メリットではなく、デメリットから上げるのがネガティブクオリティ。

・「ラケットを構える」を「ラケットを上げる」と勘違いしてしまう

ジュニア、レディースの初心者に多く見られる。ハーフにふらっと上げてしまったのにも関わらず、ラケットを上段に上げてしまう。次のシャトルはスマッシュやドロップと容易に予測できる為、それをレシーブできる場所にラケットを構える事が理想。

・移動が遅くなってしまう

人間は手を上げながらは走らない。だいたいは肩を脱力した状態で床を蹴りながら走る。ラケットを構えて(上げるに近いかもしれない)走ると、だいたいはフワフワと上下に動きながら移動することになり、結果的に移動スピードが遅くなる。打った後にすぐ構える事だけを考えているとこうなってしまう。クリアを追いかける時にバンザイして後ろ走りになってしまうのはこれが原因かもしれない。

クリアが来る→ラケットを構える→移動が遅くなり届かない→上半身でごまかす(バンザイ)→追えない

これを

クリアが来る→移動する→構える

だと、後ろ走りにもならないかもしれない。

・力が入りすぎてしまう

構えることを意識するあまり、力が入りすぎてスイングがスムーズにいかなくなる。初速が遅くなり、振り遅れて、腕力で羽根を飛ばそうとしてしまう。脱力からのスイングの方がラケットも出しやすく、最終的なヘッドスピードは上がっていく。固くなってしまうと、ヘッドスピードはあきらかに鈍る。

・構えた後のポジションチェンジで出遅れる

前の項目と関連するが、構えることにより移動スピードは遅くなる。そして、力が入る事により一歩目が遅くなる。サイドバイサイド時に構え、クリアを打たれた時に追えなくなるのはこのパターンも考えられる。


構える事による弊害は間違いなくあるように思う。特に初心者は「すぐ構えて!」と教えられるが、正解でもあり、実は間違ってもいるのかもしれない。場面をしっかりと分けて、構える、構えない、どう構えるかを考えなければいけないのかもしれない。