たまたまミクシィに書いた文章が使えそうだったので、更新意欲が若干落ちぎみな為そのまま転載します。自分の書いた記事だし問題ないっしょwww

------------------------


よく言われる基本は、初動は小さく、最後を大きく、です。車のギアと同じで、止まっているものを大きく動かすのはとても力がいるので最初は小さく、ですね。

それと、プレローディングだったかな?筋肉が脱力している状態ではなく、負荷がかかっている状態のほうが早く強く動き出せます。よくホームポジションで相手に合わせてジャンプして、というのがこれで、ジャンプの着地で両足に負荷がかかり、その後の一歩目が早く踏み出せます。

ですが、ジャンプということは宙に浮いているのでこの間は身動きが取れません。相手のフェイントに対応しにくくなりますので、相手に合わせて沈み込むようなイメージを作った方がいいでしょう。ただ、これは感覚が難しいので、最初は相手ショットに合わせてジャンプ(相手のショットとジャンプの着地を合わせる)から初めて、徐々にジャンプを小さく、最後には飛ばずにタイミングを合わせて沈み込むような感覚に直していくのがいいかもしれません。

もう一つ、初動には意外にラケットポジションが絡んできている場合があります。例えばフォアにガッチリ構えた時にバック側に飛んできたりするだけで一歩目が遅れます。ラケットを上げていると自然と重心も上がりやすくなるのでやはりこれもバランスが悪く一歩目が遅れる原因ですね。初動が遅いということは、スマッシュのレシーブのような足をほとんど動かさないプレーではなく、ドロップを拾いに行ったりクリアを追っかけたりといったプレーが想像されます。そういったシャトルに対してはラケットを上げて構えるのではなく、ラケットを下げて構えた方が重心が下がり、結果的に早く移動することができます。

後は自分にあったスタイルを見つけてみてください。