ムエタイか?と思われるようなタイトルで申し訳ないが、これが本当に重要であることに気がついていない選手は多いだろう。

まず「膝(ひざ)」。これを使うポイントで忘れガチなのが「初動」と「着地」である。初動、動き出しは膝に体重を乗せる事により一歩目をスムーズに出すことが可能となり、これが出来ない選手はスタートが遅れバタバタするフットワークになる。次に着地だが、オーバーハンドストロークからのスイング後の着地、飛んでない場合は一歩目手前、この時に膝が張ってしまうと次の一歩が踏み出すのが遅れ、且つフェイントにかかりたい放題となる。膝に重心をかけながら着地すれば下半身が安定し、次のショット、移動への対応が楽になる。
どちらも形的には「膝を曲げる」状態ではあるが、単純に一言で表せるものではなく、指導には注意が必要だ。

次に「肘(ひじ)」だが、これはショットの高さ調整とスピード調整に使う。肘の位置を変えることにより高さが変わるのは当たり前だが、この調整をラケット先でしようとする選手が多い。結果として不安定になりリストスタンドを保てずいいショットを打つ事ができなくなる。次にスピード調整だが、肘を引き、押し出すことにより内旋外旋となってスピードが上がるが、特にバック側では手首を出した状態でそのままラケットしか動かせない選手がいる。肘を少し後ろに引きつつ軽く押し出しながらスイングするだけで、シャトルのスピードはもちろんコントロールも良くなる。もっと肘を上手に使うべきだ。

この2点は単純に簡単にはあらわせないほど重要且つ繊細な技術であると思う。理解しつつ選手へ展開していかなければならないだろう。