大して珍しい事ではないが、練習だったり試合だったり、「頑張れよ」と声をかけることは極自然な事だと思う。それに対して「頑張っている人に頑張れと声をかけるのは失礼だ」という話が聞かれるようになった。

俺はもう頑張っているんだ。なんでお前に言われて頑張らないといけないんだ?言われなくても頑張るに決まっているだろ。

たぶんこんな考えなのだろう。まあ正論であるとは思う。だけど、最近は必要以上に気にしすぎているように感じてならない。「頑張れ」という言葉に何故そんなに神経質になる必要があるのだろう。「頑張れ」の言葉は単純に激励の意味で使われる事が多いと思うのだがどうだろう。

空気読め、じゃないが、「頑張れ」と声をかけてくれた人の気持ちを考えて、それでも「お前もっと頑張れよ」と声をかけられたと思った時に初めて文句を言えばいいのではないだろうか。「頑張れ」との声援、たぬ吉は好きなんだがな。