グリップ(イースタングリップ)を初心者にいつ教えればいいのか、これについては本当に今までずっと悩んできたが、もしかすると一つの答えが出たかもしれない。

レディースからの選手(いわゆる社会人になってから始めた女性)は、ほとんどの場合基本動作を教わらずに基礎練習から入り、早い段階でゲーム練習中心にシフトしていく。各地域をチェックしてもらえるとわかるが、一番上のクラスの極僅かな選手以外は、ほとんどウエスタン気味にひっぱたいているのではないだろうか。特にバックハンドでのアンダーハンドでのスイングは、リストスタンドできている選手は非常に少なく、腕力で振るスイングがほとんどだろう。

知識としては必ずバドミントンを続ける以上はイースタングリップで、という話は頭にどこかのタイミングで入るはずだ。だが、ウエスタンで慣れたスイングを変えるのは、一度下手になるので難しい。できる方を選択し、そのままウエスタングリップでレベルを上げようとしてしまう。

レディース選手を頭が固いとするかどうかは批判が上がりそうだから伏せておくが、果たして小学生が「できる」と「できない」のできないほうを「できる」以上にするという考えを持てるだろうか。羽根が飛んできてしまえば「できる」方で打ち返そうとするのが小学生の素直な対応なのではないだろうか。

つまり、ウエスタングリップで「できる」ようになってからでは全てが遅くなってしまい、イースタングリップでできる技術を得るのに大きな障害となってしまう可能性が考えられると思う。ウエスタングリップで「できる」前に、イースタングリップで「できる」ようになるのが、バドミントン技術向上に非常に効率的なのではないだろうか。


つまり、たぬ吉は、現時点では「一番最初はグリップから指導する」方法を推奨していきたいと思う。