#12【新人戦合宿〜翔太ky】

週末合宿、バスで40分の合宿所へ。
60秒〜10秒インターバル〜 3セット
高負荷だな。30秒〜10秒でもきついだろう。高校生ならこれぐらいはきっちりとこなしたいところか。
羽が打てることに喜びを感じられる翔太。この感覚は全てのプレイヤーに見習ってもらいたい。

無音声の練習風景は、ダッシュ、サーキット、そして何故か5対1まで。すまんが、5対1を練習でやったことある人、コメントお願いします。俺は最大4対1までなんだがな。

練習後の亜南と優飛がゲーム。ラリーが続けるという意識は最低限持っておきたい。ゲームをしていると、ラリーを切るタイプとラリーを続けるタイプがいるが、ラリーを切るタイプでもラリーを繋げる技術は絶対必要だ。

強引に勝ちにしてしまった亜南、またも3枚目まっしぐら。翔太は相変わらず興奮、必須の枕投げスタート。夜起きだす翔太は優飛に接近。女の涙の理由は聞くもんじゃありませんて。

#13【告白×2&女子部員1年入浴紹介】
翔太の突然の告白に優飛逃亡。翔太意気消沈。練習中の嘔吐?昔はざらにあったもんだよ。最近の若い者は。。。

巨乳姉の言葉。最重要ポイントだから漏らさず削らず茶化さず

「私がアンタたちに教えたいのは技術的なことだけじゃない。自分で考えて打つこと、考えてゲームすること。何が足りないのか、相手は何をうってくるか。考えて考えて考えぬく。相手より多く考えたものが勝つのよ。常に考えていれば、いざという時体は動いてくれる。それを感じられるようになるために、アンタたちは練習しているのよ」

おいお前ら!これ練習前に必ず100回朗読しやがれ!!!(号泣)

熱くなったところで咲先生お得意のサービスショット。個人的には整骨院の千香ちゃんがお(ry。マジで背筋は重要だな。バランスも大事だが。

大会なんかでも、意外に負けた選手は勝った選手を忘れないけど、勝った選手はさっぱり覚えていなかったりする。知らない人に声をかけられるのはもう慣れたよ。。。

こっそり美羽告白→翔太爆睡。

#14【新人戦なの?】

新人戦らしいが、今のところ先輩の描写まったく無し。学年別大会と考えるのが妥当か?しっかし、1年生の春にいきなり学年別大会ってのもどうかと。みんな入部したてだろ。

亜南に脅され、巨乳姉に脅される翔太。びびりながらも亜南実力発揮でまず1勝。タオルをいきなり貸してくれる優飛に急発展の予感。

#15【トップ&バック作戦、翔太反抗期】

振られたはずの翔太復活。そして次の相手は第一シード。ん?第一シード?実績無しの1年の第一シードが何故実力者なんだ?選考基準は?実力なら全中1位2位が東城第二にいるだろ。・・・まさか、ダブルスの全中入賞者→実績から第一シード、ってことなのか?

そして亜南は翔太を前衛にしてのトップアンドバック作戦。前に張り付く作戦に翔太考える。ロブやクリアを封印することにより前衛に居続けようとする。役割を徹底した陣形にゲームポイントは亜南のセンターへのドロップでゲーム。

「勝ちにこだわるということはそうじゃないのよ」

と苦虫を噛み潰しながら腕を組む巨乳姉。さらに追い討ちをかけるように

「こんなのダブルスじゃない!!」

と亜南に進言する翔太。唖然とする亜南。

#16【翔太反抗→覚醒!】

翔太の進言に亜南切れ掛かる。そうだよな。男子ダブルスなんだからこうローテーションするのが普通・・・

って、ちょっとまてこらっ!!!!!


声を大にして言いたい。馬っ鹿じゃねぇの!?動かないで済むなら動かない方がいいに決まっているだろうが!翔太が前で球を作れるのならそれに徹してそれが生かせるならそれがそのダブルスなんだよ!実力者が後ろから打つだって?笑わせるんじゃねーよ!球を作る前衛がいるから後衛が楽に打てるんだろうが!!!そんな考えしかできないならシングルスでずっとスマッシュネットでもやってろってんだ!このボケ!!!

と、たぬ吉の心の叫びを晒しつつ、翔太の反抗が始まる。亜南のスピードに慣れた相手は徐々に攻め始める。お前の球作りが甘いのに気が付かずにな!結果強引に下がってラケットクラッシュ。ちなみにたぬ吉は、このパターンで1試合2本のラケットを折ったことがある。ついでに目にラケットがあたって病院直行したり、顔から血を流したり。本当に危ないんだよ、無謀な前衛からのバックはさ。

結局1ラリーだけ普通のローテーションをやるという約束で、亜南が見たのは1発のスマッシュ。スマッシュぐらいなら練習で何度も見てるはずなのに。論外といっていた巨乳姉でさえ「あの子強い」なんて言い出す始末。いやいや、練習で見てるでしょ、スマッシュスピードぐらいさ。もっと総合的なラリーを判断してそういう意見を言って欲しいんだが。そう、最後のプッシュシーンに入るまでのラリー描写とかがあればわかりやすかったかも。

【巻末コメント】
・咲先生は相当バドミントンが好きらしい。見るのも。



スマッシュ! (2) (講談社コミックス―SHONEN MAGAZINE COMICS (3781巻))