シングルプレイヤーとダブルスプレイヤーは、技術面と精神面で分かれると思う。技術面はおいておくとして、精神面に着目してみたい。

勝負強さは今回は触れない。ではどんな精神面かといえば、それは考え方になるわけだが一つの例を挙げよう。

相手から普通にドロップが返ってきたときに、

1.自分の体勢を一番に、ベストのショットを返す
相手からショットが放たれた瞬間、自分のフットワークスピードで辿り付けるポイントをイメージし、楽な体勢で打てるポイントにラケットを差し出す。これがいわゆるシングルプレイヤーの思考。自分の体勢と相談する為、アタックポイントは床に近づく。

2.とにかく早く、早いタッチで返そうとする
焦る、といえば全てのダブルスプレイヤーの反感を買いそうだが、少なくとも焦って打ちに行く気持ちは必要不可欠だと私は思う。自分の体勢がどんなに不利でも打ったシャトルコースにより有利を保つ。アタックポイントはより高く、より前で。

これが全てではないことを前提に、例えば1の思考でダブルスをすれば、打点を下げてフェイントをかけたり、無理にいかずに確実に返球していくことになるが、それではダブルスのメリットを生かせない。自己犠牲でパートナーに任せることができない。2のプレイヤーがシングルスをやれば、体勢は崩れ、次の羽根を追う一歩目は1のそれよりも遅い。いいようにやられてしまうのはその為だ。

これを分けているのは、やはり相手からショットが放たれた瞬間のイメージだろう。普通のドロップに対して、打点を高く前でイメージするのか、もしくは低い位置で確実に返そうとするのか、どちらをイメージしているかでシングルス向きかダブルス向きかが分けられる。両方やるには考え方は変える必要がある。


なんとなくシャトルを追っかけている選手は論外という事を付け加えておく。