男子シングルス
ほぼ順当だが、第4シードの竹村(JR北海道)が2回戦で姿を消す。欠けたシードに飛び込んだのは池田(日本ユニシス)。完全に覚醒した田児を相手にベテラン陣は叩く事ができるかどうか。

田児(NTT東日本) VS 池田(日本ユニシス)
佐藤(NTT東日本) VS 佐々木(北都銀行)

女子シングルス
こちらも順当だが、第3シードの平山(日本ユニシス)がやはり2回戦敗退。ここでは米倉(ヨネックス)が格の違いを見せつけた。
実力者がしっかり残ったベスト4。有終の美を飾りそうな米倉に注目。

廣瀬(三洋電機) VS 樽野(NTT東日本)
後藤(NTT東日本) VS 米倉(ヨネックス)

男子ダブルス
ここでも第3シードがあっけなく崩れる。川口川前(NTT東日本)をあっさり潰したのは小宮山廣部(日本ユニシス)。ベスト4に日本ユニシス絡みで3ペア。黄金ペア舛田大束はユニシス包囲網を突破できるか?

舛田大束(トナミ運輸) VS 数野早川(日本ユニシス日大)
坂本池田(日本ユニシス) VS 小宮山廣部(日本ユニシス)

女子ダブルス
大波乱続行中。危なげない第1シードの末綱前田(NECSKY)を除いて第2シードの小椋潮田(三洋電機)も危うく敗退寸前。第4シードの松尾今別府(三洋電機ヨネックス)は多谷脇坂(三洋電機)に惜しくも敗れる。挙句の果てに、第3シード赤尾松田(ヨネックス)を撃破し勝ちあがったのは、なんと高校生!高橋松友(聖ウルスラ学院英智高校)!このまま調子ぶっこいてるあいつらの鼻をへし折ってしまえ!

末綱前田(NECSKY) VS 多谷脇坂(三洋電機)
小椋潮田(三洋電機) VS 高橋松友(聖ウルスラ学院英智高校)

混合ダブルス
えー、ごちゃごちゃでようわからんちんwww
あえて言えばベスト4のうち3つは男子ダブルスのベスト4進出者。他の一つの第4シードの山には男子ダブルスの総合出場者が0人。他の対戦でも男子ダブルスでの実力者のいるペアがきっちりと勝利している。女子ダブルスの総合的な能力よりももっと突出したミックスの技術を女子は必要とされるのかもしれない。

舛田前田(トナミNEC) VS 堂本藤原(三洋電機CE)
小宮山浅原(日本ユニシス) VS 廣部金森(日本ユニシス)