処理方法とメリットデメリットを記す。

1.ハイバック

1-1.早いタッチでのハイバック
ドリブンといえどその軌道はドライブよりも高く、ハイバックのベストのスイングでは届かない。ジャンプで打点を稼ぐ、さらに肘も伸びた状態でシャトルを捕らえなければならない。

メリット
・早いタッチなので、相手にプレッシャーをかける事ができる。
・ハイバックで入りながらも攻めに回れる。
・多少甘くても、相手に詰められる事は少ない。
・ドリブンクリアのスピードの反発力が使えるので、スイングができなくても面が合えば速い打球を返す事ができる。
・ハイバックなので戻りが早くなる。

デメリット
・相手のドリブンクリアに対して素早く反応しなくてはならない(後述のラウンドよりは若干遅め)。
・速い羽に合わせるのでタイミングが難しい。
・ゆっくり入るよりもミスが増える。
・速い羽を早いタッチで返す為、次の羽も速くなる。

1-2.遅いタッチでのハイバック
羽が落ちるのを待って打つハイバックは、いわゆる効率のいいスイングでの返球が可能である。だが、ドリブンクリアゆえに、一歩間違えばシャトルに追いつかないということも。

メリット
・ゆっくりとシャトルの下へ入れる。
・シャトルのスピードが無い為、しっかりとシャトルを捕らえやすい。
・ハイバックなので戻りが早い。
・相手の位置等を確認して打てる。

デメリット
・シャトルは落下運動を始めている為、理想的なハイバックのスイングができなければシャトルを飛ばす事が難しい(相手からのシャトルの反発がつかえない)。
・エンドまで飛ばす事ができなければ、相手に前を中心に張られてしまう。

2.ラウンド
より攻撃的なラウンドでの処理。強く打つには必要だが、リスクも大きい。

メリット
・基本的に、バックよりも強い羽が打てる。
・ハイバックを使わずに済む(修得技術が少なくても返球できる)。
・より早いタッチで羽を捕らえる為、相手にとっても早い羽が返球できる。

デメリット
・ハイバックよりも、体をコートサイドへ動かさなければならない為、プレイングセンターへの戻りが遅い。
・上記により、ラウンドで届かない場合があり判断が難しい。
・体をサイドへ目一杯移動し、尚且つそれを強打、そして返球された場合は相当苦しい。
・強打した場合はそれがエースにならないとラリーが切れてしまう。


考察
もちろんドリブンクリアのコースにもよるが、体の軸の位置やシャトルのスピード等を考えれば、できるだけハイバックで早いタッチで行うのがいいのではないだろうか。ショットはクリア、ドロップでも、タッチが早い為相手にプレッシャーをかけやすく、プレイングセンターにも戻りやすい。面を作るだけで楽に羽を飛ばすこともできる。タイミングを覚え、ハイクリアなのか、軌道が低いのか、素早く判断する必要がある。