スピードバドミントンが主流になっている昨今、いかがお過ごしでしょうか。

ダブルス、シングルス、どちらでもセンターラインを狙うという考え方が徐々に広まりつつある。これについてぐだぐだと考えてみたい。

まずはシングルスである。
シングルスにおいてのセンターとは、相手真正面である。つまり、スマッシュ、クリア、ヘアピン、どのショットを打とうともセンターに打つと言うことは相手に一番近いところへ打つということになる。これがどんなメリットがあるかというと、次のショットが相手がどのコースへ打とうが、距離的に半面分動けば取れるコースに配球されるのだ。サイドへ打った場合は、一番の最短距離はストレート側になり、そこを意識して守らないとエースを食らってしまう。ストレートを意識すれば逆サイドが空いてくる。この現象が起こらないのがセンターへの配球となるわけである。
ここで盲点となるのが、どんな状況でセンターへ配球すればいいかだ。最低限行わなければならないのは、相手がシャトルに触る前にはプレーイングセンター付近には戻るということである。センターへ打つという事は、相手にとっても動かず打てる、そして、距離も短い、よって時間的に早いタイミングで返球される。これを考えずにとりあえずセンターに速い羽を返すと自滅してしまう。

次にダブルスにおいてのセンター狙いについて考えてみよう。
シングルスと大きく違うのは、相手がいないところへのショットになるところだ。つまり、対戦相手から遠いところへ羽を打っている。さらに相手の間では「お見合い」「ラケットクラッシュ」を狙える。そしてシングルス同様にセンターからサイドへの距離が短い(サイドから逆サイドという羽にならない)為、前衛も触りやすい。ダブルスにおいては、特にデメリットも無くどんどん狙っていくべきコースだ。
あえて言えば、少しでもコースがずれるとサイドと違ってとても楽なコースになってしまう。意識して練習していく必要がある。

シングルスとダブルスでは同じコースでも考え方が違う。理解したうえで使っていく必要があるだろう。