男子シングルス

田児(NTT東日本)
が圧巻の優勝。カウントを見てみると、初戦まさかのファイナル。藤田真生(法政大学)はインカレ2年連続ベスト8。油断と見るのが妥当だが、今後の飛躍には期待したい。竹村(JR北海道)を破った山田和司(日本体育大学)、佐々木翔(北都銀行)とファイナルまでもつれた武下利一(敬和学園大学)にも今後は注目だろう。

田児を筆頭に、世代交代の波は確実に訪れている。

男子ダブルス


日本ユニシス勢が大健闘。男子シングルスでは1、2を取ったNTT東日本だが、ダブルスではベスト4の内3ペアが日本ユニシス勢。坂本池田(日本ユニシス)以外のペアもしっかりと実力を伸ばしてきている。舛田大束(トナミ運輸)のバトンを米橋本、平田黒瀬(トナミ運輸)が引き継がなければならないのだが、実力差はありそうだ。

しばらくは日本ユニシスが上位を占める事になるだろう。

女子シングルス


とにかく米倉(ヨネックス)である。最後に米倉と試合をした打田(日本ユニシス)後藤愛(NTT東日本)は、これがどれほどまでに重要な試合であったかを再認識して欲しい、学んで欲しい、受け継いで欲しい。そして引導を渡した廣瀬(三洋電機)は圧倒的な力の差で優勝。世界に目を向けて頑張って欲しい。
若手では野尻野、打田(日本ユニシス)が見せ場を作った。逆に平山姉妹(日本ユニシス、七十七銀行)はどうしてしまったのだろうか。もう正念場に立たされている。

廣瀬を中心にしばらくは進むだろう。

女子ダブルス

なんといっても赤尾松田(ヨネックス)を撃破した盒蕎祥А弊札Ε襯好薐惘 ̄冀匚盥察である。高校生でベスト4は大健闘。進路はチェック不足でわからないが、このペアにはくだらないペアの事はほっといて日本の女子ダブルスを引っ張っていってもらいたい。

一気に本命不在。若手がどこまで台頭できるか。