
もしそこで相手がパートナー正面に羽を返したならば、また次のシャトルに対して同じ考え方をすればいい。

そうすることで、ラリー中は思考が止まることが無くなり、徐々に相手のコースがわかってくる。その為の考え方であり、だんだんと効率良くポジションをとれるようになるだろう。

パートナーを信じることはどうなんだろう、と前に書いたのはここからきている。パートナーを信じるのではなく、常に次は自分だと考えていく事がダブルス上達の近道である。つまり、信じない、後衛にいれば前衛をカバーし、前衛にいれば、後衛逆側に注意する。信じていてはできないことである。

フットワークを使った後に強い羽は打ちにくい。打った後にすぐ動いて打つ羽根に力はなかなか乗ってくれない。なら、二人で交互に打つぐらいのダブルスの方が、いい羽がいきやすくなる。本当に、単に訓練だけではなく実戦でもこう考えたほうがいい場合は多々あるのだ。