いわゆる「手打ち矯正法」のお話である。

スイングを行う時に肘が前に出てから腕を振ると完全な手打ちとなる。この表現だけでは語弊があるのはわかっているが、ようは肘を出してからラケットを振りはじめるのがよくないということで、インパクト手前で瞬間的に肘が出るのはむしろいいスイングになるだろう。

つまり、腕を振ってシャトルを打とうとするから手打ちになるわけで、じゃあ腕を振らないでシャトルを打てば手打ちにならないじゃないかという発想だ。

肘の角度をキープ(90度強?)し、とにかく腕を振らない。何を使うのかといえば、体の向きを変える事により肘を前に押し出す。腕を振っていないので強くは打てないが、体幹を意識し、という難しい言葉を使うから混乱するんだろう、、、左脇の内側あたりを軸に、右肩を前に押し出す事によりスイング(実際はスイングしていない)を行う。これでシャトルを捕らえる作業を繰り返す。

バック側も同様である。腕を振るのではなく、体を回転させる力で右肩を相手方向へ回し、シャトルを捕らえる練習を繰り返す。



果たしてこれで、体幹の意識、手打ちの矯正ができるだろうか。いい方法だと思うのだが。