本編に入る前に補足。タイプにより参考選手を載せてしまったが、そのペアがそういうタイプ、ではなく、どちらかというとそういう戦略をとる場合が多い、という意味に捉えて欲しい。守備だから攻めない、という訳ではなく、得意なパターン、多様するパターンと受け取っていただけるとありがたい。

A.ドライブタイプ vs A.ドライブタイプ
早い展開の勝負は必至。その中でいかに焦らずに羽根を捕らえるかがポイント。速い羽根を早いポイントで速く返す事ができたペアが主導権を握る。引いた瞬間ラリーを取られる。シャトルを置きに行かず、多少浮いても速い羽根を心がけて少しでも相手を後方で勝負させなければならない。逆に後方で勝負してはならない。

B.レシーブタイプ vs B.レシーブタイプ
守備専門といえども攻めなければラリーはとれない。打たされるスマッシュは効かない為、少しでも相手を追い込むショットを使って打っていく事が必要。ドリブンクリアだったり、低めのレシーブで相手のショットを乱していかなければならない。打たされるスマッシュでは特にノーミスで打ち続けられるショットを。

C.カウンタータイプ vs C.カウンタータイプ
打ち切られてはもちろん駄目だが、まずは相手に気持ちよくスマッシュを打ってもらう。打たれているように見せて、実は打たせてあげている状況をいかに作れるかだ。打たせるスマッシュはカウンタータイプにとってもってこいの羽根、自由自在に操る事ができる。相手もそれを狙っているわけだから、誘われているのか、例え誘われたとしても相手の考えと違うショットを打てるようにしていければ自ずとラリーは見えてくる。

D.アタックタイプ vs D.アタックタイプ
これはとにかく前衛勝負。前衛に入るプレイヤーがいかに相手をネット下で触らせることができるかが重要。とにかく細かく動いて少しでも早く羽根に触れ主導権を握る。ここではスピードは不要で、とにかく早さが最重要ポイントだ。前衛が勝負に勝てば、後は打たされようが何しようが後衛のアタックを生かす事ができる。とにかく低く低く、というショットを相手が我慢できなくなるまで打ちつづけていかなければいけない。